2234 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

米津玄師 「痛みは消えないままでいい」

14歳の自分と16歳を目の前にした今

馬と鹿を聴いた時に今迄の米津玄師らしさはあるけども
今迄より遥かに力強さを感じた。

叶うなら14歳の頃に出逢いたかった気もする。
でもこれも1つの運命だと思う。

14歳の頃人生のドン底に落ちたと思う。
大好きだったバドミントンは
足を怪我して出来なくなった。

学校では周りが受験を考えるようになり
ピリつく教室が居心地悪かった。
窓を何時間も閉めたままで
暖房が効いた教室での授業は苦しく
冷や汗が出て過呼吸になった。

志望校も私立だったが
母親に強く反対され部屋で泣いていた。
勉強する意味が分からなくなった。

友人は心配してくれたが
全て鬱陶しく感じた。
優しくされる事が生まれて初めて嫌になった。
 

親とも対立した。
長かった髪は母親に引っ張られるのが嫌で
自分で肩につかない程の長さまで切った。
母と喧嘩して出来た傷跡はまだ残ってる。

そんな自分は今沢山の人と出逢い生きている。
その中の1人が米津玄師だった。

中学3年生の秋。
学校に行かなくなってから約一年経っていた。

父と買い物ついでにCDショップに立ち寄った。
米津玄師のブースがたまたま目に入り
「TEENAGE RIOT」のジャケット写真に一目惚れした。

曲を聴いたら今度は
「誰より独りでいるなら 誰より誰かに届く歌を」という詞に心を完全に奪われた。自分が言葉にしたかったことを米津玄師は音楽にして発してくれた。救われた気がした。

その後、自分は周りの友人とは少し違う道を進んだ。
その道に進んだ自分はあまりにも幸せ者で毎日が幸せとよく言ってる気がする。それでも時折思うのは「普通に生きたかった」と思う。

朝早く起きて、制服を着て
毎日6時間や7時間か授業を受けて
早帰りや休校になったらSNSで喜びを共有して
テスト勉強をして人間関係で面倒くさがりながら
時には彼氏を作って、恋愛で悩んで、泣いて…。

そう思う日がよくあった。

そんな時に米津玄師は「まちがいさがし」を
菅田将暉に提供した。

「まちがいさがしの間違いの方に
生まれてきたような気でいたけど
まちがいさがしの正解の方じゃ
きっと出会えなかったと思う」

今の高校で出会った
体育がよく一緒になる可愛い子も
バイト先の社員さんもバイトの先輩も
この音楽文を読んでくれている貴方にも
出会えなかったと思う。

それでも、「まちがいさがし」という
素敵な音楽に会えたとしても

あの14歳の頃は無い方がよかった。

失ったものは多くて、手放した物も多い。

そしたら今度は「馬と鹿」に出会った。

「痛みは消えないままでいい」
凄く凄く丁寧に
でも、力強く願うように歌われる。

米津さんが昔感じていた痛みや思いを
音に乗せて発してくれるように
私にもいつかそんな事が出来たら本望だと思う。
 

失ったものは確かに多かった。
これから先もあの日の自分を思い出しては
涙が流れてしまうと思う。

それでも痛みは消えないままでいい。

9月は命を絶つものが増えると聞くが
ゆっくりでいい。
私は音楽を聴くのに何時間もかかった。
大好きだった本も未だにまともに読めない。
惰性で見ていたテレビも最近ようやく面白いと感じれた。
 

そう簡単に立ち直れるものではないが
この経験は何十年か後には役に立つと私は信じてる。

あとは、先日公開されたMVで
米津玄師の目を見た時目が離せなくなった。
「生きて欲しい」と願ってるような強い眼差し
それなのに自分は自分が生きられない筈の海に進んだ。

ありがとう と伝えたい。
 
 
 

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい