2219 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

LACCO TOWERという人生を救ってくれるバンド

松川ケイスケの魔法の言葉

私は短大を卒業して『新社会人』という響きに
わくわくしながら入社した。
しかし入社してから数ヶ月で人間関係で悩み
昔から大好きな音楽も全く聴けなくなり、笑えなくなり、
人に相談もできず、ご飯の味もわからなくなり
わくわくしてた新社会人を辞めてしまった。

それから数ヶ月後、週5でアルバイトしながら過ごし
大好きなライブにも頻繁に行けるようになった。
そんな中ライブ前のSEで流れてた曲
LACCO TOWERの「薄紅」と「未来前夜」
薄紅の『 「大丈夫 なんとかなるはずさ」 言葉を 信じれず
「二人」を 消してしまう 』
未来前夜の『 知らなくて まだ見えなくて
歯がゆいことに 溢れるけれど それでいいんだと
手をつないだ未来の前夜 』
みんながアーティストのライブをわくわくしながら
待ってる中、聴きながら涙が止まらなかったのを覚えている。
そして家に帰りあの曲は誰の曲なんだ…?と調べると
『 LACCO TOWER 』というバンドだった。
名前は知っていたが曲を聴く機会がなく、
その日が初めてだった。私はその日を境に
LACCO TOWERの過去のアルバムを全部買って
とにかく色々な曲を聴いた、ライブにも行くようになった。
かっこいい5人の紡ぐ音が大好きになった。

アルバイトして2年が経ち
私はこのままでいいのだろうか?と
就職活動を始めたが前職の経験が浅いため
不採用の連絡ばかりで落ち込んでいた時、
LACCO TOWERの『若葉ノ頃』という
アルバムのインストアライブ、サイン会へ行った。
一番最後、ケイスケさんにサインを書いてもらうとき
就職試験失敗してばかりで何か勇気が出る言葉ください、と
無茶なことを言ってしまったのに、一度置いたペンを持ち
サインの上には『大丈夫!』との言葉が。
それをみた瞬間涙が一気に溢れてしまい
そんな私をみたケイスケさんは
『大丈夫!絶対大丈夫だから!!!』と
両手で手を握ってくれた。
私はその言葉で何かが変わったかのように
就職活動を再開し、ついに内定をもらった。

ボーカルのケイスケさんはライブで
『頑張って悪いことなんてない、
笑うやつがいたら笑い返してやる!俺がみてるから』
『辛かったやつは手をあげろ!辛かったこと
全部ここに置いていけ!』
私たちの辛いことを全て受け入れてくれる、
『大丈夫!!』という何よりも力強い言葉で
背中を押してくれる。
大袈裟なのかもしれないが、私は
松川さんに人生を救ってもらった。
私が今こんなに仕事が楽しくて毎日幸せに
過ごしているのはLACCO TOWERの音、
松川さんのかく歌詞、言葉のおかげだ。

変現自在という新しいアルバムから「若者」
『泣かないで また終われない 夜の絶頂(ピーク)
朝日の手前 たださ 少しだけ 恥ずかしくて 怖かったんだ
ああ 美しく生きたいな』
美しくLACCO TOWERのようにかっこよく、
胸張って会えるように生きていく。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい