2364 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

あの日夢見た景色

ポルノグラフィティ、20年の軌跡をなぞって

20年という歳月は、言葉にするには簡単だが、実際に何かを続けながら重ねていく時間と考えると、気の遠くなる程長い時間だ。
2019年9月8日、ポルノグラフィティはその日を迎えた。デビュー20周年。CD全盛期だった20世紀の終わり頃から、CDが売れないと嘆かれるこの時代にかけて、ずっと第一線を駆け抜け続けている二人組のロックバンド。10周年の記念ライヴも会場は東京ドームだったが、その時よりもハードルを上げて2Days。それでも完売したところに、ポルノグラフィティの人気が衰えるどころか勢いを増していることがうかがえる。あの時彼らに「ついて来い」と言われた以上の人が、彼らを眩しく見上げているのだ。

今にも天井が爆発するのではないかというほど期待感が満ち満ちた東京ドーム。開演時間を迎え、暗転しないままにステージにサポートメンバーが上がり、会場は総立ちとなる。ステージ中央からアリーナ席の真ん中に向けて伸びた長い花道の先、小さなセンターステージに、待ちわびた2人のシルエットが浮かぶ。
大歓声の中、岡野昭仁(Vo.)の一瞬で彼とわかる特徴的な声が高らかに響き渡る。

《狂喜する声が満ち溢れていた/立ち向かうように髪を振り乱し
 「その拳突き上げろ」と唄う/あのロッカー まだ闘ってっかな?》

この日のこの瞬間のために作られたようにピタリとはまった「プッシュプレイ」から「Mugen」、近年のヒット曲「THE DAY」とオーディエンスを焚きつけるような怒涛の3曲の後、岡野が嬉しそうに笑いながら、「東京ドーム‼︎」と叫ぶ。その声に応える5万人の声の圧に圧倒されながら、また、カラッと笑う。「わしらがー!ポルノグラフィティじゃっ!」おきまりの挨拶に、また地鳴りのような歓声が答える。

「ポルノグラフィティが20周年を迎えるまでに、いろんな人に助けていただきました。その中でもこの人なしでは語れないという人に来てもらっています。」とステージに呼ばれたのは、ak.hommaこと、本間昭光。初期ポルノグラフィティのプロデューサーであり、彼なしに今のポルノはなかったと言える存在だ。ポルノが本間の元を巣立ってから約10年、彼らが同じステージに立つこともほとんどなかった。そんな彼を交えてのメドレーは定番の名曲から懐かしい曲まで初期のポルノをバランスよく散りばめた仕上がりとなっており、聞き馴染みのあるピアノの音に懐かしさを覚えるとともに、改めて本間とポルノの築いてきた強固な絆を感じさせるものだった。
続くデビュー曲「アポロ」はさらに彼らの歴史を物語るには実に雄弁で、デビュー当時どこか威嚇するように尖っていた岡野の声や新藤晴一(Gt.)の音色は、20年を経て深みを増し、懐かしいデビュー曲でありながら古さを感じさせることはない、ポルノグラフィティの代名詞としていまだに色褪せない仕上がりになっていた。

一旦本間がステージを降り、3rd アルバムに収録の「n.t.」、5th アルバムから「Twilight,トワイライト」が相次いで演奏される。じっくりと観客を引き込む、怒りと憂いを含んだメロウなこの2曲は、リリース当時よりもさらに表現力を増し、酸いも甘いも経験してきた今のポルノグラフィティが奏でることで、一層歌詞に重みと思考の深さを添えていた。
アウトロが溶けるようにフェードアウトし、そのまま流れるようにインストゥルメンタルの「Theme of “74ers”」へと移る。スクリーンには若かりし2人のこれまでのレコーディング風景やライヴのスチル写真が映され、東京ドームでのリハーサル写真で結する。何が起きるのかと厳かな、恐れすらもある空気を含んだまま静かに暗転した会場に、小鳥のさえずりが響き、一転、笑いの溢れる和やかなムードが広がる。2つ前のツアーから恒例となった、岡野の弾き語りのコーナーである。「もうみんな分かっとるじゃろう、小鳥が鳴いたらわしが1人で出てくるって。」と笑いながらセンターステージに1人で立つ岡野が浮かび上がる。
「なかなかないことなんだけど、メロディの端っこみたいなところからどんどん物語が膨らんでいって。NAOTOさんがつけてくれたフレーズも最高で。」と解説した後、まるで呟くように歌い始めたのが、10年前、初の東京ドーム公演で当時まだタイトルも2割ほどしか出来上がっていない中初披露となった「瞳の奥をのぞかせて」だった。あの日まだ生まれたばかりだったこの曲は、年月を経て、思い詰めたように鬼気迫る表情で歌い上げる岡野の色気のある声が一層際立つ妖艶な楽曲へと成長した。しかし弾き語りだとどこか乾いたように寂しげで、また違った胸に迫る切実さがあった。岡野がワンコーラス歌ったのち、中央あたりから波紋のようにざわめきが広がる。気づくと、岡野の隣にはバイオリニスト・NAOTOがバイオリンを片手に微笑んでいた。歴代のサポートメンバーの中でも絶大な人気を誇るNAOTOが現れたことに、会場には悲鳴すら響いた。美しく情緒豊かなバイオリンの音色と、10年前よりも深みの増した岡野の声が重なって、先ほどのワンコーラスでは切実で寂しげだった曲は心の奥底を揺さぶるような、静かでありながら情熱的な曲へと変貌を遂げた。曲が進むごとに2人の音は熱を帯び、ある種の狂気をも含む声色は息を飲むように鎮まった東京ドームの空気を裂く。最後の音が放たれ、長い余韻を残して溶けた後、観客たちはようやく自分のいる場所を思い出したかのように、割れんばかりの拍手を2人に贈った。

再びメインステージに照明が点き、新藤にスポットが当てられる。凛々しい表情と裏腹な柔らかい声と、わずかに舌ったらずな滑舌で歌われたのは「ウェンディの薄い文字」。シングル「Winding Road」のカップリングに収録のこの曲と、前日に披露された「Hey Mama」という、新藤がボーカルを務める2曲が2日間のセットリストに組み込まれるのもまた、アニバーサリーライヴというお祭りならではの展開。1曲前の厳かさから一変したものの、ファンにとっては同じくらいに貴重で垂涎ものの時間となったはずだ。

ステージに岡野が戻り、最後方にずらりとストリングスが並ぶ。先ほど登場したNAOTO率いる総勢12名の “NAOTO Strings” だ。前日にはFIRE HORNSがブラスサウンドで華やかさと豪快さを添えた楽曲が並んだ「コラボゾーン」だったが、この日はストリングスによって荘厳さと優美さをまとったブロックになった。壮大なロックバラードである「リンク」、ポルノグラフィティを代表する「サウダージ」や「ヒトリノ夜」など、かつてNAOTOとポルノが組んでいた頃から演奏されてきた楽曲はもちろん、昨年リリースとなった「ブレス」までも含まれる、願ってもない貴重なコラボとなった。中でも特筆すべきは「愛が呼ぶほうへ」だ。この曲だけが前日と共通してコラボゾーンで演奏されたのだが、彩る音の差によって楽曲はこんなにも表情を変えるものかと打ち震えた。「そばにある愛」を擬人化して描いたこの楽曲は、ブラスによるアレンジが加わると重厚感と安定感を増し、支えとなるような確かさを持つのに対し、ストリングスによるアレンジになると、繊細でおおらかな、包み込むような雄大さを持つ。歌詞だけでなく、メロディーだけでもなく、その時々のアレンジも込みでこの1曲は違う顔を見せながら完成するのだと改めて感じさせられるひとときとなった。

これが20周年のアニバーサリーライヴであるということも大きな理由だろうが、全編を通して旧譜からの選抜が多いセットリストとなった。しかし、その中においてこの先の展望をのぞかせる最新楽曲として、配信シングルである「Zombies are standing out」が並んでいたのが印象深かった。岡野はこの楽曲を「僕らにとって新機軸となる楽曲」と紹介した。岡野の歌声は伸びやかでクリアに澄んでいながら、聴く者の心を抉るような渇望感を秘め、新藤のギターは斬りかかるように鋭く重く響きながら、鈍色の閃きを音の端々に残す。澱みと清冽さを備えながら2人が描くZombiesの姿は、彼らの歩んできた、華やかなだけではない軌跡を象徴さえする。そしてその楽曲を、岡野が「新機軸」と呼んだことに希望を覚えるのだ。まだポルノが2人で進み続けることを選んでくれるという希望。何度も立ち上がるしぶとさやしたたかさを持って闘い続けることを選んでくれるという希望。その時に掲げる武器としてこの楽曲を挙げるということに、未来を見せてくれていると感じるのだ。

気づけばライヴも終盤。「ハネウマライダー」でタオルを回し、壮大な眺めがスクリーンに映れば、その中で新藤が楽しげに、幸せそうに口ずさみ、「アゲハ蝶」では5万人分のクラップとシンガロングが2人を包んだ。どよめきのようなシンガロングに重ねて岡野が切々と最後のサビを歌い上げる姿はさながら映画のワンシーンのようで、得も云われぬ美しさに言葉を失った。ラストスパートをかけるような選曲に薄々その終わりを感じながらも、まだ終わらせないとばかりにオーディエンスはさらに高揚感を高め、ステージ上のポルノの2人とサポートミュージシャンたちはその空気にますます焚きつけられていく。
そして本編最後に演奏されたのが、最新曲「VS」。アニメ主題歌であり、その世界観ともマッチする爽快な楽曲だが、この場においては今のポルノグラフィティを的確に描写するにこれ以上ないと言える1曲となっており、この曲ができた時からきっと彼らには今のこの満員の東京ドームが見えていたに違いないと思わせるほどだった。2人がゆったりと歩いていく花道は彼らの進みに合わせて光を放ち、曲は徐々にクライマックスへと向かう。それはまるでこの日までの彼らの歩みを見ているようだった。

《そうか あの日の僕は今日を見ていたのかな/こんなにも晴れわたってる
 バーサス 同じ空の下で向かいあおう/あの少年よ こっちも戦ってんだよ》

そして、金色のコンフェッティが大量に煌めき舞う中、「VS」のアウトロが流れるようにあるメロディーに戻り、岡野が再びマイクを握りなおす。すっ、と息を吸う。

《あのロッカー まだ闘ってっかな?》

たっぷりと豊かな声で高らかに歌い上げられる、「プッシュプレイ」の1フレーズ。ああそうか、と、1拍遅れで感動が押し寄せる。まだ闘ってっかなと問いかけた少年へ、こっちも戦ってんだよと返す今のポルノグラフィティ。そしてそれは同時に、未来の彼らへの問いかけへ変わる。何年後かのポルノへ、例えばまた10年後のポルノへ。

岡野はドームを埋め尽くす観客を感慨深げに見つめながら、次のように語った。「わしらにはなーんもなかった。でも、きっとなんか大きなことができるって、漠然と思うとった。夢だけはでかかった。みんなが助けてくれて、みんながポルノを求めてくれたけえ、今日ここに立てとるんよ。この景色を見れとるんよ。ありがとう。偉そうなことを言うようじゃけど、そういう大きい夢みたいなもんを、1個、大事に自分の中に持っておいて。それを大事に信じて進んで。」その言葉と東京ドームの真ん中で気高く立つ背中が、「大事な芯を1つ持つこと」がどれほど人を救うのかを物語っていた。
彼らはただ漠然と夢を見ていたのではない。ポルノグラフィティは15年前、デビュー前から三人四脚でやってきたベーシスト・Tamaと道を別った。その時、彼らは悩んだ末に進み続けることを選んだ。ポルノグラフィティという屋号を消さないこと、ポルノグラフィティであり続けることを。気づけば、2人になってからの方がずっと長くなった。きっと大なり小なりの選択に迫られてきただろう。しかしその全ての選択があったからこそ、彼らはこの東京ドームでの瞬間を迎えられたのだ。
新藤は「高校の文化祭、部活から、デビューっていう大きな節目もあるにはあったけど、地続きみたいな感じできたから、ポルノは絶対に汚したくないものなのね。これからも続けます!っていうのは簡単だけど、いや、言うんだけど、惰性でやったら汚れるから。ポルノを心から楽しいって思えてるか、自分に何度も問いかけながらこれからもやっていきたいと思ってる。」と、ポルノグラフィティへの愛を語った。それはどんな言葉よりも熱く愛と責任感と誇りに満ち、きっとこれからも青春の延長線上で、放課後のその先で、ポルノグラフィティは清廉に続いていくと信じさせてくれる、確かな言葉だった。
 

『ポルノ好きでよかったって、思った?』

10年前、俺たちについて来いと吠えた岡野は、マイクを通さない地声で、オーディエンスにまっすぐに問いかけた。
涙混じりの歓声が一瞬会場を埋めて、再び岡野が叫ぶ。

『わしらはポルノやっててよかったって思うとるよ!』
 

夢だけは大きかったあの頃から、近道も回り道もしながら、たくさんの選択肢に惑いながら、彼らはこの瞬間を見続けてきたのだ。誰よりもポルノグラフィティを深く愛しながら。
大歓声に包まれて、20周年を祝うライヴは幕を閉じ、彼らは2人で21年目に足を踏み出した。きっともっと広い世界を、まだ見ぬこれ以上の景色を見にいくために。共に歩むひとに見せるために。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい