2364 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

flumpool ⌘⇧Z 香港 Special

香港Live レポ

2019年9月14日
flumpool ⌘⇧Zツアー Hong kong special に行ってきた。

1年の活動休止から復活してのホールツアー第一弾。
そのツアーの香港公演だ。
機能性発声障害を克服した山村さんは、このツアーで毎公演自己ベスト更新、と言っていいくらい上がり調子だ。

しかし香港は政治的に困難な局面で。

各地で連日デモが勃発する中、予定していたライブを中止するアーティストも出てきた。

しかし flumpool はやめなかった。

香港メディアでの山村さんの発言によると
「やめる選択肢はなかった」
そうである。

ライブに参戦してみて、その理由が分かった気がした。

香港のファンは待っていた。
彼等と彼等の音楽を。
心待ちにしていた事を肌で感じた。

メンバー登場を待ちわびて、開演前に沸き起こったクラップは、メンバー登場とともに悲鳴にも似た大歓声に変わった。

キャパ600人のライブハウスだよね?という疑問がよぎるくらいの歓声!
熱い想いが爆発した瞬間。

一曲目は「花になれ」
セットリストは国内のツアーと大きく変わっていた。
自分がflumpool と出会った曲で、この曲には特別思い入れがあるように、香港ファンにもそんな人がきっといただろう。
この曲で会場は一気にflumpool の世界に引き込まれた。

それからは国内ツアーの曲を中心にしながらも、軸に中国語の曲をもってくる香港バージョンのセットリスト。

ライブ本編で披露した中国語の曲は、台湾映画の主題歌になった「孤獨」。
日本語の「強く儚く」だ。
切ないメロディーが心に刺さる。
去年、一昨年にはありえなかった曲。
山村さんの歌声が戻った今、力強く伸びやかな高音に心が震えた、、、
中国語の歌詞は分からないが、胸がいっぱいになった。

今回MCは全て北京語と広東語(だったらしい)。
香港では、これまで習得していた北京語とは異なる広東語が主流のため、新たに勉強したという。
時折りカンペ?を見ながらも流暢に話す広東語に、現地ファンはとても嬉しそうだった。

広東語は山村さんにとどまらず、メンバー紹介の時には他の3人も話していた。

阪井さんはとてもナチュラルで流暢。
小倉さんは一言一句とても丁寧に。
尼川さんは短い一言で、会場の笑いを誘っていた。

音楽は国境も言葉の壁も超えるというが、壁は無い方がいいし、少しでも低い方がいい。

どんな時も相手に寄り添って音楽を届ける。
そんな彼等の姿勢が表れていた。
彼等の思いやり。優しさ。
それを思うと目頭が熱くなってくる。

ライブ本編の中盤には彼等の海外ライブの目玉となりつつある、山村vs阪井のご当地ソング対決が披露された。

今回は、山村さんがサザンの「真夏の果実」
阪井さんが「活著VIVA」

まさか香港で山村さんの真夏の果実が聴けるとは!

サビをしっとり歌い上げる歌声にうっとり聴き惚れた…
そう、私はこの歌声に惚れ込んでファンになったんだ!
そう初心を思い出させてくれる歌声だった。
この曲はカバーされて香港でも人気のようで、香港ファンは大喜びで大合唱していた。

続いて阪井さん。
全てカタカナでカンペを書いてるとは思えない流暢な広東語で、山村さんを弄るような、挑む感じのコミカルな演技とか、さすがバンド一のエンターテイナーだ。

カッコいいギターソロのイントロからの「活著VIVA」!
盛り上がらないはずがない。
大歓声の中、ギターをかき鳴らしながら歌う阪井さんのドヤ顔が忘れられない。

この2曲に、日本からのファンも現地のファンも夢中になった。

日本語の曲で特筆すべきは、やはり「HELP」だろう。
曲前のMCで山村さんは、広東語で心を込めてメッセージを伝えてくれた。
たとえ言葉は分からなくとも、誠意をもって一生懸命伝えている事は容易に見て取れた。

困難な状況にいる今の香港の若者に、彼の言葉はどう響いたのだろう…

HELP の演奏中はクラップもあったが、クラップよりむしろ、演奏や歌声に集中して耳を傾ける人が多いように感じた。

私は、CD音源とは異なる、躍動感が続く感じの終わり方が好きだ。
それは何度聴いても新鮮で、香港でもやはり素敵だった。

本編が終わり、アンコール1曲めはOAOA。
flumpool と親交のあるMaydayの曲だ。
これを全て中国語で歌い上げ、会場は興奮のるつぼに、、、!
みんなで拳を高く突き上げ、サビの「OAOA」を大合唱する様は迫力そのもの。
ステージから見える景色は壮観だっただろう!

アンコール2曲目は「証」の中国語版「証明」を熱唱。
前曲とはうって変わり、バラードを情感豊かに歌い上げる。
山村さんの歌声が会場に染みわたるようだった。
会場全体がその歌声に聴き入り、現地の人は一緒に歌っていた。

自分はというと、中国語の歌詞の意味が分からないだけに、その言葉の音の優しさが妙に優しく心地よく、癒され、心が浄化される気がしていた。

証の後は、ダブルアンコールによる「夏Dive」

大盛り上がりの一体感の中、ライブは終了した。
 

サポートメンバー2人が不在の決してベストではない環境だったが、それを感じさせない熱い熱いライブ。
メンバーとスタッフに心から「ありがとう」と言いたい。

不安を抱えながらも、はるばる日本から参戦してよかった。
心からそう思える時間だった。

また

近い将来、アジアツアーがあるかもしれない。
flumpool の未来は明るい。

そう思わせてくれる香港specialだった。
 
 
 

記憶違いがあるかもしれない拙い長文を、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい