2364 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

ウソツキの世界

絶対にウソをつかないバンドウソツキが見せてくれる世界線

「ウソツキ」って多分いい意味として使うことはない。
親にウソツキって言われれば傷つくし、友達をウソツキと思ったら本当の心を見せることはなくなってしまう。

初めてウソツキを見たのは、渋谷タワーレコードの新木場発銀河鉄道発売記念のインストアライブだった。無料で誰でも見られるステージで歌っていた。たしか、5年ほど前の記憶だ。
中学二年生のわたしには少し高かったあのCDは今でも手元にある。

「絶対にウソをつかないバンド、ウソツキです」
ウソツキのこの挨拶を忘れた日はあれから一度も無いと思う。
ウソツキというバンド名をつけておきながら、嘘はつかないと言い切る。その、世間に対して逆行していくような言葉に対して誤ったことを隠そうとしない正しさを具現化したようなチグハグさにあの日、あの場所で、心奪われた。

あれから5年、1826日、行けるライブには行き尽くした。ウソツキは、恋愛は楽しいとか、生きていれば一生幸せだとかそんな、無責任なことは言わない。少なくとも私の行ったライブ、彼らの発信する言葉の中にそのような言葉はなかったし、ニュアンスさえ含まなかった。
彼らの奏でる音楽は生きてるのは辛いこともある、死にたいこともある。それもまるごと人生だって、言ってくれる。
キラキラした漫画のような人生じゃない日々を肯定してくれる。付き合った瞬間の喜びだけじゃなくて、相手の想いが見えなくなる瞬間の悲しさ、言葉にできない感情、甘すぎて死にそうなっちゃう息苦しい気持ち全てが人生だと言ってくれる。

明日からまた頑張ってください、なんていう人たちじゃない。休みたい時は休みましょう。疲れた時はゆっくりしよう。
泣きたい時は泣けばいい、笑いたい時は笑えばいい。
そんなに簡単なことなのに周りに言ってくれる人はなかなかいない。けど、彼らはいつもウソをつかない。

また、次のライブで会いましょう。
彼らはいつもウソをつかない。

五年もたって彼らはあの日の何倍も何十倍も人気になった。
それでも、彼らは嘘をつかない。見栄を張らない。
彼らの真実を、彼の信じる音楽を、私たちに届けてくれる。
私たちに寄り添ってくれる、わたし達と休んでくれる。
彼らの見せてくれる世界は現実味が溢れてる。嘘も偽りもない、世界。朝も夜もある世界。平日と休日がある世界。
 

絶対にウソをつかないバンド。ウソツキ。
何年先になっても、嘘をつかないバンドでいてほしい。
何年先になっても、あなたたちの音楽に救われていたい。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい