2364 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

フォーリミが作り上げた、「エンターテインメントの祭典」

さいたまスーパーアリーナワンマンライブ「YON EXPO」を観た

2019年9月29日、04 Limited Sazabys(以下フォーリミ)のさいたまスーパーアリーナ、ワンマン公演が開催された。バンド史上最大キャパシティでのワンマンライブとなる。

ここまで見ると「あーはいはい、若手バンドのようやくたどり着いた的なやつね」と思う人もいると思う。一理あるが、これは少し違ったワンマンライブだと表現した方が適切だろう。
なぜなら、このライブを「YON EXPO」と銘打ち、「フォーリミのエンタメ性濃いめ、多め、固めに楽しめる、そんなライブにする」(公式コメントより)と、GEN (Ba./Vo.)から宣言があったのだ。それは会場に着くとすぐ分かった。

会場に着くと長蛇の列となっている物販列に並び、そのまま様々な催し物がされている「YON PAVILION」と銘打たれたエリアへ。アリーナ内ではゲームなどで楽しめるアミューズメントエリアやフォーリミに関係した企業が参加したブースエリア、外ではカラオケステージやRYU-TA(Gt./Cho.)プロデュースのラーメン店「麺や おがた」、写真展など、ライブ以外の部分の楽しませ方が本当の展覧会、博覧会のような盛り上がりぶりで、どこも大盛況だった印象がある。会場スタッフは全員スーツに鮮やかなオレンジのスカーフで「EXPO」感をより引き立たせる。

そんな中開場時間になり中に入ると、アリーナスタンディングエリアで待機。見渡すと、昨日のSHISHAMOの同会場公演では解放されていなかった500Lvの座席にはまだ空きがあったにしても、それより下はほとんど埋まっていて、このバンドの持つ力の大きさを感じた。

ライブ自体は4人の個性を目一杯詰め込んだオープニングムービーからスタート。初めて04 Limited Sazabysのワンマンに来た人達にも、ご挨拶的な部分も含めた、笑いありアクションありの映像だった。
その後4人がなんと映像のままのスーツの装いで登場し、日本語詞で歌うきっかけとなった「Now here, No where」を颯爽と演奏して、観客のテンションを一気に引き上げた。この時にステージ全体を覆った妙幕に投影された歌詞に乗せるように音を奏でる4人を、呆気に取られるようにただただ見つめていた。

その後「Warp」「Kitchen」を演奏すると、
「名古屋代表04 Limited Sazabysです」と、GENが改めて挨拶。
序盤のMCでは、「今日はビシッとスーツで決めてみました。にしても暑すぎ。よくやるよねスカパラ(東京スカパラダイスオーケストラ)とかユニゾン(UNISON SQUARE GARDEN)の斎藤さんとか」と他アーティストの名前をあげその凄さに感服。
そして「さいたまスーパーアリーナはVIVA LA ROCKで何回か立たせてもらってますけど今日は全員が僕達のお客さん。責任を感じてます」という発言も。

「このイベントは最新シングル『SEED』のレコ発も兼ねてます」と言うと、そのシングル中から「Cycle」と「Montage」を披露。アリーナライブならではのド派手な炎やレーザー演出がよく映えるのと同時に、メロコアバンド特有の暴力的で弾けるようなサウンドも残る楽曲を、観客は思い思いに楽しむ。
前半は「My HERO」「fiction」「swim」といった、ライブでの定番曲はもちろん、「Chicken race」「Midnight cruising」「me?」といった、長年歌ってきたレアナンバーも披露し、スタンディングエリアはまさに狂喜乱舞。
個人的には「Galapagos」がお気に入りだったのだが、ライブ中のRYU-TAの意味深な発言にGENが突っ込み、そこから口論になった後そのまま曲に入るという、MVのパロディ的な部分が最高に面白かったし、1番が終わった後のスローテンポ部分では、GENが、オープニングムービーへの不満を訴え、メンバーに突っ込まれる場面も。

ライブ中もう一つ大きな話題になったのが、RYU-TA扮するキャラクター“麺や おがた”の映像。出身地である岐阜・中津川市からさいたまスーパーアリーナーまで走ってラーメンを届けるというストーリーが描かれた内容だが、“麺や おがた”の志半ばのところで映像は一旦中断。

その後はGENから「楽器を弾かずに歌いたい」という要望があり、アコースティック編成のライブへ。
GENがハンドマイク、RYU-TAがマラカス、KOUHEI(Dr./Cho.)がタンバリン、HIROKAZ(Gt.)がアコースティックギターという編成で「labyrinth」を奏で始め、そのままステージを降り始める。アリーナエリアを歩いてセンターステージに向かうと、そこでRYU-TAがベース、KOUHEIがカホンに楽器を持ち替え、「hello」「Shine」を演奏。
ステージを照らす仄暗い照明に加え、会場のスタンドエリアからはぽつぼつと携帯電話のライトを灯り始め、そこには幻想的な空間が広がる。メンバーからも「自分らから言うと照れくさいから、本当にありがとうございます」と感謝が伝えられる。

ここで、“麺や おがた”が会場後方から登場し、RYU-TA自身が歌うZARDの「負けないで」をBGMに、ついにメンバーに麺を届け、和気あいあいとした会話で会場の笑いを誘う。しかし、出前箱にはラーメンが入ってなかったというオチで“麺や おがた”が退場。

RYU-TAが戻ると、前半よりもさらに熱の帯びた後半戦がスタートしていく。
「Utopia」「Alien」「discord」といった、ギターリフが特徴的な3曲を立て続けに演奏すると、GENは最近のバンド界に起こる悲しいニュース達に触れた。
「バンドが続くってことは当たり前じゃないし、自分たちも、音楽をやりたくてもやれなくなる時が来るんじゃないかって思うときがあるけど、(やれてる以上は)しっかりこの景色、時間を噛み締めて瞬間瞬間を刻み込んで残していきたいと思います」と改めて決意を話し、「俺たちの音楽がみなさんの人生のサントラになったらいいなと思います」と続けた。

そして演奏されたのは、「大切だからフェスではあまりやらない」という「Horizon」。
地球上の様々な地平線を捉えた壮大な映像を背に演奏する姿はMCの言葉とも相まって、まるでバンドの爆音がどこまでも広がっていくようだった。

本編の最後の方、GENはこんな話をしてくれた。
「1週間前にあと数百枚チケットが残っている状態で、制作の人に『ソールドアウトとアナウンスすることもできるけどどうする? 意外とみんなしているよ』と言われて当日急遽行けるようになった人たちが来られないのは嫌だったから『それは嫌です』と言ったらメンバー含め、みんな俺の気持ちを受け止めてくれたんです。俺たちの見栄のために、ワガママを聞いてくれた大人たちに感謝します」
そして、「バンドが11年目になって、今後の展望や野望をよく聞かれるんですけど、もう今が幸せすぎて、次に向かう場所なんてないって思ってました。でも今日の公演のチケットが数百枚残って、もう1回やらなきゃいけないと思った。まだ全然次のことは決まってないけどこのイベントは『YON FES』と姉妹イベントだと勝手に思っていて、また『YON EXPO』をやるときには皆さん力貸してください」と続けた。
そこから「Feel」「monolith」とバンドを代表するロックチューン2つで締めると、会場はライブハウスと何ら変わらない熱気で包まれながら、万雷の拍手でバンドを称えた。

アンコール1曲目は「Squall」。ここではGENが高らかに歌声を響かせ、HIROKAZは一節一節を思いを込めてファンに届けていく。
インディーズ時代からのショートチューン「Remember」の演奏が終わると銀テープが客席に降り注いだ。
そして会場には「soup」が流れ、ビジョンにはエンドロールが上映される。映像は最後に“麺や おがた”が銭湯で入浴するシーンで締めくくられ会場は最後まで大爆笑に包まれた。

しかしここでメンバーが「なんだこれ!これじゃラーメンエキスポじゃん!」とまさかの再登場。
そして「こんなんじゃ終われない!」と突っ込み、ワンマンのアンコールでしか歌わない曲「Give me」を届け、全28曲にも及んだ「YON EXPO」は終演を迎えた。

最後のGive meまで、メロコアバンドのワンマンライブに来たことを時折忘れてしまうくらい、いい意味で大衆向けによく作られたワンマンだったなと思う。

ただロックバンドらしく決めるところは決めるという部分には頭が下がるし、GENのMCは時に「そんなこと言っていいのか」と思うことも無くはないが、本当に常に素直で、真っ直ぐな気持ちが込められていて、その部分は「これぞフォーリミ」と感じれるライブでもあった。これが各地フェスやイベント、そしてライブハウスで勝っていった理由のひとつではあるのかなとも感じた。
様々なエンターテインメントで楽しませておいて、最後はかっこよさで全てかっさらっていく。

とにかくバンド最大規模のワンマン、凄いものを見させてもらった。今後もどこかで開催していきたいイベントと語っていたので、次はどこでどんな形でこの「YON EXPO」が、そしてロックバンド「04 Limited Sazabys」もどんな形で進化していくか楽しみである。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい