2531 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

「何処でもない今ここ」に鳴り続ける

「YON EXPO」は"04 Limited Sazabysのある日常"へのプロローグ

2019年9月29日。04 Limited Sazabysが主催する「YON EXPO」で丸一日をさいたまスーパーアリーナで過ごした。
 

この日バンドが来場者に向けてプロデュースしたのは、ワンマンライブという枠を飛び越え、1日を通して様々なアトラクションを楽しめるテーマパークのような空間だった。

さいたまスーパーアリーナのライブエリアの外側で「YON PAVILION」と称したエリアが午前中からオープン。

グッズ販売はもちろん、射的やフリースロー、クレーンゲームなどで遊べるゲームコーナー、厳かな雰囲気の空間にメンバーの偉人“風”な写真が展示されたフォトエキシビション、RYU-TAさんがプロデュースする「麺や おがた」など、バンドの遊び心が詰まった様々なブースが展開され、思い思いにライブまでの時間を過ごしていた。
 
 

そして、1日通して開催された一大エンターテインメントの中のメインコンテンツとして2時間半のワンマンライブがあった。
 

オープニングナンバーは、2013年のミニアルバム「sonor」の1曲目「Now here, No where」

日本語で「何処でもない今ここ」を意味するタイトル。スーツ姿でキメた4人が演奏するステージは紗幕に覆われており、そこにGENさんが初めて日本語で作詞した言葉が映し出されていった。

<膨らんだ 世界には 今、無数の 未来>

GENさんが感情たっぷりに歌い上げると、集まった2万人の拳が上がる。初っ端からとても感動的な光景だった。
 

その後も、客席の通路を歌い歩きながらセンターステージに向かうパフォーマンスや、辿り着いたセンターステージでのアコースティック編成での演奏、ライブのサイドストーリー的に随所に挟まれた「麺や おがた」のラーメンマラソンの映像など「YON PAVILION」と同じように、大きな会場だからこそ出来る演出やパフォーマンスで、オーディエンスに楽しんでもらうことにフォーカスを当てたライブが繰り広げられた。

ロックバンドがアリーナ会場でライブを行った際に「アリーナをライブハウスに変えた」なんて表現をよく見かけるが、この日フォーリミが見せてくれたのは「アリーナじゃないと出来ないライブ」だった。
 


と、こういった内容を書くと、もしかしたら違和感を覚える人もいるかもしれない。

何故なら、04 Limited Sazabysはあくまでライブハウスに軸足を置いて、ライブハウスを主戦場に活動していくロックバンドであることを自覚しているからだ。
 

結成10周年を迎えた昨年、アニバーサリーライブと銘打って東名阪のアリーナでワンマンライブを行った後も「もうこれ以上の規模でやりたいとは思わない」といった話をしていた。
 
アリーナツアーや、その前に初の武道館ワンマン行った時は、ライブハウスの延長線上として、人気バンドになっていくストーリーの過程として、節目のライブとして、大きなステージに立っていたように感じた。
  

でも、今回は過去のケースとは意向が全く異なっていた。

ライブハウスのヒーローが「YON EXPO」を開催するにあたって重要視していたのは「普段出来ないことをしたい」という想い。
そして、ライブ以外にも様々なコンテンツを用意して、来場者の1日をトータルでプロデュースする空間を作るということ。そのために巨大な会場が必要だったのだ。

自分たちの手で遊び場を作り上げるという点では、同じく彼らが主催する「YON FES」に通じる部分があったし、やりたいことに正直で“自分自身でいること”を大切にしてきたフォーリミの等身大でわんぱくな姿がこの日の背景に常に映っていた。
 

自分たちで作り上げた空間に、全国から大勢のファンが集結した光景を見て、GENさんは「幸せです」と何度も口にしていた。

ただ、彼の内面には常に満たされない何かが渦巻いている。そんな感情を持ち合わせていてこそ幸せなのだろう。

その時その時の自分たちの現状や葛藤をじっくり見つめ、赤裸々に吐露した歌。多くの人に認められて満たされてしまいそうな状況になっても、常に未来を手探りで掴もうとする姿勢でリスナーの背中を押してきた。

最新シングル「SEED」から演奏された「Cycle」の<壁は敵じゃないよ もう友達>という詞を生で聴いて、幸せと渇きが共存している今のバンドを象徴しているフレーズだと思った。

同じく最新シングルからライブの後半に演奏された「Puzzle」も、アリーナのスケールに大きく遠く響いていく力強さを持ちながら<ここにあるリアル 意志を灯せ>と、バンドが1番大事にしたい一点に意識を向かわせていた。
 

「チケットが数百枚売れ残っている状況で、販売を打ち切ってソールドアウトとアナウンスするか」という提案にノーと答えたエピソードも、不必要なこだわりや見栄は軽やかに脱ぎ捨てて、身の丈の自分自身を曝け出すことが大切だという彼らの行動指針に一切の揺らぎは無いことの証明だ。
 
 

アンコールではこの1日を振り返り「皆さんにとって旅行みたいな、非現実的な空間になってたら嬉しい」と話していた。
 

もちろん、ライブの間はステージから放たれる音を浴び、身体が動き、心が震える瞬間瞬間を全力で楽しむのが良い。

ただ、そうした非日常の体験は日常から逃げ込むための場所ではなく、日常をより豊かで充実したものにするためにあると思う。
その場の不特定多数のお客さんを喜ばせるだけだったらサービス業になってしまうと、インタビューでも度々口にしている。瞬間最大風速が強いだけで一過性のものでは意味がない。
 

心の衝動を呼び起こし、一瞬の間にリミッターを振り切れさせ、沸点へと到達させるのがフォーリミのパンクロック。そこで灯された火が消えないまま、ライブが終わった後の日常に入り込み、血肉として流れていくことをバンドはきっと望んでいる。
 

今回の「YON EXPO」も、2時間半のライブの枠から大きく飛び出して、集まった1人ひとりの日常に入り込むようなことがしたくて、様々な構想を経て準備を重ねてきたと思う。
 

先立ってリリースされたシングルも、音源を手に入れて満足ではなく、手に入れるまでのワクワク、手に入れてからそれを日々の生活の中で育てていく楽しみをトータルで詰め込みたかったからこそ“缶”という形態でお店に並ぶことになった。
 

音楽体験によって植え付けられた楽しさ、悔しさ、生きてる実感、それらが種となり育っていく。
その先にあるのは、04 Limited Sazabysの音楽や思想が日常的に取り巻いているような状態なのではないだろうか。それこそが彼らが作り出したい「カルチャー」というものなのかもしれない。
 

この日最後の曲「Give me」を演奏する前にGENさんが叫んだ「一生一緒にいて下さい!」という言葉に、この1日に込めた想いが詰め込まれているようだった。

これからも続いていくバンドの物語、そしてそれについて行くファン1人ひとりの物語、お互いがお互いの物語を自分ごととして向き合っていくことを約束して、長い1日は幕を閉じた。
 
 

バンド結成から10周年を迎えた昨年は「自分たちは何処からやって来て一体何者なのか」という問いに答えるべく「SOIL」というアルバムを作り、力強くなったライブハウスのヒーローとして全国を回った。

一方で、これからどこに向かっているのか、10年かけて出来上がった土壌にどんな種を埋めるのか、手探りの状態が続いているように見えた。

武道館もやった、アリーナにも立った、フェスも始めた、AIR JAMにも呼ばれた。この先はもう、既にあるものでは彼らの目標には成り得ないからだ。
 
 

6年前に「Now here, No where」で広がっていく<無数の 未来>を見上げたフォーリミ。

そこからその時々で必要な道を手探りで手繰り寄せて辿り着いた今、彼らは等身大なまま、遊び心を持って、自分たちの音楽を日々の生活の中に根付かせようとしている。

言い方を変えれば、音源やライブの枠を超えて、自らの手で04 Limited Sazabysというカルチャーを生み出そうとしている。その確かな意志を感じたプロローグ的な1日だった。
 

今のフォーリミが歌う<無数の 未来>は照らす側として、さいたまスーパーアリーナに集まったオーディエンス、そしてフォーリミの音楽に生かされてきたリスナー1人ひとりの数だけ輝いている。

彼らが輝かせてくれた未来の1つを生きる者として、これからも自分のやり方でアーティストと共に伴走して、音楽のある生活の楽しさを伝えていこうと思う。
 

素晴らしいアーティストが鳴らす素晴らしい音楽が誰かにとっての「何処でもない今ここ」に鳴り続けるように。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい