2531 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

Novelbrightの音楽とファンとの絆

Novelbright 「EN.」と路上ライブ

大阪を中心に活動している5人組ロックバンド「Novelbright」
彼等を気にしてる人は数多いと思う。

SNSで路上ライブの映像が拡散され話題になった彼等
その大きな声に負けない圧倒的な実力で
五大都市ワンマンツアーはソールドアウトになり、地方でフリーライブをすればインディーズバンドとは思えない程の集客力を誇る。そしてつい先日東名阪クアトロワンマンツアーが追加公演として発表された。
 

ボーカルの竹中雄大は口笛の世界大会で優勝する実力を兼ね備え乍、圧倒的な歌唱力で聴いた人を魅了する。
それに負けじとギターの沖聡次郎、山田海斗、ベースの圭吾、ドラムのねぎが奏でるメロディと雰囲気はボーカルを引き立たせ尚自分達も輝く。

そこに共通して存在するのは
バンド対する「愛」だと思う。

事実、メンバーの圭吾はNovelbrightに入る前は
別のバンドでドラムを担当していたが
Novelbrightに入る為にベーシストへと変わった。

生半可な気持ちでは出来ない決断だと思う。

メンバーのTwitterを見ていても思う。
まるで「ここはLINEかよ!」とツッコミたくなるくらい
メンバーでの絡みが続いていてそこにはファンも加わり
時にファンをも巻き込む。

その距離の近さはもしかしたら
今しか出来ない事かもしれない。

そういう一瞬で遠くに行ってしまう可能性が
アーティストにしろ芸能人にしろ
今の時代に存在する。
そういう時の重ねもまた運だと思う。

だけど「運」だけではどうにもならないものもこの世に存在して、ミニアルバム「EN.」に込めた思いが咲いたのは彼等の「行動力」と「覚悟」があったから咲いたアンコールでもあると思う。
「AcoBright1」というライヴ会場と路上ライブでしか買えないCDを持ち路上ライブツアーを7月から行った彼等。「もっと色んな人に聴いて欲しい」という考えから路上ライブでツアーを行い全国で歌う覚悟と行動力は凄いと思ったしメンバー同士で支え合わなければ相当大変だろう。
その努力は聞き手に伝わり観客も増えた。本人達も「日本一のバンド」を目指す為にも現代ならではのSNSで自ら拡散し、それを見た人が路上ライブに行って感動しSNSで拡散する…メンバーの圭吾が言った通りこれが「令和の売れ方」なのかもしれない。

そして9月末に路上ライブを卒業した。

「EN.」の意味は3つあるとメンバーは言うがそのうちのひとつは「encore(アンコール)」の略称だからだ。
Novelbrightはベーシストが変わり、「EN.」から現在の体制で活動を始めた。

竹中雄大が植えた苗をメンバーの一人一人が大切に育て乍も、時には雨風に打たれそれは苦しかったと思うがそれでも今やっと1つの花が咲いたと思う。きっとこれから先、大きな壁に当たったり、嵐が巻き起こったり、たくさんの悩みもあるかも知れない。
上からに感じるかも知れないけど、その時には「EN.」をファンが受け取った様に聴いて欲しい。きっとこれから先の大きな支えになるアルバムだと私は思う。
「さよなら」や「またね」と少し悲しくなるアルバムでもあるかも知れないが、Novelbrightの今までを思いながら聴くと悲しさの中に強い気持ちも垣間見える。

「拝啓、親愛なる君へ」がセットリストで最後なのも納得出来る。

「嗚呼 歓びの歌此処で歌うから ため息も全部空へ消えていくよ 果てしなく続きますように 祈りを込めもう一度叫ぼう 胸躍らせる日々に出逢えたよ。」

歌い手と聞き手のどちらにも響く素敵な詩だと思った。

と、音楽文なので音楽面を主に触れたがメンバーのトーク力や仲の良さにもやっぱり注目して欲しい。時にいい意味でファンから心配されるレベルの若い男の子だからこそのトークもあれば、「AcoBright1」に収録されている「愉快な漫談」ではメンバーがメンバーをとても素直に褒め合い照れあっていた。

そして何より、忙しくなった今もファンとの関係を大切にしてくれている。

それはやはりSNSで拡散されたからこそ生まれた絆なのかもしれない。沢山の情報が並べられるSNSでNovelbrightの音楽を見つけた奇跡。沢山の情報とアーティストが居る中でSNSで拡散され見つけられた奇跡。
勿論、1番忘れてはならないのはそれ迄のNovelbrightを支えていたファンの方々。

どれか1つが存在して成り立つ物では無いからこそNovelbrightとファンとの絆は強いと思ってる。
 

そしてこれから先の彼等の音楽にもドキドキとワクワクが止まらない。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい