2531 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

エレファントカシマシ日比谷野音

七夕で落ち合う

 野音が当選した。びっくりした。でも、当たるような気がしてた。もう、道筋なのだ。惹き合う。自然ななりゆき。
 わたしは、施設の看護師をしている。明日には夜勤明けで福岡空港へ向かう予定だ。夜勤に入る前に、大好きなトランクにお気に入りのものを詰めて、準備は万端。朝は、早く目覚めた。冷静に計画通りに動く。ドキドキ、チクタクチクタク、わたしのコンサートは、行く前から始まっている。夜勤を冷静に着実に終えていく。車の中で、飛行機に乗らなきゃいけないんだからと、高揚を抑えて運転する。この車の先は飛行機で空へ旅立つことを考えると、なんとも言えない幸福感でいっぱいになった。
 いざ、東京へ。六本木のホテルに泊まり、コンサートの朝は、なかなかの雨と寒さ。ノースリーブのワンピースで、寒さに耐えながら、行こうと思っていた赤坂の氷川神社へ。氷川神社は、降り注ぐ雨が、よく似合うロマンチックな美しい神社で、わたしのテンションは絶好調に。
エレカシのコンサートの御参りをして、欲しかったお守りを買って、短冊にも願いごとを書かせていただいて、
コンサートの前準備は、ばっちり!
そして、いざいく日比谷野音へ。まだまだ、時間があり、
なぜか日比谷ミッドタウンのジュエリーショップで時間を過ごした。店員さんが、ビンテージのネックレスをいくつもつけてくれたけど、結局、紫やらグリーンやイロトリドリの玉のついたネックレスを記念に買った。
この辺で働いている人は、流れてくる音楽がエレカシだなんて、すごく素敵だよねと思いを馳せながら。
いざ、聖地と呼ばれる野音会場へ。都会の中に小さい森があって、美しい自然を感じられる神聖な場所に感じた。すごく、幻想的な曲を選ぶのかな?って思ってたけど、割とメジャーな曲を、次々に美しく、丁寧に、幸せそうに、歌っている姿を見て、エレカシは、てらうことなく、自信を持って自分達の歌を誇りに思って、演奏しているんだというメッセージを出していると思った。
音が、声が空気に溶け込み、歩いたり、仕事してて、休憩しているようなビジネスマンに、この美しい極上の歌声のヒーリング効果はどうだったんだろう?とか考えたら、また楽しくなった。降り注ぐ小雨とこもらない宮本さんの声。ロマンチックなシグナルから、甘美なこうして、寝転んでるとまるで死ぬのを待ってるみたい、それから月の夜の放たれた月光の鋭さ、真っ暗に染まっていく夜空に
たくさんの小さな、色取り取りの宝石が散らばっているような、忘れたくないコンサートになりました。
最高なプレゼントをいつもして下さって、エレファントカシマシ、本当にいつも、有難うございます!
まだまだ、欲しいものが、たくさんあるんだ!
これからも、一緒に楽しみましょう!

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい