2650 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

あの頃を回顧

The Birthdayの音

2019年9月。久しぶりに彼らの音を聴きに行った。

The Birthday。

元々THEE MICHELLE GUN ELEPHANTが好きで、その流れのまま彼らの音も聴いていた。

チバの声を初めて聴いてからもう20年になるだろうか。

聴き始めた10代の頃から当たり前だが環境は変わり、ライブに通い詰めていた20歳前後の頃のようには音楽に触れる機会もずいぶんと減ってしまった。

そんな中また彼らの音に触れる機会が出来たのだ。

開場までかなり時間があったが、あの頃のライブやどんな気持ちで聴いてたかを回顧しつつ、いよいよ入場。

今日のアルコールはどんなに美味しいだろう、と思いながらドリンクを受け取り会場内へ。

開始時刻まで30分はあっただろうか。ドリンクなんてすぐ無くなり、いよいよだな、なんて思っていたら照明が暗転。そう、ついにその時がきたのだ。

スポットライトを浴びてメンバーが次々にステージへ。変わらない、今からあの音が聴けるんだと、胸が熱くなった。

言葉少なく演奏がはじまる。

ギターの音が場内を駆け巡り、ドラムの跳ねるような音、全てをまとめてくれるようなベースの音、そしてチバのあの声が響く。

当日は9月だったが夏日のような暑さの一日で、会場内はそれと同じか、それ以上に熱い空間になっていた。

ツアータイトルと同名のアルバムの曲を交えながら、一気に第一部は終了。

しばらくしてアンコール。このライブで一番聴きたかった曲、触りのギター音だけでわかるほど聴いているあの曲がきた瞬間に、私の目には涙。

情けないほど涙で顔がぐしゃぐしゃになりながら、一緒に口ずさみ、最後まで息つく間もないパフォーマンスに興奮した時間になった。

また新しいあの頃ができた瞬間になった。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい