2624 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

僕の1番深い場所にback numberがいた

ありがとうNO MAGIC TOUR

今年1番の僕自身のビッグイベントは間違いなく
大好きなback numberの史上最大規模となったアリーナツアー
「NO MAGIC TOUR」です
4月20日静岡エコパアリーナ初日に始まり、9月20日沖縄コンベンションセンター展示棟ファイナルまで全国18箇所35公演
back numberファンの方々ならご存知だと思いますが、本来9月21日のツアーファイナルが、生憎の台風により無念の中止となりましたが、それまでほぼ1週間に2公演ずつのハードスケジュールながら、全国各地のback numberファンを湧かせてくれたteam back numberには本当に感謝してもしきれないくらいです
僕自身もこのツアーに参戦し、感動を味わえた事を誇りに思います
ところで、このツアーを振り返ってみると、ツアー始まる前と終わった後では、僕のback numberに対する気持ちに変化がありました

そもそも僕がback numberに出会ったのは高校3年の時、友達とカラオケに行った際に、友達が歌っていた「高嶺の花子さん」がきっかけでした
初めて聞いた時の衝撃はとてつもなく大きかったことを今でも覚えています
それから少しずつback numberに興味を持ち始め、ベストアルバム「アンコール」を買い、そこから僕のback numberライフは始まりました
暇さえあればback numberの音楽を聞いたり歌ったりしていました
それからファンクラブ「one room」へ入会し本格的にファンになりました
その当時は聞いたり歌ったりするだけで、ライブに行ったりしてみたいとは特に思っていませんでした
しかし、2018年にback numberがドームツアーをやるという事で、その当時やっていたTwitterの音楽専用アカウントではたくさんのback numberファンの方々がライブの楽しさなどを教えてくれて、僕もドームツアーに参戦しようと決めました
そして、2018年夏に初めてライブというものを見ました
東京ドームでした
どこを見ても圧巻の景色の中で初めてみたback numberの姿はテレビやスマホなどで見ていたそれとは全く比較にならないほどかっこよく眩しかった
その日、back numberを見てから確実に僕はライブというものへの関心がどんどん大きく膨れ上がってきました
ライブは僕の音楽への見方を大きく変えてくれました
圧巻のドームツアーを3公演も参戦できたこと、今後の人生の1番の自慢です
しかしこの時はまだ僕の中ではback numberは程遠い存在だと思っていました
そしてその意識が大きく一変したのは紛れもないあの日のあの依与吏さんの言葉でしょう
今年4月、ドームツアーから約半年間ぶりのライブに僕は参戦していました
久々に見たback numberの姿はやはりかっこよく勇ましく見えました
その中で、僕の心が大きく揺れ動いたシーンがあります

とあるMCでした
「あなたの1番深い場所で出会えるバンドでありたい」
そう依与吏さんは言いました
その当時ちょうど僕は色々な悩みを抱えていました
仕事が上手くいかず苦労していた時期でした
でもそれでも頑張ろうと思えたのは、他の何でもないback numberの存在がいたからです
back numberは既に僕の一番深い場所で出会ってくれていたことにそこで初めて気付かされました
それまでは程遠い存在だと思っていたback number
それは、もう今となっては大きな勘違いだと言えます
back numberはいつでもどんな時でも僕の心に寄り添ってくれています
僕の毎日にback numberはなくてはならない存在です
そしてこれからもたくさんback numberにお世話になっていくのだと思いました
僕も負けじとback numberを支えていきます

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい