2650 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

「憧れ」に触れた日のこと

BUMP OF CHICKENツアー「aurora ark」と私

BUMP OF CHICKENの2019年ライヴツアー”aurora ark”の箱舟について、ソングライターでありヴォーカルである藤原さんは、雑誌のインタヴューで「誰かの憧れ」という旨のお話をされている。

私にとって、ツアー最終日のその日まで、”aurora ark”は言葉通りの憧れだった。
ツアーが発表された時点での会場は、埼玉大阪名古屋の三か所のドーム。その後1度目の追加公演発表があるも、会場は収容人数の少ないライヴハウス。ライヴに行きたいことを家族に伝えると、幸いにもすんなり了承してくれたものの、春に子供が生まれたばかりで遠征はとてもできる状況ではなく、必然的に申し込みできる箇所が減る。自宅から行けるのは、埼玉メットライフドームと新木場STUDIO COAST、更に追加発表されたファイナルの東京ドーム。幸運にもファイナル2日目のチケットに当選したが、一度行ってみたい、と強く思っていた新木場会場は落選。各公演に行った友人達の「パフォーマンスも、演出もとにかく素晴らしい」という声を、1人置いてきぼりをくらったような、羨ましいような、もっと重たいような気持ちで聴いていた。
念のためにことわっておくならば、子供がいなかったらと思ったことは一度もない。大好きな人たちのライヴは、できるならば触れていたい、大事な場所なのだ。

最終日のチケット当選から3ヶ月と少し、季節はすっかり夏から秋に変わり、とにかく無事に迎えられるようにと祈り続けたその日が来た。
短いながら、ファイナル初日である3日も物販に行く時間をもらい、グッズを身につけて家を出た。東京ドームはこれまで、いかなる用事でも入ったことのない場所。電車を降りて後楽園駅の長いエスカレーターを上がる。改札を出て、ドーム部分と、同じようにツアーグッズを纏った沢山の人々の姿が目に入る。鼻の奥がつんとして、涙が出そうだった。
結局その日は時間の制約もあり、買い物もせず、この日に会場にいる友人知人に挨拶をして帰宅した。

そして、11/4当日。
不思議だった。あんなに待ち望んでいた日で、前日あれほど大きな感慨にふけったのに、今日がライヴだという実感が薄い。
しばらくの間、色んな方とお話をさせてもらい、楽しみましょうねと挨拶をして入場する。開演までの間、一緒に入った友人と他愛もないおしゃべりをする。アナウンスのあと、しばらくしてすべての照明が落ち、aurora arcの音が鳴った。
その瞬間、言葉にならない気持ちが、涙になって溢れた。
ライヴは聴いていた通り、全編通して本当に素晴らしかった。
光とスモークで会場にオーロラを出現させる演出に始まり、メインステージの巨大なスクリーンに映し出される映像と、来場者が持つLEDバンド「PIXMOB」と、レーザーと。Auroraも、rayも、記念撮影も、新世界も、流れ星の正体も。初めての子育てで、慣れない生活を支えてくれた大好きな音楽達が、4人の本当に楽しそうに演奏する姿と、あらゆる光に彩られて押し寄せる。何度も何度も堪えきれずに泣いて、笑って、一緒に歌う場面では力一杯歌って、踊って。結果的にアンコール4曲(!)、3時間弱の魔法のような夜は、あっという間に過ぎていった。

藤原さんは公演中、「全部置いていくからな、全部受け取ってくれよ」と繰り返しおっしゃっていた。
終わった直後は、貰ったものが多すぎて、本当にこぼさず全部受け取れたのだろうかと思っていた。ライヴからそろそろ1週間が経つ今、あの場所に全部置いてきたのは、自分も同じではないかと思えている。全部出し切って、かわりに、彼らの音楽を真ん中にして出会えた人たちとの、しあわせなお揃いの記憶を目一杯に詰め込んで、それぞれの日常に戻る。
子供のこと、自分のこと。この先もしばらくの間、というよりも多分何かしらずっと、大変な日々は続く。藤原さんがおっしゃったように、私はきっとその度に、今日一緒に歌ったことを、大好きな4人を大好きな人たちと過ごした時間を思い出すだろうし、もしもそれができないほど打ちのめされてしまった時が来ても、彼らの音楽は側にいてくれる。
そういうものに出会えたことを、私はとても幸福に、誇りに思う。

改めて、ツアー本当にお疲れ様でした。
また会える日を楽しみに、それまで精一杯歩いていきます。
素晴らしい時間をくださったBUMP OF CHICKENのメンバーの皆様、スタッフの皆様に、心からの感謝を。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい