2650 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

今日、私が生きているのは音楽のお陰だってやっと気付いたケド

振り返ったら、RADWIMPSが10年前から叫び続けてたみたいだ

 
今日このサイトに出会った。今深夜だから、正確には昨日なんだけどそんなことはどうでもいい。

こんな素敵な場所があるなんて知らなかった。私もみんなに伝えたいって思っちゃったんだけど、残念ながら私は今読んでほしい!!!っていう気持ちが強いから、うまく伝えられないかも。でも、伝えたいのは今だから、伝える。

今日、今、私が生きているのは音楽のおかげだって、やっと言えるようになった。
 

一昨日倒れた。倒れたって言っても立ち眩みがして、立っていられなくて、座ったら立てなくなっただけで、無事にお家に帰れたから、大きな病気とかじゃないの。誰にも言わないけど、大丈夫。

私は大学生で、典型的な「人生の夏休み」を謳歌していた。恋愛以外!笑 そんなのもどうでもいいんだけど。サークルと授業とテストとレポートとバイトのつり合いが取れなくて、きつくて辛くて、そんな体も「若いから大丈夫!」とか自分で思って無茶して飛び回ってたら、若くてもだめで、結局体調不良。無茶しすぎたみたい。
サークルは音楽系。一昨日も練習があって歌ってた。練習に行く前も体調悪かったのに練習に行った。そしたら視界がぐらぐらした。やばいって思ったけど、歌い続けた。それでもやっぱり無理で座り込んだ瞬間、脳から「呼吸して!!」っていう指令が出た。息を吸って吐く。それだけの単純作業が、いままで19年間何も考えなくても勝手にできてたことが、できなくなってたんだって気づいたの。それはもう、すごく衝撃だった!回らない頭に電撃が走ったみたいだった。だって、生きる事よりも歌うことを優先してたってことだ。私の人生において、すさまじい事実だった。

私は、小学校の時から塾に行って中高の時から所謂進学校に通って大学もそれなりのところに入った。勉強することや頭のいいことが世界の正義だって、昔から信じてた。賢いということが最も人生で有益だって思ってる。
それなのに、音楽に傾倒してサークルとバイトばかりやって挙句倒れて、テストぶっちしちゃった。もう履修やめるしかない。さよならフーリエ。いや、来年絶対リベンジするからまっててね!
脱線したけど、すなわち、賢さとは少し離れたところにあると思っていた「音楽」が人生の糧になるなんて、プライドが許せなくて言えなかったわけ。

ほんとうに、途方もない馬鹿なの。いままで何勉強してきたんだろう。中高も音楽系の部活に入っていて、大学に入っても音楽系のサークルに入って、演奏会やミュージカルが好きで、何が、「「音楽」が人生の糧になるなんて、プライドが許せなくて言えなかった」だ。そもそも、音楽が賢くないという考えも馬鹿なんだけどさ。でも、それくらい人生に当たり前で、息をするくらい当然のように隣に音楽があったんだ。

一昨日、「私、ずっと命削ってたんだな、体がついていけなくなっちゃったんだ、無理してごめんね私のからだよ」なんて薄らぼんやり思いながら、空気を吸って吐いて、そうしてるうちに涙が止まらなくなった。歌えない、みんなに迷惑かけてる、ごめんなさい、ふとんに帰りたい、お家に帰りたい、高校の部活の同期と後輩に会いたい、お家に帰りたい。覚束ない思考回路で欲望が散見した。とにかく「何か」を削っているんだって自覚があった。
そして、ぐちゃぐちゃの頭の中で、生きていくのに精いっぱいだって自覚してもなお、音楽の事考えてた。それでやっと認めたの。ああ、私、音楽があるから生きていけるんだなって。

すごくしっくりきた。まるで音楽への恋を自覚したよう。私の恋愛遍歴なんてほかの人に比べたらとても薄っぺらいものだけれど、音楽でさんざん聞いてきた数々のラブソングにすさまじく似ていると思った。認めきれないけれど、でも好きで大事で、自覚したら止まらない、そんな感情。

お家に帰って、12時間くらい寝て、おねぼうさんの時間に起きて、お母さんが作ってくれたうどんをあっためながら、心配してくれている友人の返事もそこそこ、私は迷いなく音楽アプリをタップ。無心で「叫べ ラッド」で検索した。

「今日が これからの人生の 始まりの一日目なんだよ
昨日が今までの人生の 一番最後の日だったんだよ」(叫べ)

選曲理由は、私が叫べの歌詞全てが大好きだから。ほぼ無意識だったけど、大正解。あったまったうどんをすすりながら、泣いた。MVの野田洋次郎のぼさぼさの髪の毛がいとおしすぎた。私もぼさぼさで、また泣いた。野田洋次郎とお揃いだなんて思ってみて、それに足をじたばたさせて。なんだかすごく楽しかった。涙が出ても、悲しくなかった。

「眠気眼でたたんだ布団も 久しぶりに片付けた部屋も
全てささやかながら僕からの 未来の僕に送るプレゼント

誓いの言葉壁に書いたのも 目覚ましかけ 眠りについたのも
全ては今日を終える僕からの 明日の僕へ向けた挑戦状」

毎日毎日、大量のタスクに追われて分刻みのスケジュール、自分のことができるのはすべて真夜中。そんなことが当たり前になっていても、すべての事をプレゼントや挑戦状だって思ったら、なんだか人生も悪くないし苦しいこともやる気が出てくる気がしていた。日々そうやって支えられていたことに気づいた。この生活が楽しいと思える理由を、RADWIMPSが、音楽が、くれていたんだ。

こんなに、「今日が これからの人生の 始まりの一日目なんだ」って意識した日はない。気付いて、音楽に感謝を伝えたくて私がいの一番したこと、わかる?
「感謝を伝える 曲」ってぐぐった!
筋金入りの音楽好きだと思った瞬間。これからも、お世話になります。
 

倒れてやっと気がついた。私のからだは、「健康」と同じくらいの比重で「音楽」が宿っているっていう事実。みんなに伝えたかった事。
 

…ここで、いったん終わり。二つ目は余談。
 

私は、RADWIMPSが好きだ。ずっと前から。さかのぼれば10年、きっかけは、姉が聞いていたこと。「満点の空に君の声が響いてもいいような綺麗な夜」(トレモロ)という歌詞が心に突き刺さってから、ずっと好き。CDは中古で聞く。追いかけたりライブに行くほどじゃないけど、定期的に必ず聞く。君の名はで世間に名が浸透しても、そのスタンスはずっと変わってなかった。

ここだけの話なんだけれど、RADWIMPSが好きだっていう理由で仲良くなった男の子がいる。今年の夏前の事。いいんですか?の曲中に「鶏のアンかけ」ってあるでしょ?あの歌詞を知っていたことがきっかけで仲良くなった。意味わかんない?今度機会があったら詳しくまたみんなに聞いてほしい。

RADWIMPS好きなら、ライブは行かないの?

って。最初の連絡はこんな感じだったように思う。たまたまライブのチケットが売り出されるって発表された直後だった。行きたいけど一人じゃ怖くていけないって正直に言ったら、一緒に行ってくれるっていってくれる優しい男の子。でもチケットが取れなくて、断念。かなり残念だったけど、ちょっと安心した。男の子と二人きりに慣れてるわけじゃないから。残念だけど、またいつかね。口約束かもしれないけど、そういって連絡が途絶えたのがうれしかった。
来年のライブが告知されて一時間もたたないとき、来年のライブが決まったから行こうよって、連絡をくれた。前とは違うSNSをつかって、わざわざ友達追加をしてくれたの!うれしくないわけない、好きなロックバンドの歌詞から仲良くなった男の子が、ライブに誘ってくれた。そんなの、RADWIMPSファンとしても、年ごろの女の子としても、うれしくないわけないでしょう。はやる気持ちを抑えて、行きたい!!って、返事した。
そのまま、その男の子と連絡を取っていて、曲を紹介してもらったらドストライクなの!それはSUPER BEAVERの曲なんだけれど、一発目にその曲を紹介してくれるその男の子に、間違いなく私は特別な感情を抱いている。まだまだ恋というには何も知らないけど、気になってる。しかも、よくよく聞いたら、RADWIMPSの有料サイトに加入したらしい。「入った」って言ってた。私の読解ミスじゃなければ、私よりも古参のはずでずっと好きだったはずなんだけど、最近入ったらしい。ライブによほど行きたかったのかな。え、…誰と?
 

私と!!!!
 

都合のいい私は、すごく浮かれて、そうして私は気付いてしまった。今は5の次6の次になっている恋愛すらも音楽からはじまっていることに。いや、始まってないけど、もしも、本当にそんなことになったら、お墨付きだ。今日、今、私が生きているのは音楽のおかげだって。
でも、いままで友達だった彼と私の共通の友人全員が口をそろえていう「彼は優しい」という言葉に、すべての期待を押し殺して「愛し」を聞いてる。もういいの、このどうにかならない恋の芽が、つぼみにならなくても咲かなくてもいいから、踏まれないようにだけちゃんと見守りたい。あわよくば、「愛し」くならないかなって、思いながら。でも、きっと価値観が合うから、「リユニオン」でも良いから、仲良くなりたい。優しいからじゃなくて、君だから惹かれているって、いつか伝えたいなあ。

見てないと思うけど、もしも今、連絡を取ってる男の子と、共通の知人が見たら絶対にばれちゃうような内容を書いちゃった。もしも、万一、ばれちゃったら、恥ずかしいから現実の私には秘密にしてね。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい