2650 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

NICO Touches the Wallsへのラブレター

わかってるんだろう どんな答えも僕が出していくこと

「どうして夢を見るの」

6月にそうみっちゃんが問いかけた時に感じたざわめきはこのことだったんだろうか

2019年11月15日
私の夢が見えなくなってしまった

初めて知ったのは手をたたけ
CMで聞こえてきたその曲に、その頃の邦ロックの勢いも相まって新たな世界を見つけた気がした

夢中になったのは夏の大三角形
こんなにキラキラした曲を、真っ直ぐに突き刺さるラブソングを聴いたことがなかった
人並みだが高校生の頃の甘酸っぱい青春にドンピシャだったのも要因だろう。転がり落ちるように、まさしく3秒間で恋に落ちたのであった

涙が出たのはバイシクル
初めての生歌はReady Set Go!!2014→2015
大阪城ホール アコver.
1人でギターを片手に歌い上げるみっちゃんのバイシクル
伸びのあるどこまでも届く真っ直ぐな彼の歌声に静かに涙が伝った。

初めてのワンマンはまっすぐなツアー
今でも忘れることが出来ない宝物のような日だった
まっすぐに楽しんで歌い上げる彼らの姿
汗まみれになってとにかく今この瞬間を楽しみたかった

それから毎回行けるようになった毎年のツアー。
就活をしながら、仕事終わり、日帰り遠征、どうしても飛行機に間に合わなくてアンコール前に帰った時もあった。あの時はずっと電車で泣いていた。

「僕達は好きなこと、歌うことを仕事にできている。でもそれは幸せなこと。好きなことを仕事に出来ない人の方が多い。ここにいる人たちもそうかもしれない。けどまたここに来て。ライブを楽しみに日々を頑張って欲しい。好きなことをして生きろ」
2017年 Fighting NICOツアーでみっちゃんがそう話していた。
社会人になりたてで、日々が辛かった自分に夢を与えてくれた。その言葉を胸にライブに行くことを励みに辛い日々を乗り越えてきた。
好きなことをして生きる、好きなことのために働く。
なんて甘えた大人だ、ゆとりだと言われるかもしれない。そんなの自分が1番わかってる。それでも、NICO Touches the Wallsに会うことが一番の楽しみで生きがいで夢であり続けたのだった。
初めての1125ライブもこの年のニコフェス。
人生初めての野外フェスだってNICOに会いたいがため。飛行機遠征もお手の物。とにかく駆け回った。

そして私にとってのラストが
2019年8月4日 ROCK IN JAPAN

いつか映像で見た、グラスステージで夏の大三角形を歌いあげるみっちゃんの姿。

あの姿に憧れ、恋焦がれた。

必ず逢いに行く。絶対に見てやるんだ。

それが最後になってしまった。

目が覚めるような真っ青な空の下
どこまでも響く3秒間
涙が出て止まらなかった
永遠に終わらないで欲しいと、願った
私が恋した彼らの姿だった

18?で締めくくられたライブ。
あの問いかけがいつまでも脳裏に焼き付いて離れない。
「どうして夢を見るの____?」

今年のQUIZMASTER ツアーで、みっちゃんがいつもより丸く見えたのはどうしてだったのだろう。
感謝の気持ちを伝えていたのが、いつもより多く感じたのは今更ながらの思い過ごしなのだろうか。
全てが心に靄をかけてしまう。

気持ちが晴れることはないのだろう。
聞き直した曲の中から流れてきたMr.ECHO

「わかってるんだろう? どんな答えも 僕が出していくこと
気づいてるんだろう? どんな弱音も 僕の声だ」

これがNICO Touches the Wallsの答えなんだろうか。

「教えてよ どんな痛みも 跳ね返す強さを
照らしてよ 出口はどこだ 無我夢中で探してる」

まだまだ受け止めきれない。
夢であり希望を失ってしまった。私に好きなことを教え、好きなことを奪ってしまったみっちゃんが大嫌いでこれ以上ない大好きな人になってしまった。

でも「壁はなくなった、どこまでも行く」
そう言った彼らを信じて待ちたい。自分勝手だろうか。

もう少し、どのくらいかかるかわからないけれど必ずその決断を応援するから。
今だけは悲しませて

「思い出虚しく騒ぎだすのは 思い出なんかじゃなかったから」 (Ginger lily)

どれも綺麗な思い出なんかで終わらせない。
生きる糧なんだから。

大好きな音楽を、ライブという素敵な空間を、心を揺さぶる感情を乱す言葉を教えてくれてありがとう。

NICO Touches the Wallsに出会えて本当によかった。
いつかまた聞かせて欲しい、夢の続きを見させて欲しい。

お疲れ様と最上級の愛情を込めて。

生涯一かっこよくて最高に大好きなロックバンド NICO Touches the Wallsへのラブレター。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい