2650 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

世界に知らしめるべき傑作ロック ROSSO「Emissions」

限り無く赤に近い黒 ロックンロールの向こう側

ROSSO「Emissions」は2006年のアルバムだ。ROSSOはチバユウスケのバンド、ミッシェル・ガン・エレファントとThe Birthdayの間に在って、しかし今は多くの人に顧みられていない気がする。
 

そもそもは、BLANKEY JET CITYが解散した後の照井利幸がミッシェル活動中のチバユウスケを誘い、2002年に作ったアルバム、ROSSO「BIRD」が最初だった。ここではチバさんがギターをひとりで掻き鳴らしているめずらしさがある。いつもチバさんの歌にはそれに見合うだけのバンドサウンドと突き抜けたギターが鳴る。その点では「BIRD」にはシンプルな面があって、なんとなく「バンド」らしくないような気がしていた。

2003年にミッシェル・ガン・エレファントが解散した後、本格的にROSSOが実質なバンドに成ったのは2004年だ。照井利幸、チバユウスケ、イマイアキノブ、佐藤稔、というメンバーだった。

ROSSOの前には、照井さんのプロジェクト、RAVEN(レイヴン)がある。そこにはチバさんが大々的に参加している。
照井さんとチバさんの二人による音楽の手応えから、ROSSOがプロジェクトではなくパーマネントなバンドとして開始されたのかもしれない。
RAVENのアルバムのタイトルは「限り無く赤に近い黒」だった。ROSSO(赤)に込められた意味と、それは通じる。

僕は若い頃から、ミッシェル・ガン・エレファントのバンドが好きだった。こんなバンドが他にいないというのが第一に凄いと思った。日本にも世界にも、過去、現在とに渡り、同じような音を鳴らすバンドは居なかった。

塊になって発せられる黒いエネルギー、特にアベフトシのカッティングギターが超絶に格好いい。そのなかで、がなる歌をぶつけていくチバユウスケの詞が描くものは、何処でもない架空の世界観。どことなく映画みたいだった。

僕は、ミッシェルが活動していた期間、その音楽全体をちゃんと聴いてはいなかった。結局のところ、ミッシェルもROSSOもRAVENもThe Birthdayも後になって追いかけて聴いた。

今まで聴いていなかったのがもったいないとは思わない。いつも後追いで構わないというのが自分。その時の自分に見合う音楽を聴けば良い。
毎日を生きて、その瞬間を見て感じて響くものを聴けば、自分は自分になれるといつの間にか気付いて楽になった。

「ロック」は、”いまを生きろ”と云う。
「今の時代を生きろ」とは、自分には聞こえなかった。僕は自分の道を歩む。それは歩きで構わない。
少しずつ、すこしずつ未来は見える。過去と現在地を行き来するのは記憶と感覚だ。

僕は音楽が好きで、ロックが好きで、それでもライブには行かなかった。音楽が「生きている瞬間」を体感しないなんてもったいない。それは分かる。
しかし自分には”熱狂”が無い。大騒ぎしている人たちの傍らで、醒めている自分自身の感覚を、その眼を、研ぎ澄ませたい。音楽を好きな理由はそこだった。
音楽は、自分にとって静寂と沈黙のその本質だった。
 

自分には音楽に対する”なつかしさ”の感覚は無い。
思い出はあるけれど、青春を振り返るとか、そういう感覚はない。いつもいつも新鮮に感じていたいと願う。だから「時代」は関係ない。聴きたいか聞きたくないかのどっちかしかない。
 

そんな自分の想いなど関係なく、僕は今、
ROSSO(ロッソ)の「Emissions(エミッションズ)」がロック史上に残る傑作だと信じてやまない。

今まで自分は、洋楽ロックの1960年代70年代80年代の響きを聴いてきた。音楽の過激さと実験と革新に憧れた。ポピュラーミュージック、ロックの時代と歴史は劇的に変革したからこそ重層で、今のところ果てない。

もしもあなたも、それらの感覚が好きというなら、ROSSOのこのアルバムは、それよりももっと過激だ。格好いいだけじゃなく、音楽に全身全霊の魂がある。
 

チバさんの歌唱は今までになく、それ以降にもない声の強さであると思う。そして全部を包み込んだような余裕がある。突き放したような言葉を吐かない。くだらねえとは聞こえない。音楽に向く、ロックへの確信が在る。小さなものから大きなもの、遠くから近くまで、その幅と距離を往き来する自在感が漲る。この力量と逞しさにはおそれいる。
 

そうした歌の強さと、ぴったりと、はまるバンドのグルーヴ、言葉と声とが活きる演奏が為されているのが何より素晴らしい。
ただ”激しくあれ”というロック表現の幅は、ここでは緻密に抑制されている気がしてならない。これは「パンクロック」でもなく「ガレージロック」でもない。
“パンク”は、精神で表示されている。
 

ROSSOの指針となるものは、サイケデリックロックだったんじゃないかという面はあると思う。そして「Emissions」の音楽は、プログレッシヴロックやハードロック、ニューウェイヴ、ポストロック、グランジにまで影響力は及ぶ。

曲構成、統制と抑制と劇的な展開の爆発力、バンドのメンバーの経験値が感じられる音のひとつひとつの瞬間。何度も聴いているのに、聴いていて毎回ワクワクする音楽っていうのも稀だ。
聴けば聴くほど、「Emissions」は美しく謎めいている。
 

その全体を為すのは4曲。
“眠らないジル”
“ROOSTER”
“WALL”
“発光”
アルバムとしては短い33分。
しかし無駄はひとつもなく、足りないところも無い。

最初から聴いて終わったらもう一度、という気持ちは起こらない。一日の「体験」として確かにあるこの時間。いま目の前で鳴っている音がもたらす、静かなる覚醒はとんでもない。
音楽をこの耳で聞き流して時間を消費して無駄にするだけではけっして終われない。
そんな聞き方は出来ない。

ROSSOがこのアルバムを以て活動休止したのは、行き着くところまで行って達成したからなのか?
それくらいの手応えはあるだろう。
 

ROSSOの後、同じ2006年にThe Birthdayが始まった。チバユウスケとイマイアキノブがROSSOから続いてやっている音楽がどんなものかと、僕は期待した。
しかし「Emissions」の世界がそこには続いていなかった。
何が良くないと、そういう意味じゃない。
ROSSOとThe Birthdayをつないでいるのは、「Emissions」じゃなかった。
 

ROSSOのディスコグラフィーを言えば、
「BIRD」のアルバムが2002年
“1000のタンバリン”
“アウトサイダー”のシングルが2004年
「DIRTY KARAT」のアルバムが同じく04年
“バニラ”のシングルが2005年
「ダイヤモンドダストが降った夜」の
ライブアルバムが同じく05年
「Emissions」のアルバムが2006年

これらの一連の流れの中でも、「Emissions」は極めて異質な音楽である。
前作にあたる「DIRTY KARAT」「ダイヤモンドダストが降った夜」の世界でさえ「Emissions」とは全然違う。The BirthdayとROSSOの接点は強引に言って、たぶん「DIRTY KARAT」に近い。

それならば何故に、「Emissions」がここまでに確定的に到達されたのが大きな謎になる。
 

初期のThe Birthdayに残っている、チバさんの、言葉を物語るような歌い回しは少しだけ「Emissions」の感覚だと言えるのかもしれない。サイケ感も仄かに落とされている。
それは、しかしROSSOに於けるサイケデリックロックとはまた別の感触だ。ROSSOのバンドの方向性は、「DIRTY KARAT」の中の”CHAD IN HELL”と”Sweet Jimi”によく顕されていると思う。
大きな違いはバンドのグルーヴ感だ。

“CHAD IN HELL”を聴いて、僕はドアーズを思い出した。照井さんと佐藤さんによる重厚なグルーヴは凄いし、チバさんが引きずったようにチャドー!と叫ぶ間中にビリビリと荒れていくイマイさんのギターも過激だ。

そして”Sweet Jimi”のタイトルは断然ジミ・ヘンドリックスに決まってるし、ファンキーなリズムと、チバさんのトーキングスタイルの歌はジミのサイケなブラックロックを彷彿とする。

“火星のスコーピオン”という曲もある。ここでのチバさんの叫びはとんでもなくクレイジーだ。
ロックンロールの基本的な叫びとも言う”YEAH”の範囲を限界まで強くしたような”イエェエエェー!!!!”が聴ける。高島忠夫のイエーイよりも、サンシャイン池崎のイエエエエエー!!よりも振り切れた叫びだ。真面目にたとえるなら、ザ・フーの代表曲”無法の世界”に於ける最強の”イエェエエェー!!!!”を何度も越えそうになる。或いは、いとも容易く超えている。
 

とりあえず「DIRTY KARAT」は長めの時間に亘るアルバムだ。曲想はそれぞれだけれど、ROSSOの前作「BIRD」とミッシェルの、クレイジーなロックンロールが引き延ばされた感がある。

その中でも、バンドの新しい挑戦としての一番の革新は、1曲目”アウト・サイダー”で大いに宣言される。

この曲に於ける爆裂のスピード感は、イカれたパンク、ガレージ、のように思えるが、実は、後半に突然変異の如く、まるで古典を引くかのように、ハードロックに変貌する。そのヘヴィーロック感がなかなかに痛快だ。

それは今現在の自分の感じ方ではある。
実は僕はこれを最初に聴いたとき、どこが良いのか理解しなかった。ROSSOはミッシェルとは違う感じ、受け止め方が分からなかった。
なんか狂った感じが怖い感じ、格好いいものの捉え方の感覚が違っていたのかもしれない。

そもそも僕はミッシェル・ガン・エレファントが解散するのがよく分からなかった。まだまだやれることはあるだろうし、この先も凄いロックを突き詰めてゆくんだろうと勝手に想像していただけに訳が分からなかった。

解散の後、ある日、金曜日のミュージックステーションにチバユウスケのバンドが出演するというので、待ち構えて見ていた。バンドの名はROSSO。
BLANKEY JET CITYの照井さんのことは見たことがあったけれど、ギターの人、ドラムの人は全然知らない。チバさんの髪もいつの間にか長髪になってるし、着ている服もなんか怖そうな感じ。

一体どんな歌を唄うんだと思った。そしてこのバンドはどんなんだろう。
始まった音楽、その曲の名前は覚えなかった。
一番格好いいのはギターの人だと思った。

衝撃は凄いが好きじゃない。
そこで僕はROSSOに挫折した。

後から調べれば、その時、ROSSOが演奏したのは”アウトサイダー”だったらしい。
 

ROSSOがその後どうなったか知らないまま、僕は違う音楽を聴き漁っていた。その頃好きになっていたのは、ザ・クラッシュだとかアンダートーンズというようなパンクロックと、ストレイ・キャッツみたいなネオロカビリー、ミック・グリーンによるザ・パイレーツ、パンク時代のクリス・スペディングなんかにもハマっていた。ミック・グリーンのギターの鳴らせ方を聴いてやっとミッシェル・ガン・エレファントとの繋がりを見いだせた気がした。
同時に、それらとも通じ合う日本のバンド、ARBやルースターズの辺りの”めんたいロック”に興味を持っていた。
云わばこういうロックがミッシェルのルーツだったんだろうという道に出てきた。

パンクの時代を聴くようになって、レゲエに興味を持った。スカやパンクレゲエが格好いいのに気付いた。
ミッシェルだって、”ジプシーサンディー”みたいなパンクレゲエをやっていたんだと知る。僕はなんにも知らないまま、別の道を行って遠回りでここにたどり着いた。

しかし、その時代はもはやROSSOだった。
僕はROSSOを理解しなかった。ただうるさいバンドだと決めつけていたのかもしれない。ミッシェルの方が良かった、そう思ったのは僕だけじゃないと思う。
 

2005年の事、タワーレコードでCDを探してうろうろしていると、店内のスピーカーから格好いいロックが流れてきた。電気のロックンロールは、聴覚から頭へと向かってそのまま背中に入り込んで胸を奮わせた。痺れる感覚、ロックンロールってやっぱり格好いい。僕は正直者だった。

そこで聞いたのは、ロックンロール・ジプシーズという日本のバンドで、それが元ルースターズのメンバーによるバンドだったというのは後から知る。
スピーカーから聞こえた曲は、”LAZY SUN”だと思う。歌い回しの醒めた感じがクールそのものだった。僕はこういうのが聴きたかった。

いま想えば、”LAZY SUN”のロックンロール感覚は、ルー・リードの”Paranoia Key of E”という曲と非常に通じると思う。

正直者の自分は、直ぐに試聴機のコーナーへ行って、そのロックンロール・ジプシーズなる名前のバンドが聴けるのか探しにいった。試聴機には入っていないけれども、CDが並べられていたのかもしれない。記憶が定かでない。いま調べて見ると、ロックンロール・ジプシーズの「Ⅰ」というアルバムは2003年に発売されているらしい。

試聴機にあったのは、チバユウスケの「新しいバンド」ROSSOのライブアルバム「ダイヤモンドダストが降った夜」だった。そのタイトルはすごく格好いいと思った。そういえば、と、ミュージックステーションに出演したROSSOの記憶がよみがえってきた。そうして聴いてみた。

ああやっぱりROSSOは好きじゃない。またまたうるさいロックをやってるんだなぁくらいにでも思った。
やってることはなんとなく凄いんだけど、歌い方がミッシェルと違うのが気に入らなかった。思い込みと偏見で以てROSSOを判断した。

そんなわけで、僕はROSSOを見過ごして、ロックンロール・ジプシーズのアルバムを買った。
 

僕はたくさんの寄り道をした。
わざわざ行かなくてもいい道を遠回りで通って行った。
僕はそもそもパンクロックが好きじゃなかった。”モッズ”は好きだけれど、ブリティッシュビートは好きだけれど、下手くそな演奏力の雑なパンクと決めつけて聴かず嫌いをしていた。
17才の頃は、セックス・ピストルズなんて大きらいだった。僕はその時、キング・クリムゾンを聴いていた。プログレッシヴロックにハマると、音楽を演奏と曲想と技術力で判断してしまうという沼にはまってゆく。
プログレを聴くようになって、音楽の志向はジャズへと傾いた。ジャズへ行けば、フリージャズやアヴァンギャルドミュージックへも興味は移る。
大学生になった頃、ソフト・マシーンに出逢って、カンタベリージャズを聴いたりした。それらに影響力を及ぼしたフランク・ザッパやマイルス・デイヴィスにでさえ手を出した。
どれも中途半端だが「枠」は広がっていった。
節操もなく幅だけが広かった。

ある日、気が変わったように
パンクを好きになって、ある程度聴き通って、そうなれたのは自分にとっては前進だった。しかしそれもそんなにずっとは続かない。飽きたわけじゃなく、毎日同じところに居続ける感覚がない。聴いてきて好きになった響きは、後々の自分のひとつの要素として趣向として残る。

幅が広がれば、その時と姿勢とに応じたそれぞれの道をゆくことが出来るとするなら、ひとつの道を突き詰めるよりも自分自身の受け皿と窓枠を用意しておいた方がよい。陶器もガラスもいずれにせよ割れるのだから、その時の備えをしておく。
 

自分が、もしもプログレを知らなかったら、1970年代ハードロックとヘヴィーロックとレッド・ツェッペリンに入れ込んでいなかったら、アヴァンギャルドな音楽の、展開の壊れた感覚の解放を覚えていなかったら、パンク以後のニューウェイヴやノーウェイヴに於けるリズムとグルーヴによる音響の快感を憶えていなかったら、もしかするとROSSOの「Emissions」が聞こえずに届かなかったかもしれない。
 
 

いや、そんなはずはない。ロックに少しでも興味があるなら、誰もが体験すべき、これはロック表現の究極であると提言しよう。
 

チバユウスケ史上、最も強い声が聞こえるのがアルバム最後を迎える”発光”という歌だ。こういうのが表現としての絶唱というんじゃないか。

またこの曲の歌い始めも変わっている。チバさんが今までになく声を圧し殺して、聞こえるか聞こえないかの歌を声に出してくる。それが音楽の劇的展開のなかで、強く美しく暴発していく様には思わず息を呑んでしまう。
そこでさえROSSOのバンドのグルーヴは爆発を抑えて制御されている。このなんとも言えない浮遊的な表現は素晴らしい。詩が音楽によって確かな絵として描かれている。

“眠らないジル”だってとんでもない。
演奏はファンキーでロカビリーっぽいニュアンスがありながら、そこにチバさんの饒舌な言葉が転がってゆくのだが、ある瞬間のスイッチとキメの言葉の声の激烈が凄まじい。

“とんがったロックを聞かせて”
“あたしを夢中にさせて”

それこそ、この曲以外にそんなとんがったロックがあるもんかと思う。僕はこれを聴いてROSSOに夢中になった。

もうひとつのとんがったロックとも言える、
超絶過激なロックの”WALL”がこのアルバムで一番普通に聞こえるのも何だかおかしい。
聞き所は痛快に過ぎる歌詞だ。

“俺とお前の間に壁なんて全く見えねぇし”
“見えない壁なんてもんは最初から無いのさ”
“俺の気分はそん時そん時でコロコロ変わっちまうからさ 
さっきまでぶっこわしてたと思ったら今じゃヘラヘラ笑ってんのさ 
俺のハートに直線なんてもんは初めから無いしね 
ましてや何が正しいかなんて知りたくもねぇぜ”

ここでもバンドによるグルーヴが半端ない。
まるで火の点いた導火線の火花がうねうねと進んでいくみたいだ。それでも激しさに破綻がないというのが奇跡だ。一体なんなんだこのバンド力は。

ここまでに書いている曲順はばらばら。

最後に書くべきなのは、”ROOSTER”だと思ってそうする。これがアルバム中の一番の問題作かもしれない。
始まりは調子よくリズミカルにチバさんの言葉が喋るように進んでゆく。そこから曲が一転するのが奇抜だ。そしてこの曲は二転三転と転調する。こういうアヴァンギャルドな曲想に付いていけなくなるのは理解できる。
たぶんミッシェル・ガン・エレファントのファンでさえこれは受け止めきれないんじゃないかと勝手に想像する。

僕はこの曲を締める最後の歌詞の部分

“窓を開けて羽を見つけたら
ドアを開けて羽を拾ったら
それを握りしめてどこかに出かけよう
まだ見たことのない景色を探して
そこに何があるかは知らないけれど
そこに何があるかは知らないけれど”

何気なく聞いていたのにもかかわらず、
知らずに涙が流れてきた。

一体なんなんだこの涙は。
この優しさは。

チバさんの言葉が良いのもこのアルバムの素晴らしいところだ。

ROSSOが最高なのは照井さんと佐藤さんのグルーヴと、イマイさんの抑制と激性のギターによるものというのは断言出来る。

僕はここにジャズを感じた。
チバさんの詩もジャズだ。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい