2650 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

邦楽ヒップホップというジャンルの難しさ

トラックメイクもラップもホントは硬派なスチャダラパー

ヒップホップが好きだ。トラック・メイカーのインスト系も悪くはないけど、やはりラップ入りの王道タイプが良い。そこには、多様な音とリズムの快楽に加えて、ラッパー独自の言い回しや声の抑揚、リズムへの乗り方といった、いわゆるフロウを堪能する楽しさがある。

現在最もワールド・ワイドなポピュラー音楽とも言えるヒップホップは、ここ極東の島国ニッポンにおいても日常の音楽として浸透定着し、多くの日本人ミュージシャンも存在するのだけど、僕が日常的に聴いているのはもっぱらアメリカのヒップホップである。なぜなら、日本のヒップホップはリリック(歌詞)がわかってしまう事が足枷となる場合が少なくないからだ。

要は、いくらトラックがカッコ良くてもリリックが受け付けなかったら、そのアーティストのヒップホップは楽しめないという事である。そもそも、日本語ラップでヒップホップを上手くこなすには、他に類のないズバ抜けた言語センスと、国内最高峰と言われる東京芸大レベルの高い音楽偏差値が必要なのではないかと僕は思っている。

まずリリックについては、独自の視点や切り口による深い洞察力と、ウィットに富んだ多角的な思考力が不可欠とされる。取り上げる内容にしても、聴いてるこっちが赤面してしまうようなものじゃ困ってしまうし、シリアスな人生観や社会批判などにしても、それこそトップ・レベルの作家や詩人並みのスキルが無ければ非常に厳しいのではないか。

ライミングに関しても、聴いていて「あっ今韻を踏んだな」と思った途端、僕はちょっと冷めてしまう。ラップは韻を踏むのが当たり前という風潮があるのだけど、それがあまりにもあからさまで、あたかも目的化してしまっているようなものや、韻を踏むことに頼りすぎて型にハマったラップを聞かされるのは結構しんどい。それとラップは声芸であり、天性の声質の良さがないと成り立たないのはロックやポップス以上だと思われる。

トラック・メイキングにおいては、たとえ音使いのセンスがあったとしても、ファッションを含めアメリカナイズされたものでは本家にかなうわけもなく、邦楽ヒップホップとしての存在価値も失われる。また、サンプリングネタに対する引き出しの多さも最低限リスナーと同等、もしくはそれ以上でなければならないという過酷な条件が突きつけられる。

・・・と、言っておいてなんなのだけど、これは相当に大変なことだと思う。じゃあ、こんな難関を全て乗り越えられる日本のヒップホップ・アーティストはいるのかと問われた場合、知る範囲において僕ならスチャダラパーを推したい。が、しかし、彼らの半ばお笑い芸人的なポジションと、カッコ良さやシリアスとは真逆な脱力したキャラクターが、正当な評価を得る妨げになっているのは間違いないように思える。なんたってユニット名がスチャダラパーなのだから、それもいた仕方がない気もするが・・・。

そんな彼らの音楽偏差値の高さが、最もわかりやすい形で示されているアルバムが、3枚目の『WILD FANCY ALLIANCE』だと思う。トラック・メイカーのSHINCOがクリエイトする硬質なビートに乗って、韻を踏むことに頼らず、韻を踏んでも気にならず、変幻自在に絶妙なノリを生み出せるMC Boseは、ラップするために生まれてきたような天然ヴォイスを携えた、まさしく稀有な存在だと言える。リリックに関しても、家族愛、恋愛、友情、生き様、俺様自慢、人生の悲しみや苦悩、夢といった定番ワード以外のネタで勝負できるユニットとなると、彼ら以外にどれだけ存在しているのだろうかと思う。

というわけで、基本、スチャダラパーに駄作は無く、どのアルバムも甲乙つけ難いのだけど、あえてその中からもう1枚選ぶとすれば、『WILD FANCY ALLIANCE』と肩を並べる高い音楽偏差値を誇る、10枚目の『CON10PO』を大々的にプッシュしたい。

デビュー当時の大看板だった”おもろラップ”をそっと脇に寄せ、元々旺盛だった批判精神をメインに据え、ますます冴えるビートに乗せて素知らぬふりして毒づきバトルを展開。「BD発言」、「Disagree〜涙のディスアグリー」、「荒野ウォーカー」、「ジャガジャ〜ン」などで吐き出される日々募る違和感、苛立ち、異議申し立て・・・これらを独自のアイロニー感覚と絶妙な言い回しによって、まるでカマイタチがごとくに切りつけ、相手は全く気が付いていないという、MC BoseとANIによる必殺仕事人顔負けのマイク・リレーが堪能できる。

そんな中にあって格別に穏やかで印象的なトラックが「5 cups」。彼らの特許技である”余談・雑談ラップ”の代表曲「サマージャム’95」を10年寝かせて熟成させた特級品のようなトラックとリリックだ。なんだかんだと彼らもアラフィフの仲間入り、酸いも甘いも辛いも噛み締めた末に滲み出ちゃう仄かな哀愁を、ここまでさらりとリリック化し淡々とライミングしたものを僕は他に知らない。

音楽偏差値がずば抜けているが故にたどり着いた、何も起こらない凪のような現状を、彼らはあるがままに受け入れノホホンとしているようにも見える。その反面、とびきりキャッチーな「マニュアル」や「ソング オブ ザ ヒル」を聴くにつけ、ホントは虎視眈々とドンデン返しを狙っているんじゃないかと思えるのは、僕の単なる気のせいではない気がする。
 

(曲のタイトルは全てCD表示によります)

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい