2624 件掲載中 月間賞発表 毎月10日
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

シンプルだけど大事な想い

sumikaが気付かせてくれたWonder Bridge

〜Wonder Bridge〜
 

sumikaのワンマンライブに行くのは
本当に久しぶりだ。
 

やっと会えるやっと聴けるやっと住処に帰れる。
そんな想いが最初に込み上げた。
新曲が発売して今回はライブハウスでの箱ツアーだ。
なぜアリーナやドームでライブができる人達がライブハウスでのツアーなのか疑問を持った。
 

私のsumika歴は長いと思っている。
でも、もっと昔から好きだった人
sumikaという名前でやる前から応援している人は沢山いる。
ファン歴が長いと必ずやってくる想い。
「あ〜またファンが増えるんだ。やだな」
新曲を聞いて
いい歌だね!いい声だね!
生で聴いてみたいな!
そういう気持ちでライブに応募する。
それは何もおかしい事ではないのに。
自分が好きなバンドが売れる事はとても嬉しい事。
でも新しいファンが増えて欲しくないという我儘な気持ちが出るのはなぜだろう。

sumikaは売れてきている。
これはみんな感じてる事実だ。
チケットもかなり当たらなくなっている。
それに対しての不満からなのか
新しいファンを敵対している自分がいるのも
事実だった。
 
 

なんとかツアー初日の高知に行けた。
規模は400人の小さなライブハウス。

ライブハウスに着くと色んなファンがいた
カップルで来ている人、友達同士できている人。

みんな私の”知らない人たち”が沢山いる
 
 

sumikaがステージに立ち最初の歌、
 

「春夏秋冬」

すぐに涙が出た。
この涙はなんの涙だろう?
嬉しい涙?悲しい涙?ううん違う。

sumikaの 音楽に対して の涙だった。
悲しいんじゃない嬉しい訳でもないsumikaが音楽を
【私達に向けて歌っている姿】に涙が出たのだ。
 

そしてこの歌を歌ってくれた。
 

      いついつも僕が笑えているのは
      きっと左と右にいつも
      温もりがそっと寄り添っていたから
      忘れないように思い出して
      「愛してるよ」と伝えなきゃね
      繰り返して
 

                 sumika/リフレイン

MCで、ボーカル片岡健太さんは

俺たちはライブハウスでしかできない事があると思ってるから、あなたの目を見て歌う事に意味があると思ってここまでやってきました。
 
 

「あ〜sumikaが好きだ」瞬間で思った
sumikaが居てくれればどこだってそこが”住処”になるんだ。
ファンが増える、周りに知らない人たちしかいないそんな事はどうだっていい
sumikaが好きというシンプルだけどとても大事な想いを忘れていたのだ。
無駄な感情を沢山持ち始めて寄り添っていてくれているsumikaにも不満を持っていたのは私だけだった。
sumikaは目の前にいる「あなた」
に向けて歌っていることは昔と今も変わらないのに。

リフレイン で思い出させてくれた。

sumikaを好きという最高で最強な共通点を
持っている人達を敵対し”知らない人”という括りにしてしまった。寧ろ仲間だった。
 
 
 
 

ここに橋を架けにきたんじゃない
あなたに橋を架けにきました。 

                片岡健太

これが今回のツアー名、Wonder Bridge
直訳すると奇跡の橋だ。

sumikaと私で繫る奇跡の橋。
一方通行ではなくお互いが行き来できる橋。
頑丈で丈夫な橋を架けてくれたのだ。
この橋がある限りいつだって私はsumikaと繋がれる。
sumikaが好きという最強な仲間とも繋がれる橋。
 

次のツアー名は Daily’s Lamp

架けた橋の向こう側で明るく優しい光を照らしてくれる。
私も最高で最強な仲間達と一緒に明るく優しい光をsumikaに灯したい。
 

私はずっとsumikaを愛している。
シンプルだけど
1番大事な想い。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい