3894 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

ぐちゃぐちゃな感情

NICO Touches the Walls活動終了によせて

 
 
11月15日、ふとTwitterを開けると目に飛び込んできたのはNICO Touches the Wallsの活動終了のお知らせ 。「解散」ではなく「終了」という言葉がどうしても理解できなかった。
6月に聴いたアルバムが本当にかっこよくて、「部活を引退したら、NICOのライブに行くんだ」とそう思っていたのに、その夢はもう二度と叶わない。
その現実に頭が追いついてくると浮かぶのは後悔ばかり。
「もっと早くNICOを好きになってたら」
「もっと必死になってNICOのライブを探してたら」
「去年のジャイガのライブをもっと近くで見てたら」
自分の想像以上にNICOの音楽が好きだったことに失ってから気づくなんて思ってもみなかった。

あれから、3週間たってNICOの曲も聴けるようになった。やっぱりNICOの曲はカッコいいし、いい曲ばっかりで。
「NICOが残してくれた音楽はたくさんある。NICOの音楽の全てが終わったわけじゃない。」そう思って折り合いをつけようとしても、「もうNICOの今の音楽も新しい音楽も聴けないのか」そういう思いがどうしても出てきてしまう。

「どうすればNICOの活動終了を受け入れられる?メンバーの方々は前に進むための決断をされたのに、何で私はNICOに関して前に進めないんだろう?」
ライブDVDを見ればその気持ちも少しは収まるかと思ったけど、涙が出てくるばかりで全然変わらない。
だってカッコよすぎるから。

「手をたたけ 手をたたけ 願う日は来ないけど」(手をたたけ/NICO Touches the Walls)

私が「NICOの曲が聴きたい、ライブを見たい」と願う日はこないのかと思った途端、この歌詞がものすごく悲しく聴こえてしまう。

この文章を書いてる今もまだいろんな感情が渦巻いてるし、言葉にできない感情もある。気持ちの整理の仕方があるなら教えてほしいとも思う。
でもこれは自分で決着をつけるしかないことも分かってる。
だからどうかもう少し受け入れるための時間をください。
私もちゃんと前に進みたい。

最後に、まだ感情はぐちゃぐちゃのままだけど、これだけは心から思っている。
NICO Touches the Walls の皆さん素敵な音楽をありがとうございました。そして15年間お疲れ様でした。私はNICOの音楽が大好きです。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい