3594 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

the pillowsにライブハウスのような映画館で出会った。

私もネギが嫌い

the pillowsとは多分ラジオで出会ったと思う。
ラジオを聴き始めたのは中学2年生。
Funny Bunnyしか知らないけど助けられてる1曲である。そんな中、30周年で映画をやると知り見に行きたかったのだが中々予定が合わず観るの諦めようかとおもったが、見にいってた友達に聞いたら絶対見たほうがいいと言われたので今、映画館に向かっている。小さな映画館でまるでライブハウスのような所で観るのははじめてで新鮮だった。

今、私は普通の会社で働いている。元々音楽関係の仕事につきたくて、でもなかなか1歩踏み出せずにズルズル就活をして結局一般企業に決めた。
いまの仕事に特に不満もないしまぁたまに愚痴を吐きながらなんとかやってる。けどライブに行くたびに私は「あーーー。音楽関係で働きたいなぁ〜」ってなる。
具体的にこんな事がやりたいとかはまだ正直わからないけど…。
なんだかこんな感情が映画と重なってピロウズのライブを見た事ないのに肯定してくれた感じがして涙がとまらなくなった。映画館が暗くてよかった。

今、この文章を書きながらもう一回泣きそうになってる。
また私を救ってくれる音楽に出会ったみたいだ。

映画を見終わってとりあえずイヤホンを耳に突っ込んで何か曲をと思ったが冬になっていく夜の空気と映画が何かを支配していてただ無心で信号を渡り駅の改札口に入っていった。ほんとはどこかで1杯お酒でも飲むかと思ったが誰にも話しかけてほしくない。この感情を誰にも話さず持って帰りたくなった為
家に向かっている。できれば家にも帰らずどこかの公園で1人になりたい。おっと、気がついたら自分の最寄駅を通り過ぎる所だった。

まだ自分の目標、夢は叶ってない、、、いや、叶えてないから絶対手に入れる。
そしていま私は祐介と同じようにハイブリッド レインボウを読みながらthe pillowsを大音量で聴いている。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい