3162 件掲載中 月間賞発表 毎月10日 コメント機能終了のお知らせ
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

私だけの「とっておきの唄」

BUMP OF CHICKENとの青春と現在

迷惑メールの多さに耐えかねて、15年ぶりにメールアドレスを変えることになった。
15年前に登録したアドレスは、BUMP OF CHICKEN「とっておきの唄」から作られた文字列だった。
そんな経緯で、最近あまり聴いていなかったこの曲を聴きたくなった。
 
 

遡ること16年。
高3の春、いろいろと悩んでいた私に友達が勧めてくれたのは、BUMP OF CHICKENの曲だった。
渡されたのは「jupiter」「ハルジオン」「スノースマイル」の3枚。あの「天体観測」が中学生の時だったから、BUMP OF CHICKENを知らなかったわけじゃない。でも、ちゃんと聴いたのは、この時が初めてだった。

カタカナの曲名が多いってことと、情景が浮かぶ歌詞が印象に残った。
 

その夏に、「オンリーロンリーグローリー」と「ユグドラシル」がリリースされた。またカタカナだなあなんて思いながら、今度は自分で買った。

「ユグドラシル」が、とにかく衝撃的だったのは覚えている。衝撃的すぎて、なかなか飲み込めなかった。音楽を聴いて、こんなに泣く自分にも衝撃だった。
 

他の曲も聴いてみたいと思っていたら、ちょっと前にインディーズ時代のアルバムが再販されていたという情報を手に入れた。お小遣いをやりくりして「FLAME VEIN」「THE LIVING DEAD」の2枚を買った。

「ユグドラシル」よりも、すんなりと心に入ってきたのを覚えている。好き嫌いの問題ではなくて、10代の私には、20歳前後のBUMP OF CHICKENが作った曲の方が、分かりやすかったんだと思う。

こちらはこちらで、歌詞カードとか、曲の雰囲気とか、また別の衝撃だった。まっすぐな表現に、心が震えた。

そんな流れで出会った「とっておきの唄」。
今思えば、

『BUMP OF CHICKENちょっといいかも。』

から、

『BUMP OF CHICKENハマったかも。』

に変わったのは、メールアドレスに使うくらい好きだったこの曲がきっかけだった。
 
 

“誰でも見かけホド強くないし
自分で思うよりも泣き虫だから
「一人で大丈夫」なんて絶対言わせない”

“ゆっくりでいいから
君が本気で笑って泣けるような
地図にもない場所へ”

「とっておきの唄」
 
 

泣くことを肯定してくれる歌詞に、どれだけ救われただろう。BUMP OF CHICKENを聴いているときは、安心して泣くことができた。
 
 

そこから15年の時を経て、いろんな条件がととのって、aurora arkツアーで初めてBUMP OF CHICKENに会うことができた。
曲はいつでもそばにいると言ってくれた。「お前ら」ではなくて「お前」を見付けに来たと言ってくれた。
その言葉をもらったあとに聴く「とっておきの唄」は、自分でも図々しいと思うけど、「君」が自分に向けられているように聴こえる。
 
 

“不安のつのるヨルは忘れないで
君のタメのウタがあるコト”

「とっておきの唄」
 
 

この頃も今も、BUMP OF CHICKENが伝えてくれることは変わらないのだと改めて感じた。だから、ここまで信じてついてきたのかもしれない。

私が聴いているときは、私のそばに、私のために、曲がある。どの曲も全部、私だけのとっておきの唄になる。
 

結局、新しいメールアドレスもまた、BUMP OF CHICKENにまつわる文字列にしてしまったことは、言うまでもない。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい