3162 件掲載中 月間賞発表 毎月10日 コメント機能終了のお知らせ
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

バレーボウイズが変えてくれた私の世界

全部全部、人間らしくて大好きだ。

私はときどき、何もかもがどうでもよくなる。
自分がいなくても世界は変わらずに動いていくのだと思うと、
毎日社会の波に揉まれて生きている日々が馬鹿らしくなってくるし、
別に孤独だって構わないんだとも思ったりする。

だけど、本当はそうじゃないと知っている。
 

バレーボウイズとの出会いは、あるサーキットイベントだった。名前を知っている程度だったけれど、約30分間のライブが終わる頃には、完全に彼らの音楽の虜になっていた。何故か昭和の少年少女を想起させるような音、ステージの上で勢いよく踊りながら歌う彼らの姿と、揺れる真っ赤なワンピースが脳裏に焼きついている。こんなバンドがいるんだ、と衝撃を受けた。そして、その日最後に演奏された曲が、「人間大好き」。満員のフロアも最高潮に盛り上がって、『飯食って風呂入って』のコールアンドレスポンス、最高に気持ちよかった。 
 

『飯食って風呂入って寝るだけ 単純明快な体
 今夜のおかずは何かな はらへりゃちからもでねぇわ』
 

それ以来、バレーボウイズをよく聴くようになった。
私は今年から大学生になり、一人暮らしを始めた。興味があったはずの勉強は難しいし、あまりに暗記量が多くて心が折れそうになる。一度、大事なテストの当日、朝方まで勉強していたら寝過ごしてしまったことがあった。結局、再試験を受けさせてもらえることになったけれど、その日は落ち込んで一日中外にも出たくなかったし、誰とも笑って話せる気がしなかった。自分が恥ずかしくて顔を上げられなかった。後で考えれば大袈裟かもしれないけれど、他にもいろいろな所で感じていた自分の無力さと情けなさが募って、全てが嫌になりかけていた。そんなとき、偶然「人間大好き」がスマホから流れ、気づいたら涙が溢れていた。
 

『あぁもう 何もいいことねぇなんて
 そんなこと言うなよ そんなこたぁ嘘だろ』

『もう全部全部 消えて無くなっちまえばなんて
 そんなこと言うお前も 大好きだよ』
 

この歌詞に何度救われただろうか。こんなことで落ち込んでいる自分がなんだか可愛く思えてくる。人付き合いが息苦しくなって大事なものを手放してしまったり、それなのにキラキラした世界に憧れてしまったり。簡単に崩れてしまう関係に虚しくなったり、自分に自信が持てなくなったり。また楽な方へと逃げてしまったり。平凡に生きていても心には複雑な感情が渦巻いている。時に薄黒かったり、光に満ちていたりするそれは、肯定されていいんだ。感情があるから人間って面白い。
 

『冬の凍えそうな 夜空の下で 大きくくしゃみを一つ
 もう夜だよー!!』
 

転んでも必死に頑張っている人はやっぱり格好いいし、
弱くても怠惰でも時に失敗しても、それが人間らしさで。
人と関わるからこそ楽しみや幸せが生まれるんだ、
一人きりで生きるなんて寂しいこと言うなよって、
そう手を差し伸べてくれているようだった。

自分が嫌になって、どうしようもなく情けなくなる日が私にはあるし、きっと誰にでもあるのだと思う。でもそんな日には耳にイヤホンを挿して、大好きな音楽を聴きながら歩いてみる。勇気を出して一歩外に出てみれば、悩んでいたことは意外と簡単に乗り越えられたりする。

全部受け入れた上で、大好きだと言えること。
それって何だか良いよなあ、と思う。
泥臭さも腹黒さも、良い所も悪い所もあるけれど、
全部全部、人間らしくて大好きだ。
今日もまた変わらない朝を迎えて、
いつものように「人間大好き」を口ずさみながら、
大学まで自転車を漕いでいる。
 

『あぁ〜こんなか弱い僕ら 人間大好き』
 
 
 

(※『』内は バレーボウイズ「人間大好き」より引用)

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい