3904 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

そして今夜もまた、日本のどこかで・・・

ASIAN KUNG-FU GENERATION『ファンクラブ』の快楽

初めてASIAN KUNG-FU GENERATION(以下アジカン)を聴いた時、なぜかとても新鮮に感じられた。シンプルで力強い推進力のあるビート、溜めて溜めて一気に爆発するエモーショナルなヴォーカル・・・アジカンが実際にやっていることは特に目新しいというわけではないし、こういうパワー・ポップ的なバンドは結構沢山あるのだろうけど、ここまでインパクトの強いサウンドはあまり聴いたことがない気がした。

これが俗にいう新感覚というものなのだろうか。僕はその言葉自体をあまり好まないし、そうと言われているものにはほとんど興味が持てないのだけど、アジカンには本当に何か新しいことが起こりそうな、そういうワクワクした気分を高揚させる何かが備わっているように思えた。

ヴォーカル後藤正文(以下ゴッチ)は何かを切実に訴えかけるように歌っているのだけれど、正直、何を言っているのかがあまりよく聞き取れない。もともとゴッチの詩は直接的な表現がさほど多くないようにも思えるし、歌い方も意識的に崩している感がうかがえる。でも、僕がアジカンに求めるものが、メッセージ性よりもむしろサウンド的な気持ちよさにあるためか、歌詞カードを確認するようなことはほとんどしていない。

そういうどちらかといえば音派の僕が、アジカンの中でダントツによく聴いているのが3枚目の『ファンクラブ』である。一般的にはその前の『ソルファ』や『君繁ファイブエム』が代表作とされ、コアなところだと『ワールド ワールド ワールド』や『マジックディスク』あたりの人気が高く、『ファンクラブ』はちょっとダークで異色な作風という位置付けらしい。しかしながら、僕は『ファンクラブ』を特に抵抗もなく受け入れていたので、そういった評価の方が逆に意外なものに思えたし、イラストものの中で最も地味なジャッケット・デザインも一番気に入っている。

そもそも『ファンクラブ』を異色でダークと感じたことは一度もない。それは歌詞の内容をほとんど気にしていないからなのか、異色やダークの基準が他人とズレているだけなのか、その辺は正直わからないけれども、ドラマチックで勢いがあって開放的な「ワールドアパート」や「ブラックアウト」を聴いていると、落ち込んだ気持ちもどこかへ吹っ飛んでしまうし、喪失感を漂わせる「桜草」ですら、何らかの希望を抱かせるように聴こえるのは偽りのない事実である。

それと、このアルバムをよく聴く大きな理由の一つはドラムにある。もともと無類のドラム好きというのもあるけれど、『ファンクラブ』はとにかくドラムが気持ちいい。中でも「暗号のワルツ」、「ブルートレイン」、「バタフライ」みたいな曲は、このアルバムでしか味わうことができない、ドラムを聴くささやかな幸せみたいなものを感じさせてくれる。

オープニングの「暗号のワルツ」が始まると、自動手に血圧が少し上昇するのがわかる。スネア・ロールやハイハットの音がとにかく大好物な僕にとっては、糖質やコレステロール以上に危険な物質であることは間違いない。意識的にずらしたリズムがいつのまにか元通りになるという小技も、気持ちが良過ぎて頭がクラッとする。そこへ持ってきてアルバム屈指の名曲「ワールドアパート」と「ブラックアウト」のダブル・カウンター・パンチが炸裂し、序盤の3ラウンドで速攻ノックダウンを食らう。

そんな超高カロリーで危険な『ファンクラブ』の中でも特別に僕の心を捉えて離さないのが、最後の2曲「月光」と「タイトロープ」である。この2曲は二つで一つ、「月光」は「タイトロープ」を最高のテンションで聴くための壮大なイントロダクションだと思っている。静寂なピアノが流れ、その音色がフェイド・アウトし、地響きのようなバスドラの連打と夜空を彩るようなギター・シンフォニーを浴びて全身が総毛立つような感覚を覚える。

興奮冷めやらぬまま「月光」が終わり、気分が最高潮に達したところに憂いを帯びたギターが流れ、ドラムを合図に一気に爆発炎上、アジカン屈指の感涙曲「タイトロープ」が幕開けされる。詩に関して無頓着な僕も、この曲だけは歌詞カードをちゃんと確認している。正直ちょっとくすぐったい感じもしないわけではないけれど、ゴッチがあの声で歌い出せば、もう一緒に歌うしかなくなってしまう。繰り返されることのない、たった一度だけのサビのところにさし掛かると、毎回感極まってなかなか一緒に口ずさめない。

そして今夜もまた、日本のどこかで僕と同じようにちょっと泣きそうになりながら、独り「タイトロープ」を口ずさんでいる人間が、多分何人かはいるような気がする。
 

(曲のタイトルは全てCD表示によります)

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい