3575 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

ありがとうを伝えにライブに行く

SCANDALに支えられた1年

レディクレ で今年のスキャ活納めをした。

SCANDALに出会ったのは約4年前。
友達のすすめでイヤホンから聴こえたHARUNAの声に心地良さを感じて。
ワンマンではなく対バンのライブに行きそこから急速にはまった。
 

4人の音と音、声と声の重なりが絶妙で。毎回ライブで化学反応が起きる。

4人の関係性、人となり。知れば知るほど好きになりいつしか4人が私の憧れになりました。

曲調もわかりやすい。ストレート。

2、3年前からSCANDAL自身で作詞作曲も手がける。昔の曲も今の曲もすべて色褪せず時代を重ねるごとに深みが増している。

色んなアーティストの曲聴くけど一周回ってSCANDALにもどる。いつだって聴いてる。
 

去年の11月頃からお母さんの体調が悪く入院。
鼻から呼吸器をつけ、至る所に伸びる線。
愛知の実家から千葉に帰る帰り道、現実と非現実を徘徊。

「お母さんが1番辛いのに泣くなよ。」
自分に言い聞かせるけど涙は止まってくれなかった。いつだってSCANDALの曲を聴いている。
 

お母さんが亡くなって2カ月くらい後に、
SCANDALが個人レーベル立ち上げ第一弾シングル

マスターピースを発売。

これほどまでってほど今の自分と重なる

曲にかけた想い
楽しいこと、辛いこと、悲しいこと、色々あるけど
自分が通過してきた毎日が重なって出来た今が
それぞれのマスターピース(傑作)だよ。

その言葉を聞いた時、自分の中にあるどうしようもできない気持ちが涙で浄化された。
 

ファンレターにいろんな気持ちを4枚にもわたる文章で綴り、プレゼントBOXにいれた。

その後、CD購入者特典 メンバーから直にポストカードを受け取れるイベントでメンバーのRINAから
「手紙読んだよ。がんばれ!!」て。

後から後から込み上げてきて。その時は何も言葉を返せなくて。

言葉や歌から大丈夫だよて言われているようで。1人じゃない、いつだって応援してるよって言われてるようで。
 

永遠に続くことなんてない。当たり前なこともない。
だからこそ、SCANDALのライブに行く時は
 

ありがとうを伝えにライブに行く。

来年、ドラマ主題歌、ゲゲゲの鬼太郎のED主題歌、
ワールドツアーもはじまる。

色々なことに挑戦する姿を見て、私も色々なことに挑戦しよう!!
そんな決意をした年末。
 
 
 
 

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい