3561 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

安定を求めずに

「なにもしらない」を力に出発するBBHF

私はずっと不安の中にいる。
過去も未来も今も全て私を不安に連れ去る。
そう思いながら、ナニカから逃げている私がいる。
 

結果、ダラダラとした毎日を過ごしている。
自己嫌悪。嫌悪。嫌悪。

こうしていつものようにダラダラとYouTubeを見ていると、いつもは無視している‘ あなたへのオススメ ’が目に入った。
 

なにもしらない / BBHF
 

──ナニカが進んだ
 

今までの私は、未来へ進む曲を自然と避けていた。
理由はわかっていた、今のままで安定してるから。
〝このままでいいのか〟と原動力となる気持ちは湧くのだけれど安定は重力みたいに無意識に強かった。

間違いなく「なにもしらない」は未来へ進む曲だ。
疾走感のあるメロディ、力強いリズム、突き抜けてゆくような歌声、MVの走っている人…
それらは私が避けてきた未来へ進む曲の権化ともとれる。

しかし、私は「なにもしらない」を聴き入ってしまった。

歌詞だ…
今と向き合わせるものだった。自然と。
 

《 僕らは何にもしらない 何にも知らない
そこで居場所を描いて 戸惑っている
涙を流せば 傷は濡れる わからないことは愛の掟だって 言えばいい 》
 

それはただただ、今の何も知らないで戸惑っている、停滞しているという現状を表しているだけかもしれない。
だけど、その現状と相まって、
疾走感のあるメロディ、力強いリズム、突き抜けてゆくような歌声、MVの走っている人は過去の浄化の象徴となっていた。
 

だからだ。

ずっと安定していたものか解き放たれた。
私は不安定へと発進した。
だけど、安定に囚われているよりもはるかに、不安はなかった。

私自身が進んだ

BBHFのこれまでとこれからの発進がさらにそれを加速させていく。
 

「なにもしらない」は私たちの原動力を力強く押し出してくれる1曲だ。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい