3561 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

三者三様の恋模様

wacciアルバム「Empathy」から女性目線の3曲

『別の人の彼女になったよ』
この曲は今やwacci(ワッチ)の代表曲になっている。
「wacci」というアーティストは知らなくても、この曲は知っているという人も増えている。

私がこの曲を初めて聞いたのはリリース発表より前、京都でのアコースティックライブだ。
会場の雰囲気がとてもよく、アコースティック編成ということもあって、心地よい気持ちでその日のライブを聞いていた。
そして未発表曲をやるというので姿勢を正し聞いた曲が『別の人の彼女になったよ』だ。

聞き終わった私の感想は(なんだこの歌は!)だ。
もちろんその場で共感して泣いている人もいた。
YouTubeのMVコメント欄は、多くの共感した人が自身に置き換えて恋愛エピソードを綴っている。
でも私は、感情的でワガママな元彼もダメだし、現実的で自分の理想を押し付けてる今彼もダメじゃん。
あなたはそれで幸せなの?
なにより今までの「wacci」らしくない。
と当初感じたのだ。
同時に、リリースしたらwacciを知らない人にも聞いてもらえる曲になりそうとも感じていた。

そしてこの曲はリリースされ、アルバムに入り、色々な人にカバーされ、時にバズりながら2019年12月発売のアルバム「Empathy」にもボーナストラックとして収録された。
 

アルバム「Empathy」には女性目線の曲が他に2曲収録されている。
『足りない』と『三日月』だ。

『足りない』
恋愛関係を解消したのにも関わらず、都合のいいときにだけ会いに来る元彼との決別を決意したような曲だ。

“今度こそはちゃんと さよならをしよう
あなたを終わらせなきゃ
私を始められないから
今度こそちゃんと さよならをしよう
私が好きになったあなたは
もうこの世界にいない”

残り香のように漂う「好き」という感情を絶ち切ろうと決意をしているが、まだ行動には移せていない。
そんな様に聞こえる。

『三日月』
相手には愛すべき人がいて、それでも好きになってしまった。この恋を終わらせることを選べない。そんな曲だ。

“こんなに憎い 知らない誰かを
きっと素敵な人だと思えるのは
その人のこと 話してる時の
あなたの顔が 一番愛しいから”

相手にとって一番ではないことわかっている。
それでも今はまだこの気持ちを持ち続けていたい。
そんな様に聞こえる。

『足りない』『三日月』それぞれの恋模様が『別の人の彼女になったよ』で感じた(あなたはそれで幸せなの?)に答えてもらえたような気がした。
彼女たちは現実を見ることができているし、幸せになるためにもがいている。
その微妙な感情を歌にしているのだと。

そう感じた時、初めて『別の人の彼女になったよ』も「wacci」の曲のひとつだと思えるようになった。

『別の人の彼女になったよ』で違和感を感じた人にもアルバム「Empathy」を聞いてもらいたい。
彼女たちの恋愛に同意はできなくとも、きっとなにかが感じられるはずだ。
 

「あなたにとって幸せな恋」していますか?

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい