3141 件掲載中 月間賞発表 毎月10日 コメント機能終了のお知らせ
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

4ma15の夜の世界

空っぽの心を満たす囁く歌

4ma15。UTAUの世界の人。
ボーカロイドとは違う。

私がこの人に出会ったのは数年前のこと。

この人の曲を聴いた時、なんとも言えない虚しい心が救われた気がした。

その曲は、「泣けど喚けど朝がきて」

重音テトの叫ぶ声、囁くような声がこの曲に合っていた。

生きる意味はなんなのか。僕らは生きていていいのだ。
この世はこうなのだ。

学校では教えてくれない、この社会の本質。

〈桜の花に 群がる人に 名もなき花は 踏み潰された〉
〈「どれもみんな綺麗だ」なんて 上から目線でよく言うよ〉

桜の花は綺麗だと人は群がるのに、踏み潰された花には目もくれない。
そして、「どれもみんな綺麗だ」は、矛盾している。

これは人の心の醜さを表しているのかと思った。

そしてサビの
〈どうか 夜よ 明けないでくれ
等しく 薄暗い このときのまま〉
〈どうか しばらく いさせてくれ 願えど 時は過ぎて〉

自分たちは醜い。だが夜ならばそれを隠すことができる。

そんな意味が込められてる気がした。

最後、
〈こんな世界に 縛り付けて〉
〈思考を侵して 夢に駆り立てる〉
〈二重螺旋の 鎖は今日も 解けないまま〉

まさしく、学校だと感じた。

学校では夢を持ちなさい、あなたはこの道に進むべきです、社会の役に立ちなさい。

学校を批判したいわけではない。
社会の機能も批判したいわけではない。

ただ、本当にそれで正しいのか、私には疑問が残るばかりになった。

それでも、こんな私でも、逃げる場所があると改めて感じられる曲だった。

世界に縛り付けられない、真っ暗な中では自由だと。

何をしていいのか、分からない心の中を埋めてくれた曲。

そしてこの人、4ma15がだした最新の曲、
「然れど応答は冴えず」。

私自身の疑問をそのままにしたような曲だった。

この人は改めて凄いのだと実感する。

この曲を歌うUTAU、重音テトは
高音では叫ぶように、低音では囁くように、
それが私の心を満たしてくれた1つの要因であるのだと思う。

また思い悩んだ時、ここに戻ってこられるのはとても幸せなことであると改めて実感した。

夜が、明けなければよいのにと、夜が早くこないのかと、昼間、太陽の下で願った。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい