3141 件掲載中 月間賞発表 毎月10日 コメント機能終了のお知らせ
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

米津玄師の存在に,感謝を。

私の人生を決めた楽曲たちを作り出す創造者

2月2日,白い息が凍る中での第一志望合格発表。私の番号は後半。
紙がめくられ,広げられ,貼られた瞬間,凝視していた私は叫び出したい衝動に駆られた。

合格した。合格した。誰もが不可能だと言ったことを私はやり遂げた。私は合格した。

とにかく嬉しさで一杯だったその日の帰り道には,丸の内線の車内で“TOXIC BOY”と“メランコリーキッチン”を聴いた。

そう,いつだって彼の曲は私のそばにいてくれた。寄り添っていてくれた。
絶望に身を投げ出し,自己憐憫に浸っていた時も。
ないやる気を出そうとして叫び,もどかしさに涙を流したあの日も。
書き殴られたようなノートの横には,米津玄師の歌があった。
その時の気分によって,ボカロ,マトリョシカやドーナツホールを聴いたり,メジャーすぎるとはいえ超名曲のLemonをリピートしたり。ときには知る人ぞ知る,“結ンデ開イテ羅刹ト骸”に聞き入ったり。
独特すぎる曲調に狂気をのぞかせる“Flamingo”の私のリピート回数は365回。一年分の切りのいい数字にふと笑ってしまう。

私は彼の曲を愛してしまった。それまで音楽なんてものには興味のかけらも見せず,教科書の文部省唱歌が本物の歌だと思い込んでいた私は。

彼が好きだというと,「流行に乗っているね」という人もいるが,そうではない。純粋に唯一無二の存在だと言えるアーティストであり,表現者であるから彼の曲を愛するのだ。実際私は,彼が紅白でLemonを生歌唱したときには見向きもしなかった。少し乗り遅れた。
でも彼の声を聞いて分かった。

この人は,すごい。
本当にすごい。
表現力がすごい。曲作りの根底にある語彙力もすごい。とにかくすごい。…すごいしかいえない。

私はこの人に救われた。
絶望の淵から救ってもらった。
勇気をくれた。
本当に,私の人生を決める手助けをしてくれた。
ありがとう。
本当にありがとう。
あなたの楽曲に出会えなかったら,私は落ちていたと本気で思う。
ありがとう。
私の未来を切り開いてくれてありがとう。
これからも,私はあなたの曲を聴き続けます。
あなたのファンであり続けたいと,思います。
大好きです。ありがとう。
 
 
 
 
 
 

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい