3563 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

涙が止まらない孤独な夜との別れ

チャットモンチーのくれたLove Letter

私は、チャットモンチーの二人、いや三人が作詞にて紡ぐ世界観が好きだ

ボーカルの絵莉子さんが紡ぐ、普段感じないところに着目して描かれた、
個性的かつ可愛らしい歌詞。
ドラムの久美子さんが紡ぐ、皆を温かく包み、励ましてくれる歌詞。

そして、ベースの晃子さんが紡ぐ歌詞。
女の子の中の深層心理に着目して描かれた、可愛らしくて胸に響く歌詞。
私はチャットモンチーに出会った際、彼女の紡ぐ歌詞の虜になった。

ここでは、初めて聴いたとき涙が止まらなかった曲、
「Last Love Letter」について、語らせていただきたい。

私にはよく、涙が止まらぬ夜が訪れる。

誰かの何気ない言動を反芻し、零れる涙。
誰かへの溢れる想いを伝えられぬと、零れる涙。
自らの不甲斐なさ、怠惰な性格を憎み、零れる涙。
常に誰かに迷惑をかけていると恐れ、零れる涙。
昼間元気に振る舞った落差から来る落胆により、零れる涙。

挙げ出したらキリがない。
一度泣き始めると、自分の人生を省み人生で嫌だったことを総ざらいしてしまう。
そうやってどんどんエスカレートしていく。

泣くことで人は楽になれるとよく言われる。
しかし、私は楽になるどころか、更に落ち込むのだ。

そんなときだった。
チャットモンチーに出会い、衝撃を受けたのは。

わたしの知らないところで 傷ついてはいませんか?
誰も見えないところで 泣いてはいませんか?
涙は 他人に見られて 初めてカタチになるの
涙は 他人に見られて 初めて輝き出すのです

Last Love Letter / チャットモンチー

はじめて聴いたとき、はっとした。そして、涙が零れた。
チャットモンチーの三人に支えてもらいながら零れた、温かい涙だった。
私は久しぶりに、涙を零すことで楽になれたのだった。

私はここのところ、常に一人で泣いていた。
幼少期から「泣き虫」であり、私が泣くたび、嫌そうな顔をする人がいた。
いつからか、人前で泣くと迷惑をかけると思うようになった。

誰かに甘え、泣いてみるのも良いかもしれない。
考えてみれば、私の周りの皆は、常に私を優しく見守ってくれている。
そんな彼らになら、甘えても、涙を零しても、受け止めてくれるのではないか。
そうしたら、私も楽になれるのではないか。
涙が止まらない孤独な夜に、別れを告げられるのではないか

そう思わせてくれたチャットモンチーには、晃子さんには、
感謝してもしきれない。

私は、チャットモンチーが「完結」した後に好きになった。
彼女たちが歌っている姿を、自分の目で直接見ることはないだろう。
しかし、私の心には彼女たちの紡いだ歌詞が、奏でる演奏が、歌声が、全てが、
いつまでも、いつまでも、色褪せることはないだろう。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい