3690 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

いつしか僕らはブラック・パレードを歩んでいた

My Chemical Romanceの耽美な復讐を祝して

 彼らのスウィート・リヴェンジが始まった。
 My Chemical Romanceは6年間の解散状態を経て、2019年10月に再結成を宣言。
 これを機に彼らの楽曲を聴き返している、かつてのキッズたちも多いのではないだろうか。
 かくいう僕も、その一人だ。

 マイケミと出会ったのは、高校生の時。
 CDショップで彼らの3rdアルバム『The Black Parade』を見つけ、そのアートワークに心を惹かれた。

 煤けたジャケット。
 荒々しく書かれた「MyCHEMICAL ROmANCE」の文字。
 それに引換え、控えめに小さく描かれた、一人の骸骨。その骸骨はマーチングバンドの指揮者の格好をして、胸を張り、たった一人で行進をしている。
 その足元に刻まれた、アルバム名『THE BLACK PARADE』。
 アートワークとバンド名とアルバム名、その全てが僕の心を鷲掴みにした。
 
 しかし、この魅力的なジャケットは、楽曲が紡ぐ壮大な物語の入口に過ぎない。
 オープニング曲『The END.』が心電図モニター音で始まると、続く『Dead!』から先も、一貫して「死」をテーマとしたコンセプチュアルな楽曲が並ぶ。
 テーマは一貫しているが、その描き方は曲により様々だ。
 ある曲は激しいシャウトと歪んだギターでラウドに、ある曲はピアノの旋律でメロウに、またある曲は軽快なリズムでコミカルに——そしてシニカルに。
 全ての楽曲が様々な手法で、人の「死」を描いている。

『The Black Parade』のテーマである「死」は、誤解を恐れずに言えば、若者にとって奇妙な魅力を持つ言葉だ。
 人を生かすための社会に生きづらさを感じ、そのカウンターとしての「死」に惹かれる。
 多かれ少なかれ、若者にはそのような感性があるのではないだろうか。
 少なくとも、たぶん僕はそうだった。
 だからこそ僕はマイケミに夢中だったし、素晴らしい楽曲が、さらに特別なものとなっていた。

 …それから年月は流れ、気がつけば僕は一介のサラリーマンとなった。
 生きづらい社会に反発だけしているわけにもいかず、多忙な日々の中で、その一瞬一瞬を何とか生きている。
 かつてマイケミと出会った頃に比べると、良くも悪くも、違う物差しで世界を見るようになったと思う。
 大げさに言えば、あの頃とは死生観が、きっと違う。
 
 それでも、いつか「死」を迎えるという事実は変わらない。
 死生観が多少変わろうとも、あの頃と同じく「死」は無視できない言葉だ。
 だからこそ、今でも『The Black Parade』の価値は色褪せない。
 むしろ歳を重ねて「死」が近づいたぶん、楽曲のもつ意味は、より深くなったかもしれない。

 例えば2曲目の『Dead!』。
 この曲は、死の淵に立つ若者の心情を、呆れるほど軽やかな曲調で描く。
 まるで「死」を肯定するようなこの楽曲は、ともすれば不謹慎と言えるかもしれない。
 そしてこの曲はこんな歌詞で締めくくられる。

《人生がジョークじゃないなら なぜ僕らは笑ってる? 人生がジョークじゃないなら なぜ僕は死んでるんだ?》。

 人生がジョーク。
「死」を肯定し、「生」を否定するような歌詞。
 確かに不謹慎かもしれないが、でも待ってほしい。僕らは似たような感覚で、日々の生きづらさを乗り越えていないだろうか。
 苦しかった出来事を笑い話に変え、そしてまた前へと進む。
「ホント、ツイてないことばっかでさ」と軽く自分を否定できるから、明日も生きることを肯定的に捉えられる。
「生」の否定による「生」の肯定。そして「生」否定の最たるものこそ、「死」の肯定ではないだろうか。
“どうせ死ぬんだ、笑えばいい——”。そんなメッセージを、僕らは『Dead!』に見出すことができる。
 この曲だけじゃない。「死」を描くアルバム全ての楽曲は、生きようとする僕らの心を刺激してくれる。
 
 つまり僕が言いたいのは、My Chemical Romanceはキッズのためだけのバンドではないということ。
 たとえバンドTシャツではなく、窮屈なスーツを着て満員電車に揺られていようとも、彼らの曲を聴いていいということ。
 聴く価値があるということ。
 もしあなたが久しく聴いていないのであれば、もう一度聴いてみませんか?ということ。
 今だからこそ、曲が心に響く。
 
 あの頃、マイケミは僕にとってのヒーローだった。
 僕には表現できない、声なき声を声高に叫ぶ、憧れのダークヒーロー。
 でも今は少し違う。「憧れ」というよりも、僕を支えてくれる古い友人のように感じる。
 そういえば『Welcome to the Black Parade』ではこう歌われていた。《僕はただの人間 僕はヒーローじゃない》。
 まさしく、そんな感覚。
 僕にとって彼らは、フィクショナルな存在ではなく、もっとリアルな存在になった。
 例えるなら、かつてブラック・パレードを沿道から眺めていた僕は、年齢を重ねて、気づけばパレードの行進に加わっていた——みたいな、そういう感じ。
 僕が加わったそのパレードの向かう先は、もちろん「死」だ。
 でも、それを恐れる必要はないし、終着点を迎えるまでは笑っていればいい。彼らは、そう教えてくれている。
 


 
講評
My Chemical Romanceのアルバム『The Black Parade』を軸に、リリースから10年以上が経過した今でも色褪せない楽曲のメッセージと、投稿者自身の受け止め方の変化について書かれた作品。アルバムのテーマが的確に解説されると同時に、今だからこそ感じられる楽曲の魅力が見事に表現されていました。年を重ねるとともに作品の聴こえ方が変わり、それでもなお心が揺さぶられるという音楽体験は美しく、引き込まれました。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい