3185 件掲載中 月間賞発表 毎月10日 コメント機能終了のお知らせ
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

Kさんへ

Pay money To my Painに出会えてよかった

coldrainが主催のブレアフェスで、久しぶりにステージに戻ってきたPTP。

残念ながら、直接見ることはできなかった。
でも、PTPのメンバーや、仲間たちが載せた写真やツイートを見ていると、改めてKさんへの感謝の気持ちを書きたくなった。
 
 

私がPTPを知ったのは2013年。
Kさんが亡くなってから半年後くらいだった。

その頃、ワンオクにどハマりして、そこからPTPに辿り着いた。

今までラウドロックというものを聴いたことがなかった。というか、自分から聴こうと思ったことさえなかった。

でも、PTPに出会って、Kさんの歌声を聴いて純粋にかっこいいと思った。

それまで、ポピュラーな曲やその時に流行っている曲ばかり聴いていた。

だから、ある意味、衝撃だった。
こんなにかっこいい音楽があるということも、それをめちゃくちゃかっこいいと思っている自分自身にも。

まず単純に、Kさんがシャウトしている声が大好きだ。

特に、”Sweetest vengeance”の冒頭のシャウトを聴くとたまらない気持ちになる。
言葉はない、ロングトーン。
そこには、言葉にならない思いが詰まっているような気がする。
言葉にできない複雑な感情が、ひとつの叫びとなって吐き出されている。
日常の中で、上手く表すことのできない思いを、代弁してくれているような気がして、このシャウトを聴くと少し気が楽になる。

そして、誰にも真似出来ない、彼にしか出来ない歌い方も大好きだ。
“Atheist”のように、力強く、疾走感溢れる声で歌うものもあれば、
“Home”のように、別人かと思うほど、繊細で、脆さをはらんだ声で歌ったり、
“dilemma”のように優しく、語りかけるように歌ったりもする。

直接彼が歌っているところを見たことがないし、Kさんのこともよく知らない。

それでも、曲を聴いていると、PTPの音楽は、Kという人物そのものなんじゃないかと思えてくる。

そう感じるくらい、エモーショナルな時もあれば、繊細な時もある。強さと弱さをあわせもった歌声だと思う。

それは、自分自身をすべてさらけだして、身を削って、歌っている証なのだと思う。
 
 

そんな彼の声に魅了されて、アルバムも買った。

既にレコーディングしていたものと、彼と親交があったボーカリストたちが参加する形で構成されたアルバム、「gene」。

このアルバムを聴いてますますPTPを、Kさんを好きになったし、彼が多くのバンドマンたちに愛されていることを知った。

このアルバムを聴くと、尚更、彼が死んでいるなんて信じられなかった。

それでも、Kさんが亡くなってから丸7年が過ぎたらしい。

7年という月日を感じさせないくらい、今もPTPの音楽は身近なものだ。

今でも無性にPTPの曲が、Kさんの声が聞きたくなるときがある。

彼の歌声を聴くと、妙に安心できる。
迷ったり、落ち込んだりしても、なぜかそれでいいんだと思える。
良い時も悪い時も、自分は自分。
それでいいんだと、すべてをさらけ出した声が諭してくれているように感じる。
 

Kさん。

ラウドロックを知らなかった私に、新しい世界を教えてくれてありがとう。
こんなに素敵な音楽に出会えて本当に良かった。
Kさんの声は唯一無二です。
生で聴くことができなかったことは、一生後悔するだろうし、もう新たな曲を聴くことができないのは寂しいです。
でも、あなたを愛している仲間たちが、これからも、音を鳴らし続けて、私と同じようにKさんと出会って良かったと思う人が増え続けていくと思います。
Takaがこう綴ったように。

“We are your voice
We are still with you” (”Voice”)

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい