3575 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

「ただいま」、「おかえり」

OAUとのはじめまして

TOSHI-LOWという人物に興味を持ってから約5年、BRAHMANのライブには何度も足を運んでいたが、
初めてOAUのライブを見に行くことができた。

2つのバンドの違いについては、本人たちが語っているインタビューやOAUを見た人たちの音楽文を読んで、何となく分かったつもりになっていた。
私が今日初めて見た率直な感想は、「優しくてあたたかい、でもやはり強くてかっこいい」。

何度も味わってきた、全身の血が沸き立つようなあの高揚感はない。
会場いっぱいの歓声、手拍子、指笛の音、子どもたちの声、優しいけれど力強い2人の歌声、時折メンバー同士笑顔で目を合わせたり飛び跳ねたりしながら奏でられる音に、心の自分でも知らなかった部分が震え自然と涙が溢れた。

ライブハウスで汗だくになりながら一緒に中指を立てるTOSHI-LOWさんが、今日は冗談を飛ばしたり私たちに手を振ったりしながら歌っている。人間らしくて、面白いなと思った。またこの人に魅せられてしまった。
生きていれば多かれ少なかれ、裏切られたり人を嫌いになってしまったりする。もう誰も信じられないと思うことすらある。でも、それでもこういう人がいるのなら、私は人間を好きでいたいし諦めたくないなと思った。

ライブの中盤以降、初めて生で聴くはずの曲たちに懐かしさを感じている自分に気づいた。久しぶりに故郷に帰ってきたときのような気持ち、地元の岩手から遠く離れた、東京渋谷でそんな気持ちに。
本編最後の曲「帰り道」を聴いたとき、本当に「おかえり」を言ってもらえたような気がした。

今日ここに足を運ぶまで、ひとりで行くホール公演に不安を抱えていたが、杞憂であった。
OAUの音楽は、誰のことも独りにしない。
言い知れぬ孤独を感じたら、OAUの音楽を聴こう。そしてまたライブに足を運ぼう。優しくてあたたかいあの音楽たちに「ただいま」を伝えるために。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい