3894 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

Sugar

国民的“アイドル”嵐の真骨頂

 
去る2020年2月某日。
ついに嵐の全アルバム全曲サブスク配信が始まった。
その報を受けて、何人ものファンがこぞって声高に「Sugar」を推し始めた。
俄かに色めき立つSNSを眺めながら、私もその迸る情熱に深く頷く。
さすが同士。「分かって」いるな、としたり顔で頷いてしまったりした。
そのくらい、ファンの間で「Sugarはヤバイ」という事実は、まるで共通認識の如く知れ渡っていたのである。
これぞ“アイドル”嵐の真骨頂、嵐が嵐たる所以である、と声を大にして叫んでしまうほど、ハイクオリティな楽曲なのだ。

以下、個人的な主観を元にこの曲を推させていただく。筆者に音楽知識や音感などというものはないので完全に素人語りではあるが、ぜひ。

まず冒頭、相葉雅紀の天才的囁きのフレーズから始まる時点で勝ちは決まっていた。
バラエティ番組で彼をよく知る方には意外に思えるかもしれないが、嵐一甘い歌声を持つのは実は彼だと思う。
彼の、しっとりと柔らかく甘い、ベルベットのような舌触りの、濃厚で中毒性のあるチョコレートの様な艶を含んだ歌声で、
「My sugar…」
などと囁かれた日には腰も砕けるというものだ。
その甘い旋律を支えるように繊細なコーラスが入り、余韻を引き継ぐように松本潤の男性的でワイルドセクシーな煽りからAメロが明ける。

A・Bメロはソロの応酬。5人の個性がこれでもかと強調されながらもバトンの受け渡しはあまりにも鮮やかで滑らかに、一つの躓きも滞ることもなくメロディが繋がっていく。
二宮の、少年のように軽やかで小悪魔のように抗えぬ甘えを含んだ高音、櫻井の男らしくズシリと骨太に響く低音、大野の透き通ってブレのない声域の広い美しい歌声に、成長途上の美少女のような危うく儚げな甘さを含んだ相葉のハスキーな低音、松本の艶と張りのある若々しくも雄の色気を感じる歌声と、高低や甘辛のバランスも絶妙に、翻弄されてる間にもうサビに入っている。

サビはソロで聴かせた個性とは一転、幾重にも重なるハーモニーが美しく甘やかだ。
筆者の耳の性能の悪さ故に、正確にメンバー割まで聞き取れないのが残念だが、2人と3人で歌うパートを繰り返しながらも、その相手を度々シャッフルしていくつもの組み合わせでハーモニーを奏でているように聞こえる。
メインになる歌声を次々変えているようで、まるで万華鏡のようにその歌声が千変万化していく。
彼らの歌声の重なりを追いかけて没頭しているうちにどんどん蜜に絡めとられて甘い罠に落ちていく。まさに“Sugar”のタイトルそのものだ。
2番以降も基本構成は1番と同じだが、パートの入れ替えを行っていたり、細かな音程の違いもあり、いつまで聞いても聞き飽きない。

この曲を、2017年当時に発表された時には本当に唸らされた。
もう3年近く前になるのが驚きだが、現時点においてもオリジナル・アルバムとしてはこのアルバムが最新となっている。
このアルバム発表当時、既にメンバーはほとんどアラフォー、30半ばから後半といった頃だ。
そこにこれである。
正直なところ、この歌は10代から20代半ばまでのまだフレッシュで若々しく、勢いがあって甘いマスクも瑞々しい、若手以降のアイドルに渡すべき曲なのでは?と浅慮が働いてしまうほどに、甘々しくキラキラした“アイドル”ド真ん中の歌である。
それを、デビュー20周年を目前に控え(しかもこれは後から分かったことだがこの頃にはおそらくもう休止の話が挙がっていたのであろう)この年齢の嵐が、こうも見事に歌い上げたということに感嘆を溢すしかできない。

これをきっとHey! Say! JUMPが歌っても、Sexy Zoneが歌ってもまず間違いなくヒットしたことだろう。
しかしそうはさせないとばかりに“先輩”の風格で、圧倒的実力と、重ねられた年齢と経験による圧倒的色気で、後輩達の行先に立ちはだかって見せたようにさえ感じた。
逆を言うと、もしや10代20代の嵐にはこの歌をここまで歌いこなすことはできなかったのではないかとも思う。
苦さも辛さも酸いも甘いも噛み砕いて積み重ね続けてきた“18年目の”嵐だからこそ、歌えた歌なのではないだろうかと。
何年経っても変化し続ける、進化し続ける、常に“アイドル”の第一線であり続ける嵐の、決して砕けない、磨き上げられた実力とプライドが凛と輝く、ダイヤモンドのような歌だ。
バレンタインデーには少し過ぎてしまったが、寒い冬も溶かすような嵐の最高級の砂糖地獄に溺れてみてはいかがだろうか。

ここからは蛇足だが、きっと今回のアルバム曲解禁で「是非Sugarを!!」と叫んだ同志の皆様はきっと、いつか、嵐のC/W曲が解禁された暁には「是非『お気に召すまま』を!」と叫ぶに違いないと、勝手ながら確信している。
『Sugar』がとろりと蕩ける濃厚な冬の夜のチョコレートだとしたら、『お気に召すまま』は熱帯夜も吹き飛ぶような爽やかな夏の、ラグジュアリーな一夜のシャンパンである。これも2017年。時空が歪んでいるのではないかと錯覚する。彼らに加齢という概念はないのだろうか。

嵐さん、次は是非とも、是非ともC/W曲の解禁も、何卒よろしくお願い申し上げます。
その時は「是非『お気に召すまま』を!!」と叫ぶ準備は出来ております故に。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい