3141 件掲載中 月間賞発表 毎月10日 コメント機能終了のお知らせ
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

ハンブレッダーズに撃ち抜かれた元音楽少年

大人になって諦めた夢

皆さんはハンブレッダーズと言うバンドをご存知だろうか。
ある日なんとなくYouTubeを眺めていると、関連動画として挙がってきたバンドだ。

ハンブレッダーズを知るきっかけになったYouTubeに感謝した。
興奮のあまり中々寝つけず、翌日の仕事に支障をきたした事に関しては少し恨んだりもした。

ハンブレッダーズはギターボーカルのムツムロアキラ ベースのでらし ドラムの木島の3人から成るバンドだ。
2009年に結成し今年メジャーデビューを果たした。
失礼だがメンバーの見た目はお世辞にも華やかだとは言えない。
普通のそこら辺の大学に居そうだ。

そんな普通の彼らが鳴らす
彼らだからこそ鳴らす事が出来る音楽に私は撃ち抜かれてしまったのだ。

<幾千回 脳内でリピート再生 余すところなく丸暗記したミュージック 友情も努力も勝利も似合わない青春に 仕方がないから鳴らされた革命歌>

DAY DREAM BEATと言う曲はこの歌詞から始まる。

<人目につかない程度のヘッドバンギング ドラムも叩けないくせに刻むビート 音漏れするかしないかの瀬戸際の音量で 心の中は暁色に染まった>

「何だこのバンドは
過去の私の記憶を知っているのか」
そう思いたくなる程、この曲では音楽に熱中していた人間なら誰もがやった事があるだろう行動が描かれている。

私は高校に入学してすぐギターを始め、「将来音楽で飯を食ってやる!」と無謀な夢を追いかけていた。
しかし訳あって現在は全く音楽とは縁の無い会社で働いている。

あれ程熱中していた音楽から離れても、あの頃の記憶が蘇るようなエネルギーをこの曲は秘めている。

しかもこの曲で描かれている主人公は、軽音楽部のライブでステージに立ちライトに照らされ女子から黄色い歓声を浴びているような人気者では決して無いと言う事。

主人公は自分も音楽が好きで音楽をやっているが周りには知られたくなく、学校から帰ると一人部屋でギターを鳴らし、自分がステージに立つ姿を想像しているようないわゆる「日陰」の人間だと思う。

<ひとり 登下校中 ヘッドフォンの中は宇宙 唇だけで歌う 自分の歌だとハッキリわかったんだ>
サビの歌詞にも自分の周りには誰も居ない事が描写されている。

私自身まさに「日陰」の学生時代を送っていた。
軽音部には入らず一人でギターを弾くのが好きだった。
好きだったクラスの子が軽音部のライブで楽しそうにしているのを見て勝手に軽音部に対し憎しみの感情を抱くような捻くれた嫌な奴だった。
学校でどれだけ嫌なことがあっても、惨めな思いをしても、音楽とギターだけが心の拠り所だった。
「音楽で飯を食う」夢も誰かとではなく、最初から一人でやっていくつもりだった。

ハンブレッダーズはそんな「日陰」の人間を肯定してくれる。
音楽はイケてる奴だけの物では無いのだと歌ってくれる。

<終業のベルで一目散 牢獄を抜け出した 一緒に帰る友達がいなくてよかったな>

まさにあの頃の私だ。

この曲を聴き終えて私は自然に部屋の隅でもう何年も鳴らされていないギブソンJ-45を手に取った。
音楽で生きると覚悟を決めた日に貯めたバイト代を注ぎ込んで買ったギターだ。
夢を諦めてから何となく気が引けてまともに鳴らしていない。
それでも実家から出て行く時、会社で異動になり引っ越した時、2度の引っ越しには必ず連れてきた大切なギターだ。

錆きった弦をチューニングする。
音程は耳が覚えていた。
服に埃が大量に付く。
そんな事は気にしない。
指先が痛い。
その痛みすらも懐かしい。

ブランクがありすぎてまともに弾けなかったが、ギターを初めて手に取った時のように、何も出来なくてもただ楽しかった。

<瞳を強く閉じる 掌に汗が滲む 何故か顔が綻ぶ 孤独な春に閃光が走ったんだ さよならなんて 今すぐ撃ち抜けミュージック>

あの頃の情熱はもう無いが、私の人生には確かに熱中出来る物が存在した。
これからの人生でもそんな存在に出会える物があるのか楽しみにしておこう。

< >内はハンブレッダーズ DAY DREAM BEATからの引用

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい