3575 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

私の輝かしくない青春

ハンブレッダーズのメジャーデビューに寄せて

青春、と聞いて何を思い浮かべるだろうか。部活?文化祭や体育祭?友人や恋人と過ごした放課後?
あるいは思い出して良い気持ちになる青春なんて送ってこなかった、という人もいるかもしれない。

私は間違いなく後者だ。
いつからかなんて覚えていない。気づけば学校という集団生活の場に馴染めなくなっていた。
真面目で、なんとなく地味で暗くて、何を考えているかわからない。クラスメイトの私の印象は、おそらくそんな感じだ。
部活にも文化祭にも体育祭にもいい思い出なんかなく、恋人はもちろん社会人なった現在連絡を取る学生時代の友人でさえいないに等しい。

唯一趣味と呼べるものは音楽だけ。学校が楽しくなかった私にとって、音楽を聴いている時間が人生の楽しみだった。しかし、中学・高校生時代は自分の趣味を人に話せない、という厄介な性格であったがため、ライブに一緒に行く友人もおらず、私はいつも一人だった。

それでもライブに行くと、普段の惨めさや寂しさを忘れられた。普段の倍は声を出し、拳を突き上げる。こんな姿を同級生に見られたらきっと恥ずかしくて死んでしまうだろう。
音楽と向き合っているその時だけ、自分が自分でいられるような気がしていたのだ。

私がそのバンド、ハンブレッダーズと出会ったのはそんなさえない青春時代…ではなく、もう学生生活もほとんど終わった大学4年生の時だった。なんとか就職活動も終わり、資格の勉強をしながら何気なく見ていたYouTube。
聞こえてきたのはこんなフレーズだ。

 ”前髪 伸ばして 目を逸らして 卑屈な理屈で生きて来たの?”
( ハンブレッダーズ『弱者の為の騒音を』)

この一節で、私の心は奪われた。
直感的でしかなかったが、「この曲はきっと私の味方だ。」そう感じたのだ。

私の直感は間違っていなかった。ハンブレッダーズというバンドは、私のさえない青春を、日々を、初めて肯定してくれた。イヤホンを耳に差し込み、誰とも目を合わさず一人で帰った日々。遠くから眺めているだけしかできなかった片思い。音楽以外楽しみのなかった学生時代。
他の誰も肯定してくれなかった私のさえない日々は、それでも紛れも無い青春だったのだ、と彼らは気づかせてくれた。

この曲たちに、中高校生の頃出会っていたら、と時々想像してみることがある。きっとそれはそれで、素晴らしい音楽体験になっていただろう。
それでも私は、今、彼らの音楽に出会えたことを幸せに思う。
あの時の、純粋に音楽だけが他の何よりも好きだった、キラキラした気持ちをもう一度取り戻せたのだから。
 

彼らのメジャーデビューアルバムの表題曲でもある「ユースレスマシン」にこんなフレーズがある。

 ”小切手もノウハウも必要がない魔法 世界を変える娯楽を”

社会人になってしまった今、直視しなければならない、目を背けられない現実がたくさんある。愛想笑いも、純粋じゃない気持ちも前より確実に増えてしまった。

それでも、かつて私の心を支えた魔法は、まだ確かにここにあるのだ。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい