4024 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

フレデリックの横浜アリーナに寄せて

いつまでも終わらないMUSICの主役でいたい

2020年2月24日、横浜アリーナ。
フレデリックの音楽を愛す者たちが、横浜の地に集った。
私もフレデリックのファンとして、この場に居合わせることができて、本当に幸せだったと思う。

昨年の4月から始まった、バンド史上最長ツアーのファイナルであるこの公演は、『FREDERHYTHM ARENA 2020〜終わらないMUSIC〜』と題して、横浜アリーナで開催された。

2019年4月に開催された、『夜にロックを聴いてしまったら編』を皮切りに、彼らが過去にツアーで回った会場を再び巡った『リリリピート編』、対バン企画である『UMIMOYASU編』、新曲を引っ提げたZeppツアー『VISION編』と、フレデリックはこの一年間、走り続けてきた。

今回のファイナルは、そのツアーの最後に相応しい、彼らにしかできないライブだったと思う。
音楽をたくさん浴びることができた、本当に幸せなライブだった。

昨年からのフレデリックの活動を振り返り、自身の中に溢れる想いがあったため、こうして筆を執った。
長くなるが、少しだけお付き合い願いたい。
 
 

正直、今回のツアーはどれも魅力的すぎて、それぞれについて語りたいことがたくさんある。

私が参加できたのは、『リリリピート編』『VISION編』、そして今回の『FREDERHYTHM ARENA 2020〜終わらないMUSIC〜』だ。
 

まずは、『リリリピート編』から。
この公演はチケットを取るのに本当に苦労して、奇跡的に一般でチケットを勝ち取れたときは、母と共に泣くほど喜んだ。

フレデリックの過去の名曲から、アルバム『フレデリズム2』の楽曲までを巧みに盛り込み、懐かしさと進化を見事に調和させたセットリストが強く心に残っている。

個人的には、ここで初めて、「SPAM生活」「もう帰る汽船」「峠の幽霊」をライブで聴くことができて、最高に興奮した。

過去の名曲や人気曲が、現在のフレデリックの技術や表現力を余すことなく使ってリアレンジされていたのが印象的。
音源で聴くよりも、遥かに曲の引力が増していて、フレデリックがこれまで積み重ねてきたものが垣間見えた気がした。

前半は懐かしのフレデリックを、後半は最新のフレデリックを、という構成もとても見応えがあった。
多様な変化と凄まじい進化をしつつも、彼ら独特の音色は決して褪せることがない。
バンドの地力を見せつけられた。

そんなライブの最後を締め括ったのが、『フレデリズム2』の楽曲である「対価」だ。

個人的に、この曲がとても好きで、この日のライブでさらにこの曲の虜になった。

歌詞の中に、こんなフレーズがある。

“未来の果実を頬張るだけじゃ 育たない今は”
(「対価」より抜粋)

この日、いつもよりも強い視線で、真っ直ぐに未来を見つめた三原健司が紡いだこのフレーズに、ぎゅっと胸を鷲掴みにされた。

楽曲前のMCで、出会いと別れについて語っていた彼の言葉と、楽曲の歌詞がリンクして、思わず泣いてしまった。

過去も、現在も、未来も。彼らの音楽と共に在りたい。
そう強く感じる、たくさんの想いが込められたライブだった。
 

毎回のライブの度に、進化するフレデリックなので、もちろん『VISION編』でも最高の景色が更新された。

まず、新曲がどれも熱い。

「VISION」の深みは、聴けば聴くほどハマる。
個人的には、かなりのスルメ曲だと思う。

無理にテンポを上げすぎないので、歌詞に込められた思いが伝わりやすく、これからのフレデリックを提示する1曲になると感じた。

ライブの冒頭1曲目にこの曲を持ってくるあたり、流石である。

歌詞の中にある、”さよなら古びたプライドは捨てて”というフレーズが、特に印象的だ。

今までのフレデリックといえば、アップテンポなダンスミュージックを連想する音楽リスナーが多かった。
フェスなどで盛り上がる楽曲も然り、だ。

そこに自ら一石を投じるような、そんな決意がひしひしと伝わってきて、音楽に対してどこまでも貪欲な彼らに驚かされた。

『VISION編』では、私が好きなフレデリックの曲ランキングで、上位の楽曲たちがセットリストに多数組み込まれていて、かなり痺れた。

特に「ナイトステップ」からの「NEON PICNIC」。
この流れがあまりに秀逸で、思う存分、音に溺れ、身体を揺らし、深いところまでフレデリックの音楽に浸ることができた。

「ナイトステップ」はライブで聴いたときの艶やかさが堪らない。

また、『VISION編』では、各地で、メンバーそれぞれによる特別セットリストがあり、私が行った公演は、ギター赤頭隆児による選曲だった。

これがまた良い。
まさかこのツアーで「まちがいさがしの国」が聴けると思っていなかったので、幸せだった。

他の土地のセットリストを調べては、ここもいい!ここも聴きたかった!と思いを巡らせたのは、おそらく私だけではないだろう。

アンコールでは、新曲「VISION」のアコースティックアレンジまで聴けて、もう大満足のライブだった。
 

そして、私は行けなかった公演なのだが。
2月11日に開催された、BPM縛りでセットリストを組むという最高にわくわくするライブ企画、『LIGHT LIVE』もファンにとっては堪らないライブになったようで。

行けなかったことを100年は後悔しそうな、かなり熱いセットリストを見て、行けなかった分、ファイナルを満喫してやる!と自身を励ましたのは、記憶に新しい。
 
 

そんなこんなで、私たちファンも一年間、様々な想いを抱えながら一緒に歩んできたツアーのファイナル、それが横浜アリーナだ。

フレデリック初のアリーナ公演は、三原健司、三原康司、赤頭隆児の地元である、神戸ワールド記念ホールで開催された。

その場に私も居たが、今でも何度も映像を見返し、その時の空気を思い出して心が踊るような、本当に”圧倒的な”夜だった。

お世辞抜きに、あまりに良いライブすぎて、今後これを更新できるのか心配になったほど。

その時の景色が、音楽、照明、演出ともに、鮮明に記憶に残りすぎていて、今回のアリーナでの公演に、私は少し緊張していた。

果たしてあの夜を更新できるのか。
勝手な話だが、彼ら自身の築き上げた最高の夜が、彼らにとっての最大で最強のライバルになるのだと思ったのだ。

しかし、実際ライブが始まってみれば、やはりそんなものは杞憂でしかなかった。
 

1曲目の「飄々とエモーション」が、あの日の神戸を引き継いで、横浜アリーナに始まりの狼煙をあげた。

あの日の神戸で最後に披露されたこの曲が、現在、大切なツアーファイナルの重要な1曲目にあてられる。

この意味は明白だ。
当時は生まれたばかりだった「飄々とエモーション」が、こんなにも大きく、強くなって、アリーナのステージに帰ってきたのを目の当たりにして、鳥肌が立った。

立て続けに、”現在”のフレデリックの色を魅せる楽曲が並び、4曲目の「オンリーワンダー」で、会場のボルテージが限界突破。

4曲目にして、頭上に銀テープが飛ぶのではと探してしまうくらいには、会場の熱も自身の熱も上がっていて、すでに最高が更新される予感に震えていた。

『フレデリズム2』からの楽曲も、見る度に、どんどんライブで表情を変えていて面白い。

「夜にロックを聴いてしまったら」では、映像演出もとても可愛らしかった。
歌詞が踊って、視覚的にも楽しめる要素がふんだんに盛り込まれているのが印象的だった。

そして、この公演の中でも特に印象深かったのは、ツアーを通して大切に歌われてきた「シンクロック」だ。

私が行った2つのライブのセットリスト、どちらにも入っていたこの曲は、初めて神戸ワールド記念ホールで聴いた日から、個人的にも大好きな1曲である。

この曲が歌い続けられているのには、意味があるはずで。

フレデリックからすべての音楽リスナーへの、ひいては、音楽そのものへの、大きな愛が歌われたこの曲が、横浜アリーナで聴けたこと、本当に幸せだなと感じた。

歌詞が映し出されて、それを見て、まるで私たちへの手紙のようだと思った。
優しくて、それでいて、あたたかい。

この曲は歌詞の想いも然ることながら、三原康司が操るベースの自由自在な音色にも翻弄される。
あんなにも繊細で柔らかく、優しい言葉を歌いながら、エグいベースを弾かれると、毎回そのギャップにぐっときてしまうのだ。

彼が歌う”待ち望んでいた”の繰り返し部分から、気持ちの高ぶりがそのまま、兄三原健司に引き継がれていくのが堪らない。
それぞれの声の特色が巧みに作用して、曲の盛り上がりを支えているのが感じられて、とても熱かった。

神戸の夜、初めての「シンクロック」に心震えた私は、横浜でもまた同じように、否、それ以上に心震わせ、彼らのことを、彼らが作る音楽のことを、さらに好きになった。

意味合いが正確なのかはわからないが、感情が強く揺さぶられるという意味においては、この曲ほど”エモい”という言葉が似合う曲もないのでは、と思う。

「シンクロック」で、高ぶった気持ちの落ち着かせどころを探している間に、ステージはどんどん変化していく。

勝手に私が呼んでいるだけなのだが、ここからは、よりディープなフレデリックを楽しむ時間の始まりである。

ここ最近、アレンジのお洒落さが逸脱しているのが、「真っ赤なCAR」だ。
毎度毎度ライブでのアレンジがお洒落すぎて、「真っ赤なCAR」のライブバージョンセレクションを収録してくれないかなと思うレベル。

ちゃんと情景が浮かんで、ウインカーが聞こえる気がするのが凄い。

自由自在に音を操りながら、次の曲に変わっていくという、フレデリックならではの繋ぎのこだわりも健在だった。

ディープなフレデリックタイムで特に好きだったのは、「NEON PICNIC」からの「峠の幽霊」。

元々好きな楽曲であることはもちろんだが、「NEON PICNIC」では、スタッフと観客から、メンバーへのサプライズ演出があったりと、一緒にライブを作ることができたのが楽しかった。

メンバーの驚いたきょとん顔を見て、してやったりの表情を浮かべてしまったのは、私だけではなかったはずだ。

「峠の幽霊」は、曲の世界観があまりに強いので、演出が曲に負けてしまうかも、と思ったが、一切そんなことはなく。
何しろ歌声や音だけでもかなり不気味だったし、そこまでしなくても大丈夫だから!怖いから!というような演出もあったりと、まるで本当に曲の中に入ってしまったかのようだった。

テレビでの放送もあるので、詳しい演出を記すのは避けるが、本当にぞわっとしたし、怖かった…。

そこから流れがまた変わって、『リリリピート編』で印象的だった「対価」が紡がれる。
「対価」は、私自身の心境の変化もあるだろうが、あの時とはまた違う表情を魅せてくれた。

真っ白な光の中で歌う三原健司の表情が、以前よりもさらに優しくなっていたのが心に残っている。

そしてライブは後半戦に突入。
ほぼMCを挟まずに、どんどん曲が紡がれて、さらにどっぷりフレデリックの音楽に浸かることができた。

後半戦は、「KITAKU BEATS」からの「バジルの宴」の流れが特に熱くて、ずっと踊っていた気がする。

「バジルの宴」のライブアレンジも面白くて、完全に踊らされてしまった。
“頭が良くなる”のループで、中毒性の高さにくらくらした。

そして怒濤の流れを止めぬまま「オドループ」へ。
この曲は全く色褪せないどころか、聴く度に精度が上がっていて、驚かされる。

今のフレデリックには代表曲と呼べる曲がたくさんあるが、「オドループ」は、私が初めて彼らを知った曲でもあるため、やはり特別だった。

実は楽しすぎて、後半の記憶が曖昧なのだが、とにかくノンストップで踊り狂っていたことは覚えている。

本編最後は、最近の個人的なリピート曲である「イマジネーション」。
いろいろな意味で熱かった…!
三原健司のボーカルとしての表現力に磨きがかかっていて、その艶やかさと迫力に圧倒された。
最高に格好良かった。

コール&レスポンスの熱量がどんどん高まっていくのに比例して、健司の歌声もどんどん盛り上がっていくのがとても熱かった。
 

アンコールでは、観客が「NEON PICNIC」の時に使用した光を照らしてメンバーを迎え入れた。

スマホを使った演出については賛否あるかもしれないが、私個人としてはとても素敵な演出だったと感じている。

アンコール前にメンバーからの短いMCがあったのだが、横浜が地元であるドラム高橋武含め、各々がこの公演への想いを語り、それを健司が笑いに落とすという、いつものフレデリックらしい、ほっこりした時間だった。

アンコール1曲目は、『フレデリズム2』から初披露となった「CLIMAX NUMBER」のFAB!!バージョン。

後方ステージに雪が舞う粋な演出で、曲のポップな可愛さが際立った。
後半、健司の弾き語りで紡がれるサビがとても情緒に溢れていて、FAB!!の魅力も余すことなく堪能できた。

そしてラストはもちろん、「終わらないMUSIC」。
メインステージに向かうメンバーの真剣な横顔が印象的だった。

歌い出す前、三原健司が言った言葉があまりにも素敵で。
思わず息を呑んだ。

「いつまでもこの歌の主役でいてください」

ここから始まった「終わらないMUSIC」は、以前聴いたときよりももっと深く、そして、優しく心に響いて。
純粋に、音楽が好きだ…というシンプルなことを、改めて実感させてくれた。

曲の後ろで、ツアーに携わったメンバー、スタッフの名がエンドロールのように流れていく。
その光景にも胸が熱くなった。

そして、来年、フレデリックのツアーが発表され、そのファイナルが、再来年に日本武道館で行われることも発表された。

今回の横浜アリーナを経たフレデリックが、武道館への道をどんな風に進んでいくのか、今から楽しみで仕方ない。

フレデリックのライブに行く度に更新される最高の景色を楽しみに、私も日常生活に戻ろう。

時には、フレデリックの音楽に逃避行することもあるかもしれないが。

いつまでもあの歌の主役でいられるように願って。
 
 

“どこまでもMUSIC 僕らのMUSIC
この歌の主役が変わることはないメロディを求めて 明日の空に歌おうよ MUSIC”
(「終わらないMUSIC」より)

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい