3575 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

[Alexandros]の心臓

私が見たZOZOマリンスタジアムの景色

“2018年 8月16日 ZOZOマリンスタジアム“

この数字 文字を見ると反射的に反応してしまう
私にとって一生忘れることのない
[Alexandros]のVIP PARTYが行われた日だからだ。

「ワタリドリ」から始まり「Kick&Spin」で終わったこの日のライブ。ZOZOマリンスタジアムに響き渡った、[Alexandros]による四重奏。
ZOZOマリンいっぱいに敷き詰めた、ファンと[Alexandros]による一体感のあるあの日の夜。
忘れることはできない。

どの曲も本当に印象的だった、
この場所でしか観れない景色ばかりだった。
オーディエンス側の景色からも

だが、アルバムが発売され特典のDVDを見ると
カメラワークが庄村の背中からオーディエンスを映す景色があった。

これが庄村聡泰が見ている景色だと。

庄村の前には、川上の背中越しのオーディエンス。
これを見た時ある言葉を思い出した、
 

“あなた越しに広がる景色は、いつも本当に美しかったです。“

これは、庄村が勇退の際、川上に向けたメッセージだ。
普段のオーディエンスである私たちは見ることのできない景色。唯一見れる事ができたライブ映像。
本当に美しかった
特にアンコールのハナウタのスマホライトだ。
メンバーが喜び感動の笑みを溢し続けていたあの瞬間
ひとつひとつのスマホライトが、
鈴蘭のような花になり、ZOZOマリンスタジアムに華を添えていた。
こんな美しい景色を彼らに見せられていたのだ。と

何故私がいま、1年半も前のライブの音楽文を投稿しようと思ったのか、それは約1ヶ月前に庄村の勇退が発表されたからだ。
勇退が発表された後の、川上はラジオで
庄村は、デビューする前にZOZOマリンスタジアムにライブを見に行ったことがあり、で[Alexandros]がワンマンをやった時に“もう俺、悔いねぇな”ぐらいな事を思ったと言っていた。

だから、この日のライブ映像を見た。
勇退を発表されて以降、彼らの音楽を無意識に避けていた。もうこの四重奏は聴けなくなるのだと。

ライブ映像を見始めた瞬間も、涙が溢れてきそうだった。見終わった後に思ったことは、ライブが終わったときに思ったのと同じ

“[Alexandros]は世界一のバンドだ”と

私は、世界一のバンドや世界一になるっていつも言っていた彼らを素直に、世界一だ!と思えず、冷めていた時があった。
だが、ZOZOマリンスタジアムで見た、ライブから、

“[Alexandros]は世界一だ“と身をもって全身で感じたのだ。

全身で感じたその中に、庄村の叩く心臓があった。
彼の叩くドラムは、自分の鼓動かのように足元から伝わってくる。
もう、彼が生み出す鼓動は感じられない。
だが、[Alexandros]が
世界一のバンドには変わりない、また、世界一のドラマーな事も変わることのない事実だ。

勇退する彼に
何もしてあげられない私だが、
彼が[Alexandros]として活動してた、それを好きだった見ていた1人の目撃者として、私はずっと彼を忘れずにいる、それが彼への1番の恩返しだと思っている、ありがとう私の鼓動の庄村聡泰。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい