3563 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

sumika恐怖症

笑顔で「ただいま」と言える私まで

大前提としておきたいのは、sumikaは私にとって100点満点のバンドである、ということ。
ボーカルの声、歌詞、楽器のアレンジ。どこをとっても私にとっては100点満点。Instrumentalを聴くようになったのも彼らに出会ってから。
去年初めて曲を聴いてからライブに行った回数は既に4回。彼らに出会う前は、「CDってどこで売ってるの?」「ライブハウス?そんなのパリピが行くとこでしょ」とか言ってた自分からは想像もできない変化だ。なので、大前提として、私はsumikaの結構なファンなのだと思う。
 
 
 

ただ彼らの最新曲『センス・オブ・ワンダー』を聞いてから、私はすっかり、彼らの曲を聴くのが怖くなってしまった。
 
 
 
 

彼らはあまりに真っ直ぐすぎる。

見据えた方向に背中を押してくれる曲。やめないという決意。傷だらけになっても迎えてくれる、そんな居場所を作ってくれるバンド。

夢追い人にとっては心にしみるだろう。実際私も就活をしていた頃は、彼らの曲を聴いて励まされていた。
 
 
 

でも今の私は、新生活を眼の前にした大学4年生の3月。今、胸にあるのは、「この選択は間違いだったんじゃないだろうか」とか「この先傷だらけで夢を追うなんてないだろうな」とか、そんな後ろ向きのことだらけなのだ。
 
 
 
 
 

だから、今はsumikaの音楽は聞けない。

彼らの音楽は、今の私の心にそぐわない、なんてもんじゃない。

聞いていると自分のことが嫌いになってしまうのだ。

彼らみたいに夢を追うことのない自分。後ろ向きなことだらけの自分。踏み出す方向さえも分からない自分。
目標を追い続ける彼らとどうしても自分を比較してしまう。挙げ句の果てに、「この人たちは結局綺麗事ばっかりなんだ」とか「結局バンドマンにはわかんないよな一般ピーポーの気持ちは!」とか言って逆ギレしそうになる。
今のsumikaの音楽は私にとっては槍。心にぐさっと突き刺さる。彼らが100点満点だから余計に。
 

でもそれでもやっぱり私はsumikaの音楽が好きなのである。これは困った。聴きたくなってしまう。でも聴くのが怖い。まいった。sumika恐怖症にかかってしまった。
 
 

でもそんなsumika恐怖症初期症状に悩まされる中でも、薄々気付いてはいた。こんな気持ちになるのも、自分で自分に満足してないからだろうなって。
だから、彼らのことを尊敬するのと同じぐらい、自分で自分のことを尊敬できるようになれば、また素直な気持ちでsumika聞けるだろうなって。
 
 
 
 
 

私には特筆すべき夢はない。目標もない。4月からの新生活で何か見つかればいいなとは思っているけど、そんなに簡単にはいかないだろう。直感だけど、かなり長い間この病からは抜け出せない気がする。でも、いつかはね。
 
 
 
 
 

私は結局彼らに背中を押されているのだろうか。かなり遠回りな方法で。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい