3162 件掲載中 月間賞発表 毎月10日 コメント機能終了のお知らせ
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

Mr.Children の異色作『Q』に挑む

我が家にあのミスチルがやってきた

最近、我が家では時々Mr.Children(以下ミスチル)が流れている。一般的にはごく普通の光景なのかもしれないけれど、我が家的にはちょっとした事件である。なぜなら、自分がミスチルを聴くなんてことは未来永劫おそらく無いだろうと漠然と思っていたからだ。

僕は基本、なんでも王道のものが好きで、マイナー志向やアンチみたいなものには嘘っぽさを感じてしまう方なのだけれど、事が音楽となると話は微妙に違ってくる。「これって、そんなに人気あるんだ、ふーん・・・」といった具合にちょっと斜に構えるクセがある。あまりにも周りが良い良いと言って聴いているのを見ると、じゃあ何も自分が無理して聴く必要もないなと思ってしまうのだ。これは、クラスで一番人気の女子をあえて眼中に入れないようにするという、屈折した優越感なのかもしれない。

僕の中でそういった存在として長らく君臨していたのがミスチルだった。これだけ人気のあるメジャーなバンドだと、街中やテレビ・ラジオなどから音が自然と耳に入ってくるので、それでもう十分聴いた気になってしまっていたし、カラオケの定番アイテムという俗っぽいイメージが先行していたのは動かしがたい事実である。

ではなぜ今頃になって聴いてみようと思ったのかというと、”デビューから一度もメンバーチェンジすることなく第一線で活動し続けている”という、その一点に興味が湧いたからである。なぜなら、そういった環境からは普遍的で価値あるものが少なからず生み出されているのではないかと推測できるからだ。そして、その事実を確かめるためには何を聴くべきなのかと色々検索した結果浮上したのが、『Q』という風変わりなタイトルのアルバムだった。

こういった場合、キャッチーで親しみ易いもの、好セールスを記録したもの、広く一般的に人気の高いもの・・・といったものよりも、そのアーティストの奥底にある本質が滲み出ているものを優先するのが最も近道だと僕は思っている。とはいえ、さすがにミスチルくらい作品数が多いアーティストとなると、熱意と客観性を併せ持ったファンの間でもそれぞれ意見は異なり選択は難しく、他にも『深海』、『シフクノオト』、『SENSE』と候補は複数にのぼったのだが、たまたま最初に中古で見つけたのが『Q』だったのである。これも何かの縁ということで、ミスチルの中で最も異色とされる『Q』に挑む事となった。

挑むという表現は言い過ぎかもしれないけれど、僕は未知なる音楽と対峙するときは可能な限り感性を封印して聴くように心がけている。なぜなら、馴染みのない音楽を個人的な好き嫌いで判断してしまうと、その先へ進めなくなる危険性が出てくるからだ。そもそも、自分にとって音楽を聴くという行為は趣味というよりはむしろ訓練、大げさに言えば修行のようなものだと捉えている。

様々なタイプの音楽を幅広く聴き入れ、それぞれの本質を的確に理解し、深く心に響かせるためには、音に対する鋭い直感力と冷静な分析力、絶対音感とは異なるフレキシブル音感とでも呼ぶべき特殊な能力が不可欠に思う。しかし、そういった特別な能力を持たない僕にはその差を補うために人の何倍も繰り返し音楽を聴く必要性が生じる。音楽に限らず、奥の深いものを享受するには相応の時間を要するのが当然であるし、そうすることで得られたものは必ず生涯の財産となってくれると信じている。ならば、これほど楽しく有意義な修行は他に無いではないか。そして、これは単に教養や知識を身につけるための打算的な行為ではない事を付け加えておきたい。

そんな思いを持ってじっくりと耳を傾けた『Q』であるが、結論から先に言ってしまえば『Q』はミスチルの知りえなかった意外な魅力に包まれたミステリアスで興味深いアルバムだと思う。特にオープニングの「CENTER OF UNVERSE」から「その向こうへ行こう」への流れはアイデアに富んだ多彩なサウンドと複雑な構成が見事に融合されており、そこを経由しての名曲「NOT FOUND」への展開は、3曲で一つと言える一体感があって思わず聴き入ってしまう。また、ここには桜井和寿の潤沢な音楽ルーツがさりげなく漂っているようにも見える。

そのほかにも、内に秘めた感情が解き放たれるヘヴィなバラード「Surrender」、非常に凝った作りの音響とリズムにヴォーカルのフロウが絶妙にハマっている「友とコーヒーと嘘と胃袋」、感傷的でありながらも希望に向かって疾走する「ロードムービー」、桜井和寿のアイロニーをミュージカル風の多彩なアレンジと展開で楽しめる「Everything is made from a dream」、心地の良い浮遊感と雄大でドラマチックなサウンド・スケープを味わえる「Hallelujah」には、シングル曲の「口笛」が霞んでしまうほどの魅力的で力強い存在感を覚える。

ミリオンセラーが当たり前という異様なプレッシャーを抱えながら、耳当たりの良いポップスとは異なるベクトルを感じさせる楽曲を作り、「こんなの出来ちゃったんだけど、どう?」みたいなノリでリリースされた感のある『Q』というアルバムには、ファンに対する挑発的な試金石の投下、もしくは度胸試しのような感覚さえ伺える。しかしながら、彼らのそれまでの音楽遍歴をほとんど知らない僕にはさして抵抗感もなく、異色というよりも純粋にユニークなサウンドとして耳に響いてくる。人の心を揺り動かすような特別なものは、時にアーティストの思惑や能力をも超越したところから偶発的に生まれてくるものなのではないだろうか。

と言いながらも、最初は桜井和寿の癖の強いヴォーカル・スタイルと字余り気味の歌詞になかなか馴染めず「うーん、やっぱりダメなのかなぁ・・・」と、半ば諦め気味だった。それでも捨てがたい何かが耳にひっかかった状態が続き、4周目くらいから徐々に馴染みだし、浮いたイメージのあった桜井独特の節回しにも耳が慣れ、しっかりサウンドと調和して響くようになるのだから、繰り返し聴くことの重要性を改めて認識できて嬉しく思う。第一印象が芳しくないものほど馴染んでしまえば親和性はより強固なものになる。それはまるで現実の世界における人間関係のようだけれど、これは真理のような気がする。

それにしても、まさか自分がミスチルを聴くようになるなんて全く想像もしていなかった。人は皆、無意識のうちに「こだわり」という名の思い込みや「感性」という名の勘違いに支配されながら生きている。そして、それを意識的に覆すには気が遠くなるほどの困難を伴う。反面、人生とはちょっとしたきっかけで不意に変わってしまう予測不能なものに思える。できることなら、きっかけや出会いが全て良い方向に作用すればいいのにと心から願う。

さて、次はどのアルバムを聴こうかと、新たな楽しみが大量に増えてしまった今日この頃である。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい