3584 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

私の好きなライブハウス

フレデリックに出会って思い出した、ライブハウスという楽園

ここ最近、ライブハウスが悪者かのような報道に、少なからず胸を痛めている。

沢山のアーティストやバンドマン達がライブを自粛し、時に嘆いたり、時にFANに謝ったり。

でも、謝ることはない。
誰にも予想出来ないことが、世の中には何度も訪れる。

それに私たちFANは、アーティスト皆さんの体を心配しています。
だから、アーティスト皆さんの苦渋の決断を受け入れる。
だから、謝らないで下さい。

皆さんがライブ中止という辛い決断を選ばざるを得ず、一番悔しいのはわかっているつもりです。
多額の損害を背負おうとも、FANの安全と健康を第一に考えてくれた皆さんのことを、誰も責めたりしないと思います。

ライブハウスという場所は、確かに人と人とが密着し、もみくちゃになるのが常。

私は高校生の頃から何度もライブハウスへ足を運び、好きなアーティストを目の前で応援してきた。

人と人とがぶつかるほどの空間でも、ライブ中のそこは楽園。
そのぶつかることすらも愛おしいほどの、現実からかけ離れた場所。
何もかも忘れて、歌い踊る。
汗の臭いなど構うもんか。

目の前には、楽園に連れていってくれるアーティストがいて、周りにはそのアーティストを愛した人しかいないんだ。

そんな幸せな場所………。

仕事や結婚で、20年以上ライブハウスへ行けない生活だったのだが、昨年フレデリックのFANになったことで、初めてのZeppに行った。

昔行っていたライブハウスよりも広くて、ステージまでは遠かったけれど、人との密着度や、熱を帯びた空気、振動、匂い。
ジワジワと自分が高校生の頃に感じた楽園のことを思い出して、非常に気持ちのいい世界へ導かれた。

本来、ライブハウスは素敵な場所なんです。

今は怖い場所になってしまっているけれど。

事実としてライブハウスが原因で、不幸に見舞われた方々がいる。
その方々が無事快方し、普通の日常に戻れる日が早く訪れますように……。

だから今は我慢。
みんなで我慢。
ライブハウスだけに限らず。
若者だけに限らず。
出来ることをしよう。
病に苦しんでいる方々の無事を祈りましょう。
………必ず春は来ます。

ライブが中止になって寂しがっているFANの為に、沢山のアーティストやバンドマン達が配信という形で、私たちに音楽を届けてくれている。

皆さんありがとうございます。
きっと、皆さんの気持ちはFANのみんなに届いているはずです。
 
 
 

年に一度はフレデリックに会う!という目標を立てた私は6月、今まで行った中では一番狭いライブハウスへ、フレデリックに会いに行く予定が出来た。

今のままなら、どうなるのかわからないけれど。

行けるといいな、そこにある楽園へ━━。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい