3165 件掲載中 月間賞発表 毎月10日 コメント機能終了のお知らせ
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

『恋人ごっこ』が繋ぐマカロニえんぴつの存在

ラムネのビー玉を、蓋を開けずに取ろうとしているようなキス

正直、昨今の量産型バンドの恋愛ソングは響かない。
ねっとりとした歌詞に、それをかき消すかのごとく爽快なメロディ…遠回しで繊細に自らの好きという感情や欲求を張り巡らせている。
これが両想いにも失恋にも片思いにも使われている。
恋愛ソングを聴く者がどんな境遇にあっても、ぼんやりと一般化された最近の恋愛ソングはそこそこの人気を博す。
だから、そういった恋愛ソングを描くバンドが量産されている。
 
 

その中でも、じんわりとその名が知られてきたマカロニえんぴつは、それとは「ズレ」ていた。量産型バンドとはっきりと異なっていると言うよりは、「ズレ」である。

幾つか歌詞を引用させていただくと、

○girl my friend
《 分かりきった事だけを 確かめる夜が堪らなく好きだ 回りくどい話を省くなら 君が居れば幸せだ 》

○洗濯機と君とラヂオ
《 最小限の快楽には ABとC、泣けるメロディ 君が好きと言ってた 映画をもう16回みた 》

○レモンパイ
《 君に触りたい 揺れながら少し悲しいキスをしたい 夜の長さに飽きたのだ 甘くて残したレモンパイ 》

めちゃくちゃに「好き」を繰り返し、「〜したい」欲がダダ漏れの歌詞。

生活感があり、どこか古臭くて、さらに男臭かった。

メロディについて、私はギターやベースのことはさっぱり分からないし、コード進行がどうとか語れる立ちにいない。
代わりと言っては申し訳ないほど伝わりそうにない、思い浮かんだ例えを用いると…
「ラムネのビー玉を、蓋を開けずに取ろうとしているようなキス」である。
つまり、人懐っこいのだ。

歌詞からもメロディ面からも、マカロニえんぴつは、流行的な量産型バンドとは確かな「ズレ」があったと思う。
 
 
 

『恋人ごっこ』の話をしたい。
マカロニえんぴつ2枚目のフルアルバムとなる『hope』に収録される新曲のうち配信第一弾となったものだ。PVはマカロニえんぴつとして、最速の100万回再生を記録した。
ところが、私は『恋人ごっこ』を聴く気になれなかった。
また、『恋人ごっこ』配信の数日後にフルアルバム『hope』のジャケット写真が公開された。唇を重ね合わせている。さらに初回限定盤になると透明スリーブケースになり、可動式だ。
これもまた、私の『恋人ごっこ』の聴く気を削がせた。

理由は、流行的な量産型バンドとマカロニえんぴつの「ズレ」解消が、タイトルやアルバムのジャケットからみてとれたからだ。
 

広く、マカロニえんぴつの『恋人ごっこ』は好評だ。
「マカロニえんぴつ待望の新曲」として紹介されているところが多かった。それゆえに、バンド史上最速の100万回再生。PVの演出も大絶賛。それだけではなく、ストリーミング配信のランキングでも上位の方にかなりの期間居座っていた。

やっぱり今キてるバンドであるだけあって、同じクラスにマカロニえんぴつの名を知っているものが増えた。
人気が出てしまった、寂しいという感覚よりは、私はただ単純にマカロニえんぴつの「ズレ」が失われていくのが恐ろしいという感覚を覚えた。
クラスでもマカロニえんぴつが好評、波に乗る中、ある友人と『恋人ごっこ』について話をした。意外にも彼女とは意見が合った。「マカえんってそっち系に行っちゃうんだって思った。」という感想を語り合った。

私もその友人もマカロニえんぴつの全てを知らない。しかし、朧げにもマカロニえんぴつ像があった。それは彼らは‘ そっち系ではない ’という認識だ。

そして、‘ そっち系 ’として世に知られてしまうのが嫌だと切に思うようになった。ブームやブレイクと言われて終わってしまう気がしたからだ。
 
 
 

ここまで言ってきたが、私はまだ『恋人ごっこ』を聴いていない。
ワーワー言うだけあってずっとその名は気になっていた。
 
 

────私は『恋人ごっこ』をタップした。
 

量産型バンドが描きがちの「シーツの湿り」の描写を通過。終始、相手をネチネチと想っていた。
しかし、メロディは爽快とはかけはなれたものだ、ネチネチ。
なんで、ネチネチ×ネチネチなんだろ…
これがマカロニえんぴつの芯なのかな、やっぱり量産型バンドとは「ズレ」てるなぁそんなふうに思えた。

実は、いきなりの「ひーふーみー」に、私は少し微笑んでしまった。「ズレ」解消はいつになっても訪れないと思った。
 
 
 

もし、この文章をマカロニえんぴつが見ていたならば、「OKKAKE」を爆音でかき鳴らしてくるであろう。
そんなことを思いながら私は、Amazonで『hope』初回限定盤をカートに入れた。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい