3185 件掲載中 月間賞発表 毎月10日 コメント機能終了のお知らせ
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

今、欲しいもの

BABYMETALの『Brand New Day』を聴く毎日

まずは、こんな質問から。
あなたにとって、ロックのコンサートとは?
私にとって、ロックのコンサートとは……
話しは二十五年前に遡る。

当時、会社の先輩と一緒に、よくロックのコンサートに行っていた。
スレイヤー、ブラック・サバス、レインボー、スティーヴ・ヴァイ……
コンサートに行く時、先輩は何時も口癖のように言っていた。
「さあ、音圧を感じに行くぞ!」

今から考えると、「音圧」というのは単に「音の圧力」のことを言っているのではなく、コンサート会場に渦巻いている「エネルギー」のことを言っていたのだと思う。

ロックのコンサートには、膨大な「エネルギー」が渦巻いている。
響き渡る重低音、轟く歓声と叫び、鳴り止まない手拍子、激しいモッシュ……
そういう「エネルギー」の中にいると、何時の間にか活力が湧いてくる。

そう言えば、昨年末の紅白歌合戦でX JAPANのYOSHIKIがKISSと競演した時に、
「幼い頃、KISSの来日公演を日本武道館に行った時、怒りや哀しみをロックや叫びで昇華する術を知った」
という話しが紹介されていた。
それは、YOSHIKIが父親との突然の別れに絶望し生きる力を失くしていた頃の話し。

ロックのコンサートとは、「生きる力を活性化する場」なのだと思う。

最近、悲しいことにコンサートやイベントが、次々と中止や延期になっている。
本来であれば、私は3月20日のKNOTFESTに行く予定だった。
そこで二ヶ月振りにエネルギーを全身に浴び、生きる力を活性化するはずだった。

最後にコンサートに行ったのは、1月終わりのBABYMETALの幕張公演である。
その時も、私の力は活性化された。
二日間に渡って爆音を浴び、大声を張り上げ、首を振り、足を踏み鳴らした。
周りのファンと肩を組み、ハイタッチを交わし、会場全体が沸き上がり、とても心地よかった。
その余韻に満たされたまま、終演後の帰り道で渡されたKNOTFESTのフライヤーを見て、直ぐにチケットを申し込んだ。
あの時は、こんな状況になるとは夢にも思っていなかった。

今は、自宅でCDを聴く毎日。
お気に入りは、BABYMETALの『Brand New Day』。
この曲を聴くと、心がとても落ち着いて、明日への活力が湧いてくる。

『Brand New Day』は、穏やかな普通の日常を歌った曲だと思う。
静かに流れる日常があって、たとえ多少の波風があっても、明日になれば何とかなって上手くいくはず。
曲を聴いていると、そういう何気ない日々の営みが感じられて、とてもホッとした気分になる。
特にサビの歌詞が心地よい。

 晴れたら Knock knock してみよう
 雨なら Break したっていいんじゃない?
 焦せらず Just step by step 明日がまた来るから
 And day by day 明日がまた来るから
 It’s gonna be okay, alright.

「気分がいい時は思いっきり楽しんで、そうでない時は無理せず休んでみたら。焦らなくとも明日があるんだから。きっと大丈夫だよ」
何と、穏やかで優しいメッセージなんだろう。
今までだったら、そんな気持ちになって、「普通」の日常を感じていたと思う。

でも、今は違う。「普通」は何処かへ行ってしまった。
「普通」といのは、その姿が見えなくなって、やっとその大切さに気づかされる。
普通にコンサートに行って音楽を楽しみ、普通にスタジアムに行ってスポーツ観戦に熱くなる。
その普通がなくなると、どうなるか。不安がゆっくりとやって来る。
「明日はどうなっているのだろう。今日よりも良くなっているのか。それとも悪くなっているのか」
ニュースを毎日チェックしても、良くなる兆しが一向に見えない。
不安のまま、夜寝る前に『Brand New Day』を聴く。

すると、一瞬「普通」の日常が戻ってくる。ほんの二ヶ月前までは、「明日は大丈夫」と思っていた何気ない日常が。
何時かは「普通」の日常が戻ってくる。そう信じて、私は眠りにつく。

『Brand New Day』をコンサートで初めて聴いたのは、二ヶ月前の幕張公演。
生で聴いた『Brand New Day』は、本当に素晴らしい曲だった。

印象的なギターのイントロが会場に鳴り響き、ささやくようなSU-METALの歌声が、そっと語りかける。曲は少しずつ盛り上がりをみせ、やがてサビの歌詞が放たれた。
その瞬間、SU-METALの歌声は天高く舞い上がったかと思うと、天空で大きなカーブを描いて、まるでシャワーのように私の全身に降り注いだ。
とても暖かくて幸せな感じだった。

あの暖かさを、もう一度感じたい。
今、欲しいのは、コンサートやイベントに何時でも行ける「普通の日常」。
そう思いながら、今日の夜も『Brand New Day』を聴いている。
すると、生きる力が活性化されていく。少しずつ。ゆっくりと。前に向かって。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい