3887 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

プリンセス プリンセスの後ろ姿

どこかであなたたちの曲を聴く時には

初めて買ったシングルCDは、たしかプリンセス プリンセス(※以下プリプリとします)の「Diamonds」だったと記憶している(ちなみにアルバムはMr.Childrenの「BOLERO」である、これは間違いない)。「Diamonds」は歌詞とメロディーラインの印象深さもさることながら、間奏で鳴らされるエレキギターが実にクールな佳曲だ。この曲がプリプリの人気を不動のものとし、当時、恋のイロハも知らなかった(しかも異性の)私の心さえも打ちぬいたのは、邦楽史にも自分史にも残ることだと考えられる。

それでも私は、そのカップリング曲として収録されている「M」という曲こそが、実はプリプリのキャリアを輝かせる、隠れた名曲なのではないかと思った。そして時が流れ、何人かの年長者と意見を交わすうちに、それが「隠れ」てなどいない、ファンの多くが愛聴している曲なのだと知ることになる。

***

私はライブに出かけるより、どちらかというとCDを聴くほうが好きなのだけど(どんなに優れたヴォーカリストでも、本番ではピッチを外すことがある)プリプリの「The Last Live」の映像は何度となく観返している。プリプリがCD音源を「再現」するほどの力量を持つこと、それを上回りさえするようなダイナミズムを持っていることに、圧倒させられるファン(鑑賞者)は多いだろうし、最後のステージを楽しもう、観客に楽しませようというパワフルなステージングは、後世に遺されるべきものだと考えている(その後もプリプリは、期間限定の再結成を果たしもするわけで、それが「最後のライブ」になったわけではない。それでも「The Last Live」で演奏される1曲ずつに「これが最後だよ」というような解放感と切なさが込められているのは確かなのではないだろうか)。

そのような尊いライブのセットリストに、やはり「M」は組み込まれており、その演奏前に語られる奥居香さんのMCは、激しく楽しいライブのなかに、静かで悲しすぎるモメントを作り出した。奥居さんは、こう語る。

<<(※どこかで「M」を聴いた時には)好きだった人の顔と一緒に、私たちのことも思い出して下さい>>

見事な「前置き」である。静かにキーボードが奏でられ、ベースが重なり、間奏では2本のギターが鮮やかに調和し、名曲「M」はクライマックスへと向かっていく。本曲の詞をつむぎだしたのは、富田京子さんである。その切ない、物語のような歌詞が「沸点」を迎えるのは、恐らくは以下の部分ではないだろうか。

<<黒いジャケット 後ろ姿が 誰かと見えなくなっていく>>

主人公の未練が活写されたフレーズだ。<<見えなくなっていく>>のは、単純に彼が雑踏にまぎれたからなのだろうか。主人公の瞳に涙が浮かんだからだろうか。この部分を奥居さんが歌い上げる時、ドラマーの富田さんにカメラが向けられる演出に息を呑む。恐らくは富田さんは、かつて心を通い合わせた男性を思い出すだけでなく、プリプリというバンドの<<後ろ姿>>を見送るようなつもりで、力強くドラムを打ち鳴らしたのではないだろうか。

「M」を歌い終わったあとの、出すべきパワーを出しきったようなメンバーの表情。これがセットリストの最後に置かれた曲ではないのだけど、私にとっての「M」は、まさにプリプリの<<後ろ姿>>だ。<<誰かと見えなくなっていく>>、それでも時に思い出さざるを得ない、<<黒いジャケット>>に他ならない。

***

アンコールで歌われたのは「19 GROWING UP-ode to my buddy-」である。<<お別れの曲です>>と奥居さんは呼びかける。そして始まる「最後の最後」の演奏。曲が進むにつれ、今野登茂子さんの目に涙が浮かんでくることに、こちらの胸も熱くなる。

<<いつだってパイレーツ気取りだったよね>>
<<もう二度と開くことのない宝の地図>>

涙腺が緩む。<<パイレーツ>>というのが文字通りの「海賊」なのだとしたら、彼女らが盗んだのはリスナーの涙だろう。プリプリは気取っていたわけではない。本当に<<パイレーツ>>だったのだ。その彼女らが<<宝の地図>>を閉じようとしている。終わりが近づいている。いよいよ<<後ろ姿>>は、かすんで見えなくなる。

メンバー各位の挨拶が終わったあと、奥居さんが叫んだように、プリプリは<<最高に楽しいバンド>>だった。だからこそ、その終わりは悲しすぎるものになった。私はこの先、いったい何度、同種の悲しみを味わうことになるのだろうか。それに耐えることができるだろうか。たとえばMr.Childrenが解散の日を迎える時、その<<後ろ姿>>を見届けることができるだろうか。できそうにない。

プリプリの「M」を、ふと街で耳にする時、私の胸によぎるのは<<好きだった人の顔>>ではない。「The Last Live」で勇壮にドラムを打ち鳴らした富田京子さんの姿であり、泣きながらも毅然とキーボードを奏でた今野登茂子さんの姿である。その勇姿を私は忘れない。

<<今でも覚えている あなたの言葉>>
<<肩の向こうに見えた景色さえも>>

人間は全てを忘れずに生きていくことはできないだろう。そして、忘れるべき悲しみを忘れることで、いくらか安楽に生きていくことができるのかもしれない。それでも街に、この世界に、プリプリの遺した優れた楽曲が響きつづけていくのなら、それを耳にすることがあるのなら、呼び覚まされる少年期の感懐を受け止め、押し寄せる悲しみに抗うことなどしないと思う。

***

私自身は<<黒いジャケット>>を着ることが滅多にない男だ(ジャケットそのものは好きだけど、色の好みが違う)。そして誰かに強烈な印象を残すほどの、個性やオーラといったものを持たない人間でもあると自分では思っている。それでも、もしかすると私のことを、ある曲を聴くことで思い出してくれる人が、この世界のどこかにいるのかもしれない。

プリプリの楽曲を愛でた人のみならず、きっと誰もが<<パイレーツ>>なのだと思う。今日もどこかで「その曲」が鳴り響いている。私たちは時として誰かを思い出してしまうような、弱い人間である。そして同時に、誰かに思い出される人間でもあるのかもしれないのだ。

※<<>>内はプリンセス プリンセス「M」「19 GROWING UP-ode to my buddy-」の歌詞、ライブDVD「The Last Live」のMCより引用

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい