3887 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

岡村靖幸の“成熟”

『操』にこめた決意表明、しかと受け止めた!

「この人と同じ時代に生きてこられて幸せ」と心から思う瞬間がある。
特に音楽を聴いてる時にそう感じる。たとえばPRINCEやレニー・クラヴィッツ。その人にしか奏でられない音楽センスとパフォーマンス。そして音楽の神に
与えられたカリスマ性。
そんな魅力にしびれた時、「同じ時代に生まれてくれてありがとう!」と本気で思う。

最近は岡村靖幸の新作を聴きながら、この想いが日に日に増している。
前作『幸福』から4年ぶりとなる待望のアルバムがリリースされた。
個人的にはあの不祥事以来、彼の音楽を素直に聴けずにいた。そのうち流行りの音楽自体にもあまり興味がもてなくなり、避けていた時期もある。
岡村靖幸復帰後も、わだかまりを解くのに随分時間がかかってしまった。今も完全に“曇りが晴れた”わけじゃない。
けれど、『操』を一度二度と繰り返し聴くうちに、相変わらずの“天下無双“ぶりには唸るしかなく。深くて大きな沼にハマるように、久々の“岡村ちゃんワールド”に
浸っている。そして、「岡村靖幸と同じ時代を生きてこられた自分は、やっぱり幸せ」としみじみするのだ。

それにしてもアルバムタイトルが『操』って・・・
日本の政治家がこぞって意味不明な横文字を安易に口にしたがる時代になったと
いうのに、こんな古風な表現を敢えて用いるファンキーでロックなミュージシャンも
いないだろう。そこがまた岡村ちゃんらしいというか、岡村ちゃんならでは
というか。
たった一文字だけれど、「自分の意志、 主義を貫き、誘惑や困難に負けない」という漢字の意味を考えると、奥深さがある。だからそこに、ある種のふっきれ感のような
“潔さ”と強いメッセージを感じる。
リリース日の4月1日は世の中が新年度を迎え、日本中に“フレシャーズ”が羽ばたく日でもある。“新たな一歩”を踏み出す門出。それを狙ったのかどうかは知らないが、私は『操』のもつ意味とアルバム発売日から、岡村靖幸の“決意表明”を受け取った
気になっている。

初めて全曲を通して聴いた時。良くも悪くも“違和感”があった。
DAOKOの競演で話題の「ステップアップLOVE」やRHYMESTERとの
競作「マクガフィン」などの先行リリース曲は、これまでの岡村靖幸を踏襲しており
耳馴染みがいい。ただ、全体の印象には私がこれまで岡村靖幸に感じたことのない
“何か引っかかるもの”があった。
先日【関ジャム 完全燃SHOW】の岡村靖幸特集で紹介された蔦谷好位置氏の言葉を
借りれば、岡村靖幸という人は「童貞感&こじらせ男子。それが愛される要因の
ひとつ」と言える。けれどその“童貞感&こじらせ男子”ぶりが、今作では薄まって
いる。何か心境の変化があった?と思わせるような新鮮な感触。
 

「わ!飛び出す絵本のような街並みが今ここでほら
朝露で光り出すもう新しい世界」 (少年サタデー)
 

「新しい気持ちが高まるのを感じてるのさ
ただうれしくて楽しくて
どうすれば落ちつくのでしょうか」 (レーザービームガール)
 

「フラジャイルな気分がふっとんだ」
「だだっ広い未来をていねいに見い出そう」 (赤裸々なほどやましく)
 

なに、この前向きっぷり!! 
こんなポジティブな言葉を岡村靖幸の過去アルバムで、眩しいほど畳み掛けられる
ことがあっただろうか? 私の違和感は、彼の書いた詞の世界に先ずあるのだと、
繰り返し聴くうちに気づいた。“こじらせ男子”の代表みたいな岡村ちゃんが、
こじらせてない! これまでの作品に見えた青さや甘酸っぱさが昇華され、
男としての品のいいたくましさ、余裕ある大人のオーラさえ漂わす。
『操』には、人生の“成功と挫折”を重ねて“一皮むけた岡村靖幸”の今が、正々堂々と刻まれている。

1曲目「成功と挫折」から新鮮な驚きの連続だ。小山田圭吾がかき鳴らすギターが、こんなに岡村靖幸の音楽や声とマッチするとは! しかも小山田自身も充分に年を
重ねた分、演奏がなんとも艶っぽい。岡村本人の奏でるギターともひと味違う音色と色気で魅せる。何でも独りでこなせる岡村靖幸だから、これだけのかっこいいギターソロを弾かない岡村ちゃんから始まるのはちょっと戸惑うが、なかなか面白い。
今作のように世代やジャンル問わず色んなアーティストと関われば、“新たな岡村
靖幸”が顔を出すことだってある。その“発見”と“快感”を岡村ちゃんが楽しんでいるのが、曲ごとに伝わってくる。
私の一番うれしい違和感は、このアルバムが穏やかさや温かさそして歓喜・・・
そんなキラキラした自信と肌触りに満ち溢れていることにある。岡村靖幸の声の
向こうに、赤ちゃんの声や鳥のさえずりが、まさか聴ける時代が来るなんて! 
ぽかぽかのお日様とモーニングコーヒーの湯気のシーンが見えそうな未来ある歌を、あの岡村靖幸がメロウに唄うのだから、かなり衝撃だ。しかし、これが意外にも
グッとくる。

『操』の漢字には、「常に変わらないこと」という意味も実はある。
岡村靖幸は今も岡村靖幸であり続けている。それはきっとこの先も変わらない。
ただし遂に今作で岡村靖幸は“大きく飛躍”した。
きゅんきゅん身悶えするような青臭い悩ましさは、今作にはもうない。様々な経験をすれば“こじらせ男子”もいつか必ず成長を遂げる。この飛躍が遅いか早いかはこの際、置いといて。岡村靖幸は岡村靖幸を超え、次のフェーズへと進化を遂げたのは
間違いない。

“成長”と言えば、6曲目「遠慮無く愛してよ」。
何度聴いても名曲「友人のふり」(1989年)の“アンサーソング”のようで、“その後のふたり”の姿が浮かぶ。
不倫関係に成長?した歌に聴こえてしまうのは、単に私が不純な大人に成ってしまったからだろうか?(苦笑)

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい