521 件掲載中 月間賞発表 毎月10日

2017年8月15日

ユカ (21歳)
161
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

back numberの音楽に恋をする

人生経験次第で心に響く曲は違う

back number=恋愛の曲
このように結びつける人は圧倒的に多い。
確かに片思いの曲、失恋の曲、浮気や不倫の曲、恋人との何気ない日常をテーマにした曲など大半は恋愛に纏わる曲だ。
しかし、今回私は敢えて恋愛をテーマにした曲以外の曲のことについて主に書いていきたい。

『頑張れ』
これは私が以前から違和感を抱いていた言葉である。
一般的には応援する言葉としてあまりネガティヴに捉えられない言葉だと思う。
しかし、この『頑張れ』という言葉の重みを一概に計ることはできない。
心の底からなんとかやり遂げて欲しい、力を出し切ってほしいという願いを込めての『頑張れ』から、まるで挨拶のように軽く言う『頑張れ』まで様々だと思う。
実際、私自身も前者、後者両方の意味からこの『頑張れ』という言葉を使ったことがある。
しかし、この言葉一つが時に自分を追い詰め、時に自分という存在すらも否定してしまうということに気付いた。
だから、私は応援歌というものがあまり好きではない。
頑張っている人にこれ以上頑張れなんて当事者ではないからそんなことが言えるのだ、あまりにも無責任だ、そう思っていたからである。
そんな私の心に響いた曲、それが『平日のブルース』『SISTER』である。

平日のブルースのサビにはこのような歌詞がある。
《走って歩いてさぼってまた歩こう》
この歌詞が流れてきたとき、私は肩の力がスッと抜けた。
“サボっていいんだ” そう思った。
今までの応援歌というものは、極端な話、何が何でもあと少しなんだから頑張れというものが多かった気がする。
特に平日は職場や学校で何かしら頑張っている人が多い。
実際、人というものは頑張り続けるといつか壊れてしまう強くて、でもとても弱い生き物である。
All Our Yesterdays Tour 2017 大阪公演の初日、MCで清水依与吏が言った何気ない一言が今も心に残っている。
『人生には休憩も必要』
そのときに思った。
だから彼はあんな歌詞が書けるのだと。
最初から走りっぱなしでなくてもいいのだ。
走って 歩いて さぼって また歩く
このようなペースで毎日を生きていく方が
自分らしく日々を生きていくことができるのではないだろうか。
そしていつか、
《意味を探すんじゃなく 僕が意味を与えられたら》
日々を生きていくうえでこんなにも幸せなことはないのではないかと思う。

SISTERにはこのような歌詞がある。
《地下鉄の窓に映り込む 疲れきった逆さの君が 君の為にこの歌を歌ってる》
この歌詞からわかるように、窓に逆さになって映り込むもう一人の“自分”が日常を生きている本来の“自分”に対して歌っているのだ。
《負けないで 君が瞬きで隠した痛みをその想いを ああ 僕は知っているから》
《泣かないで 君が費やした すべてが意味を持つその時まで あの雲の先できっと きっと》
残念なことかもしれないが、自分の痛みや苦しみを誰かに100%わかってもらうには限界というものがある。
しかし、窓に逆さになって映り込むもう一人の“自分”になら自分の痛みや苦しみを自分のその表情だけでわかってもらえたりしないだろうか。
そして奮い立つことができることもあるのではないだろうか。
また、私はこの曲を聴くとき、清水依与吏からのメッセージだといつも思って聴くことにしている。
そうすると不思議と自分を大切にしながらも頑張れるのだ。
清水依与吏がこう言ってくれているから大丈夫だと。

清水依与吏はback numberの曲について次のように述べている。
『back numberの歌ってその経験をした人しかわからないから、誰に響くかっていうのは未知なんですよ。聴く人のその時のモチベーション、その人それぞれの人生経験次第ですから。』
本当にそのとおりだ。
きっと1年、2年と年月を重ねるごとに今とは別のback numberの曲が将来の自分の心に響いているのではないかと思う。
恋愛の曲が大半であるback numberであるが、親への気持ちを綴った曲や自分らしさについて綴った曲など他にもいろいろなテーマの曲がある。
しかし、そこには共通して言えることが一つある。
不器用だがありのままで聴く人にも寄り添う歌詞だ。
それは、不器用だが人一倍の温かみがある清水依与吏という人間が書いたからだ。

まだ21歳。
80歳まで生きるとしたら人生の4分の1が過ぎたところだ。
それなら私は残りの4分の3の人生でいろいろな経験をし、今以上にback numberの音楽に恋をしたい。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい