3459 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

奥田民生の歌声が聴きたくて

バンドのフロントマンから解放された音楽

ユニコーンを知るきっかけは、大学生の時にコンビニエンス・ストアで一緒に働いていた女子高生がユニコーンのファンだった事だ。彼女の話によると、ユニコーンのドラムの人に僕が似ているということだったので、さっそく雑誌を調べてみてビックリ、全く似ていない・・・自分の顔が他人の目にはこんな風に映っているのかと不思議な気がした思い出であった。

そんなことがあって、ユニコーンなるバンドは一体どんな音楽をやっているのかと興味が湧き、早速当時の最新アルバム『PANIC ATTACK』を購入して聴いてみたのである。そして、一曲目の「I’M A LOSER」でいきなり飛び出す奥田民生の歌声に思わずのけぞった。その豊富な声量から生み出される通りの良さと、挑発的ながらもどことなくユーモアが漂う愛らしさに速攻で耳が奪われてしまった。

肝心の音楽性も、その当時では他に類を見ない個性的なものに感じられた。キラキラした派手なキーボード・シンセ、ハード・ロックのような分厚いギター、ビンビンと響く重いベース、タイトで歯切れのいいドラム・・・その当時はまだパワーポップなる呼び方は一般的ではなかった気がするが、『PANIC ATTACK』はまさしくそう呼ぶにふさわしいものだった。特にドラムの迫力に耳が吸いつけられ、ユニコーン・サウンドの魅力はドラムが支えているように感じられた。

『PANIC ATTACK』に続いてリリースされた『服部』でもサウンドの鍵を握っていたのは、やはりドラムだった気がする。タイトル曲の「服部」を筆頭に、「おかしな2人」、「逆光」、「大迷惑」と、好きな曲は皆ドラムがカッコいい曲だった。しかし、アルバム単位でよく聴いたのはこの『服部』が最後となってしまう。ファンや評論家筋からも高い評価を獲得した次作『ケダモノの嵐』は僕にはあまり響くことなく、そのままユニコーンとはフェイドアウト的に縁が切れてしまったのである。

ユニコーンにハマれなかった要因は結構はっきりしている。それは、バンドのメンバー全員が作詞作曲に携わり、メイン・ヴォーカルもこなすことによって生まれるバラエティに富んだ音楽性が、僕には散漫に感じられてしまったことだ。こういったパターンのバンドで最も有名なのがビートルズなのだけれども、僕はジョン・レノンのヴォーカルが好きで、ポールやジョージ、リンゴがメイン・ヴォーカルを担う曲がフェイバリットになることはほとんどなかった。サウンド的には慣れてくる部分もあるけれど、ヴォーカルとの相性というのはなかなか克服できない厄介さがある。

というわけで、純粋に奥田民生の歌声を聴きたくてほうぼう検索した結果、まず驚かされたのは、彼がすでに12枚ものソロ・アルバムをリリースしていた事だった。しかも、全て一桁台の最高位ランクを獲得しているという事実が失礼ながら意外な気がした。なぜなら、彼のやっている音楽は、売れ線狙いの綿密に計算されたポピュラー・ミュージックとは全く異なる趣味的なイメージが強かったからだ。僕が唯一所持していた『股旅』も、古き良き60・70年代の洋楽的な要素が色濃く漂っている、まさにそういった作品だと思う。そして、『股旅』の他に聴くべきアルバムは何が良いのかと探っていって第一に浮上してきたのが9枚目の『Fantastic OT9』だった。

思い立ったが吉日、翌日に速攻で購入し、期待と不安にドキドキしながらスタートボタンを押す。一聴「おおー!なんだこれ、スゴイじゃん!」と思わず感嘆。その最大の要因は音の一体感。いわゆるアナログ的な厚みと迫力を感じさせる生々しい音響に耳が吸いつけられてしまったのである。どうやら彼自身、デジタルよりもアナログの方が好みらしく、そういった音に対するこだわりがこの作品には大きく反映されているように感じられた。

オープニング「イナビカリ」の無骨なギター・リフと疾走感に体が勝手に反応して動き出してしまう。曲調はいかにも典型的な民生節というか、スタンダードなロックンロール・ナンバーで『股旅』の頃と音楽性にさほど違いは無いのに、こちらの方が迫力満点に響く。そう、まさに音の響きが違うのだ。続くミディアム・テンポの「スルドクサイナラ」も、彼にしては珍しくハードに迫る力強いロック・ナンバーに仕上がっており、このアルバムに対する特別な意気込みがヒシヒシと伝わってくる。

そして、僕が最も惹きつけられたのが3曲目の「フロンティアのパイオニア」だった。その、根拠なき自信と確信に満ちたメッセージを民生が悠然と歌いあげる爽快なナンバー。聴いているだけで「この曲から勇気と希望をもらいました!」なんて、月並みなセリフを口走ってしまいたくなるほどに、ジワジワと気分が高揚してくる。

他にも、分厚いギター・リフと伸びやかなヴォーカルが心地よい「アドレナリン」、沈み込むようなヴォーカルとヘヴィなギターに耳が吸い寄せられる「鈴の雨」、お得意のユルやかなグルーヴ感に満ちた「なんでもっと」、引き締まったドラムに乗って仄かに哀愁を漂わせる「無限の風」など、有名なシングル曲のようなキャッチーさとは一味違う、どこかアンニュイで独特の雰囲気を持った曲が多く、それが余計に彼の歌声を魅力的に響かせているように感じる。そんな民生節を存分に堪能できる『Fantastic OT9』は、彼自身が最高傑作と自負するに値する、とても充実したものに仕上がっている。

『Fantastic OT9』を聴いていると、なんだか無性にどこかへ出かけたくなってくる。しかし、今は「フロンティアのパイオニア」を聴きながら、颯爽とオープンカーを飛ばしている自分の姿を頭の中に思い描くだけ。それで十分、問題ないぜ。奥田民生の歌声には、そんな開放感に満ちたキラメキが散りばめられている。そうだ、この機会にユニコーンも聴き直してみようか。もしかしたら復縁できるかもしれない。そんな予感すら抱かせる力強さが『Fantastic OT9』にはある。

(曲のタイトルはCDの歌詞カードによります)

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい