3418 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

LiSAが教えてくれた「強くなれる理由」

紅蓮華の心臓に生えた毛のように

「強くなりたい」
人間関係や仕事とか勉強などで悩んだ時、恋い焦がれた時。
挫折する度に、壁にぶつかる度など誰だって何度も思うことだろう。
自分の弱さに涙し、情けなくなって、その悔しさを人は原動力に変える。
そう、メンタルを強くさせる原動力に。

それが、そのターニングポイントがいつに来るかなんて
分からない。

でも、LiSAの紅蓮華ではそれが
《世界に打ちのめされて負ける意味を知った》ときだと
彼女は唄っている。
つまり、何かにつまづいて「この状況を乗り越えたい」と思った時
人は変われるのだと私は解釈した。
 

そう、それは
受験やオーディションに敗れたとき
「憧れの世界」に入ったのに当たって砕かれたとき
誰かに見放されたときなどと十人十色だろう。
 

しかし、それをバネにし、助走にすることで
人はまた強くなると唄っていると思う。

そして、

《乱暴に敷き詰められた トゲだらけの道も
本気の僕にだけ現れるから 乗り越えてみせるよ》

今立っている砂浜から海の向こうの島へ行こうとしている彼のように。
治らないと誰もが首を横に振るその病気や怪我を治そうと頑張る彼女のように。

その「自分の試練」を彼らはめげずに立ち向かおうとしている。
この私も今、目の前に立ちはだかっているラスボスと闘っている。
きっと、そんな人って世界中、何処にでもいるだろう。

試練に大きいとか小さいなどはない。
誰だって頑張っているのだから。

諸事情で夢を挫折しても、その夢をいまだに私は捨てられない。
なぜなら、私の応援歌の一つである、この紅蓮華で

《簡単に片付けられた 守れなかった夢も
紅蓮の心臓に根を生やし この血に宿ってる》と歌っているからだ。
 

強くなれるとき。
それは、何かに負けた者が勝ちに行こうと這い上がった時だ。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい