3713 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

心で感じない、耳で音を楽しむライブ

8月3日、RADWIMPS ANTI ANTI GENERATION TOUR 2019を振り返って

2019年8月3日、縁あって友達にRADWIMPSのANTI ANTI GENERATION TOUR 2019 コンベックス岡山公演に同行させてもらった。
ライブ当日の一週間前には必死に予習をした。RADWIMPSの曲を聴きまくった。
しかしそれまでは、RADWIMPSをあまり聴いてはこなかった。むしろ、意識して聴こうとしなかったり、わざと避けてきたりしたことさえあった。
 
 
 

僕の音楽の原点は、2015年、当時15歳のちょうど今の時期ぐらいに聴いたBUMP OF CHICKENの”オンリーロンリーグローリー”。そこから、現在19歳になってジャンル広く様々なアーティストを聴くようになったが、それまでの中学三年生後半からの約二年、僕は文字通りBUMP漬けの毎日を送っていた。

暇さえあればBUMPの曲を口ずさんでいた。高校に入学し、友達もいなかった僕は、授業中や休憩中のちょっとした時間を見つけては教科書やノートにびっしりとBUMPの歌詞を書き連ねた。
登下校中に聴くのはもちろんBUMP。雨の日は、イヤホンを耳に差しながら傘をギターに見立ててギターソロを弾いていた。特に、”セントエルモの火”を弾くのが痛快だった。端から見ればただのイタいヤツだ。それぐらいBUMP OF CHICKENに熱中していた。
特に高校一年生のとき。初めての高校生活、積み重なる課題、慣れない部活、中学時代とは比べ物にならない距離の通学路。寝てもろくに疲れが取れず、食らい付くように毎日を生きていた僕を、唯一支えてくれたのがBUMP OF CHICKENだった。

僕がそんなBUMP漬けの日々を送っていたまさにその最中、とある映画が大ヒットした。「君の名は。」だ。当時の僕は映画というものに全く興味がなかったが、それでもビックリした。クラスメイトほぼ全員が観に行っていたのである。みんな教室で君の名は。の話をしている。「おいー!ネタバレすんなよー!」という男子の叫び声があちこちで聞こえてきたりもした。三回以上観に行った人もいた。本当にフィーバーだった。
映画に興味のない僕でも、この流れには乗らぬまいと予定が空いた日に観に行こうと決意した。でも結局行かなかった。
僕には、君の名は。のフィーバーの中で少しだけ気にかかる存在がいた。それこそがRADWIMPSだった。

その当時、ネットの掲示板を見ると、「BUMPとRADはライバル」「RADがBUMPを越えた」「”前前前世”がBUMPの曲にしか聴こえない」と、BUMP OF CHICKENを比較対象に語られる記事が多くあった。
僕はそれまで、RADWIMPSを知らなかった。曲はおろか、バンド名も聞いたことがなかった。小学生ぐらいの僕でも、BUMP OF CHICKENというバンドがいて、”天体観測”という曲があることぐらいは知っていた。でもRADWIMPSは君の名は。フィーバーで知ったのが初耳だった。
本当にBUMP OF CHICKENしか頼れる存在がいなかった当時の僕は、突如として現れたBUMPのライバルに、ただならぬ恐怖感と嫌悪感を覚えた。

しばらく、RADWIMPSが嫌いな時期が続いた。カラオケで履歴を見て、BUMPの曲がなくてRADの曲があればとても悔しかった。勝手にBUMPが負けた気になっていた。抗うように三時間BUMPの曲をぶっ通しで歌ったりした。出来るだけ”前前前世”をはじめとする「君の名は。」の劇中歌を聴かないように過ごした。映画を観に行こうと誘われたこともあったがもちろん断った。
何よりも「BUMP OF CHICKEN」という絶対的な存在が脅かされるのが怖かった。そんな存在に触れたいとも思えなかった。

そんな僕も、高校二年生の途中ぐらいから少しずつRADに興味を示すようになった。いつまでも嫌っているのを億劫に感じた。当時の新曲”サイハテアイニ”に関しては何となく好きだった。RADWIMPSのメンバーがBUMP OF CHICKENのファンだということを知った。とても親近感が湧いた。
そして何より一番大きかったのは、高3で出会った友達のTくんの存在。彼はBUMP OF CHICKENとRADWIMPSのファンだった。中学、高校と過ごしてきた中で、僕の周りにはBUMPファンが全くいなかった。やっと、学校でBUMPのよさを語り合える友達が出来た。その友達と毎日のようにBUMPの話をして、時々RADの話も聞いた。どんどんと仲良くなっていった。カラオケに行くと、TくんはBUMPの曲を何曲か歌ったあとずっとRADを歌った。それを聴いたりしながら、RADWIMPSを徐々に受け入れ始めていた。

そんなある日、Tくんが持っているRADのアルバムを、僕に全部貸してくれることになった。
ファーストアルバム”RADWIMPS”と、”アルトコロニーの定理”以外の全てのアルバムを貸してもらった。パソコンに取り込みWALKMANに入れ、ざっと聴いてみた。正直、あまりピンとこなかった。所々クセになる曲はあったが、RADWIMPSというアーティスト全体を好きになるには至らなかった。やはりRADを意識的に嫌っていた時代の記憶がまだあった。そこから、またしばらくRADWIMPSから離れた生活が始まった。

高校卒業間近、Tくんが突如僕に言ってきた。「RADWIMPSのライブ行こうよ。」
ちょうどその時の僕は、Mr.Childrenのライブのチケットが当たった直後だった。ミスチルのライブに行くんなら、ついでにRADも見てみようかという、正直言って生半可なノリで首を縦に振った。
 

その後僕は大学に進み、3年前と同じ慌ただしい毎日を送っていた。
気が付けばライブ当日まで一週間を切っていた。まずいことに、RADの曲を何一つ知らない。映画「君の名は。」のフィーバーで散々聴かされた”前前前世”や”スパークル”ぐらいしか歌詞を知らない。流石に焦った僕は、急いでRADWIMPSの予習を始めた。WALKMANに入ってなかった2つのアルバムも急いでレンタルした。とりあえず、ライブで演奏される可能性が高い有名曲を漁った。”おしゃかしゃま”、”君と羊と青”、”DADA”、”ふたりごと”、”有心論”、そして最新アルバムの曲。何度もリピートさせた。
そして、ライブ当日までには「ほとんど歌詞も題名も知らないけど、とりあえず全ての曲を一度は齧ってて、メロディだけ聴けば何となく分かるだろう」ぐらいの所まで辿り着いた。
ただ、このRAD漬けの一週間においても、RADに心を掴まれることはなかった。
 
 

そして当日、8月3日。Tくんとは岡山駅で合流した。駅地下で昼飯を食べ、駅周辺をふらっと散策したあと電車に乗り最寄り駅へ。そこからシャトルバスを乗り継いで会場のコンベックス岡山へ。
とにかく、とにかく暑かった。僕とTくんと2人とも鳥取県出身なのだが、鳥取県は全国的に見ても暑い。蒸し暑い。まるでサウナだ。サウナの中で育ってきたも同然だ。そんな鳥取より暑かった。

会場につくやいなや、その暑さもさることながら、いきなりBUMP OF CHICKENの帽子を被っている人を見かけてびっくりした。ああ、やっぱりBUMPとRADって似てるんだな。音楽性は分からないけど、少なくともファン層はそっくりなんだな。大昔の自分なら「BUMPとRADを一緒にするな!!」と怒っちゃうんだろうけど。
ツアートラックの前で写真を撮り、グッズ会場へ向かった。ギンギンにクーラーが効いている。僕はとりあえずタオルを買った。その他のグッズは予めTくんが代行してくれていた。そこから開場まで、ずっと屋内にいた。
入場が始まり、会場へ。この瞬間はやはりゾクゾクするものだ。僕自身、ライブは2回目。オールスタンディングは今回が初めて。ブロックは、E。最後列だ。ステージ奥にあるドラムセット2台が辛うじて見えるくらいの距離だった。

いよいよ開演。幻想的な光の演出とインスト曲を皮切りに、”tazuna”が始まった。どんどんと雰囲気に呑まれていった。続いては”NEVER EVER ENDER”。曲もよかったが、何より隣のTくんが目をギラつかせながら体を揺らしていたのが印象的だった。
確かこの曲は、彼がRADの中でベスト3に入るぐらいに好きだと話してくれた曲。そして、彼にとって今日が人生初のライブだ。並々ならぬ気持ちで聴いていたのだろう。

そこからしばらく、僕の知らない曲が続いた。聴いたことはあるけど題名と歌詞を全く知らないというような曲がいくつか並んだ。ただその間も、野田洋次郎の煽りやMC、楽器隊のテクニックに翻弄された。

ライブ中盤、”そっけない”が演奏された。とてもしっとりとしたピアノバラードだ。強烈なパンクロックなんかを歌っている人とは思えないほど、雄々しく優雅に弾き語っていた。僕はただただピアノの響きに酔いしれていた。

しばらくして”おしゃかしゃま”のイントロが流れ出した。流石にこれは知っている。予習済みである。歌詞はうろ覚えだけど。
さあ渾身のサビだ。手を突き上げ、ぴょんぴょん飛んでみる。後ろからものすごい圧力がかかってきて押し倒されそうになった。みんなが前に出て来ようとしていた。僕はスタンディングの圧倒的な熱量に圧倒されていた。ボルテージは最高潮だ。
ここで、周りのみんなが洋次郎さんと一緒に歌っていたのが気にかかった。

今回のライブの三ヶ月前、僕はMr.Childrenのライブに足を運んだ。Mr.Childrenのライブでは、周りの観客はボーカルの桜井和寿さんに促されない限り、絶対に歌わなかった。みんな桜井さんの声が聴きたくてライブに来てるんだろう。Mr.Childrenの曲が聴きたくて来てるんだろう。そう思って僕も歌わなかった。みんな、僕の声や見知らぬおばさんや見知らぬお兄ちゃんの声は聴きたくないんだろう。

しかしRADはそんなことなかった。みんな歌う。Tくんも歌う。それにつられて僕も「あいがあっあって あいいあっあっえ だあああんあって言うんだ」と誤魔化して熱唱してみる。
ステージ上にいる5人。そして客席にいる数千人。コンベックス岡山にいる全ての人間で作るライブ。全ての人間で奏でる”おしゃかしゃま”。
ライブといえば、好きなアーティストの好きな曲のメロディーと歌詞をじっくり味わいながら、琴線を震わせながら、たまに手を突き上げながら、楽しむものだと思っていた。心で感じるものだと思っていた。そんなことない。今僕がいるこの場は、ある程度考えることを放棄して、五感から伝わる情報だけを素直に受け入れるだけの場所。会場の雰囲気にその身を任せ、究極の非日常を嗜む場所。そんな気がした。だからこそ、歌詞がうろ覚えでも、Cメロを知らなくても、体を動かすだけで何のハンデもなく楽しめた。

さらに”IKIJIBIKI”、”君と羊と青”といった激しい曲が続く。そろそろ終わりが見えてきた。”いいんですか?”ではこれまた観客の大合唱が始まった。僕は全く歌詞を知らなかったが、むしろ知らなくて得をしたとも思えた。「観客」という一人の偉大なボーカリストが、僕にライブを届けてくれているようだった。それぐらい圧巻の合唱だった。
本編ラストは”愛にできることはまだあるかい”。そういえば今、映画「天気の子」が上映しているな。3年前の「君の名は。」は結局見なかったけど、今回は観に行こうと強く誓った。
 

そしてアンコール。最新アルバムから”正解”の演奏。この曲は、NHKの「18祭」という番組内で、激動の時代を生きる18歳のために制作された曲。そしてまさに、僕らが18歳のときの曲。言うなれば、僕とTくんに向けて歌われたも同然だ。この日一番の感動が僕を襲った。
なだれ込むように”DADA”が、オマケにダブルアンコールで”会心の一撃”が演奏された。最終盤にしてテンションはMAXだった。あまりこの2曲は思い出に残っていない。それほど熱狂していたのだろう。
 
 
 

ライブの感想だが、一言で言えば、楽しかった。何もかもが想像以上だった。ほとんどRADについて無知な状況だったにも関わらず、めちゃくちゃ楽しかった。無知だったからこそ楽しめた部分すらあった。
BUMPと比べられているから、BUMPより有名になってるからと忌み嫌っていた、BUMPの敵であり僕にとっての敵であるRADWIMPSの姿はそこにはなかった。ただ純粋に、すごいライブを見せてくれたすごいアーティスト・RADWIMPSだけが強く心に刻まれた。

このライブの3か月前はMr.Childrenのライブに、一か月後には念願のBUMP OF CHICKENのライブにも行った。そんなBUMPのライブと、ミスチルのライブと、RADのライブは楽しみ方に決定的に違うところがあった。
BUMPとミスチルのライブは、「この曲やるのは珍しいなぁ」「ここの歌詞やっぱりいいなぁ」「メロディーちょっと変えて歌ってるなぁ」と、さまざまに思いを巡らせながらゆっくり噛むように味わっていた。言うなれば「心」で楽しんでいた。
ただRADは違った。耳に入ってくる音、浮かび上がる映像、レーザー光線のコントラスト、桑ちゃんと武田さんとサポートドラマー2人と洋次郎さんが響かせるレベルの高い演奏、洋次郎さんの歌声、客席の雰囲気、それぞれが直接体内に入り込み響いてくる感覚があった。「心」というフィルターを通さず、「耳」という媒体のみで楽しんでいた。
もちろん、RADWIMPSの曲はどれも歌詞やメロディーが素晴らしい。”NEVER EVER ENDER”を聴いていたTくんのように、曲をじっくり堪能するのももちろんひとつの楽しみ方。ただ僕は、それができなかった。いや、それをしたくなかった。
あの会場に突っ立って、Eブロックの真ん中辺りでぼけーっと佇んで、たまに飛び跳ねていたあの状態が、一番RADWIMPSのライブを楽しめたんだろう。しかも僕は、RADWIMPSの曲の大半を知らないという状態で観た。耳に入ってくる全ての音が新鮮で真新しくて、どんどんとRADWIMPSの世界に引きずり込まれていった。
今後RADWIMPSのライブに行く機会が何度かあろうとも、8月3日のあのライブは、僕にとってもう二度と体験し得ないライブだと、そう確信した。
 
 

今やRADWIMPSは、僕にとってBUMP OF CHICKENに並ぶほどよく聴くアーティストだ。カラオケでも、BUMPよりRADを多く歌うことだってある。
今回のライブを通して、RADWIMPSをより好きになったとはあまり思わない。もちろん魅力はすごく感じた。ただそれ以上に、「音楽」を今まで以上に好きになった。「ライブ」の楽しさをを知ることが出来た。
何となく「BUMP OF CHICKEN」という偶像をひたすら崇拝していた3年前の自分とは違う。
これからRADWIMPSがどんな姿を見せてくれるのか、どんな音楽を僕に届けてくれるのか、非常に楽しみで仕方ない。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい