3690 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

スイッチ

黄金週間はBUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 PATHFINDER でリズムをとらえる

好きな音楽を聴いた時に、「ここ。このフレーズ」で、

こうせざるを得ないという動きがある。

涙が出るとか、左の口角だけあがっちゃうとか、思わず口ずさむとか。

ただ言葉にするよりも、先に体が動く。

あえて言葉にするなら、えもいってことらしい。

えもい、という言葉がまだ生まれてない頃

私にとってえもいを教えてくれた音楽ジャンルは

J-popでBUMP OF CHICKENでSpitzで椎名林檎で宇多田ヒカルだった。

この人たちの作った曲は、
イントロでだいたい「!」となると同時に状況によって心と身体が同時に過剰に反応する。

場合によっては情緒不安定よろしく、泣く。

物心ついたころから、なんとなくあのへんにある感情スイッチ。
それは、感情という文字に修正テープが貼られ、「エモ」という文字が書かれてもなお。しかし「このへん」という場所を教えてくれる音は人によってさまざまで、
私にとってはJ-pop(以下省略)ってだけ。

・・・

通称エモスイッチは

引っ越し初日、あれ?電気つかねー。
あ、そうか・・・ブレーカーどこだっけね
はいはいここね
バチン!

・・・

え、この部屋どこに電気つけるスイッチ有るんだっけ
そこだよー
ああ、はいはい
パチン

・・・

そういうイメージで、ああ、そうそうここにあったわ
くらいの流れで暗闇に電流が走る。

「えーと。このへんじゃなかったか、あ、そうそう。ここここ」が、
私にとっての「エモスイッチ」プッシュまでの予備運動だ。

・・・

さて、この度のGWはいつもの連休の流れとは違い。
毎日働いているわたしへ「働くな」という世にも珍しい連休となった。
このご時世、幸運中の幸運でかなり環境としては恵まれていることを実感する数日間だった。こんなに休んだことは、おそらく会社に入って初めての経験で、めちゃくちゃ自由に家で過ごすことを許された文字通りの黄金週間となった。今までぶつくさ言いながら働いてきた自分と、そんな自分を黙って雇用してくれていた会社に感謝としか言いようがない。(そしてこれからもきっとぶつくさ言いますがどうか見過ごしてほしい。)

で、めちゃくちゃ自由に家で過ごすことを許された30代の女性が家で一人ですることをわざわざ書き連ねるなど、ここでは特に全く必要ない行為であって。しかしこの機に多くのアーティストが無料で自分たちのライブをようつべにアップしてくださったおかげで、家事のみを遂行する清き悲しき日々を過ごすことは免れたことを強調するためだと、前文のことはこれもまた見過ごしていただきたい。

・・・

多くのアーティストとくくったことには意味があって、そうそうたる方々の音源&映像をたくさん拝見したけども、拝見する目が水分でしばらく使い物にならず、エモスイッチもびっくりな状況になってしまったのがそうです「BUMP OF CHICKEN」です。

もうただ一言で「(アップしようぜって言ってくれて関係者さん許してくれてとにかく)ぅありがとうぅ!」なんだけど、せっかく書くわけだから、とにかく気が晴れるまでタップを尽くそうと思う。

・・・

高校生の時はスペルを間違うのが怖くてカタカナで書いていたよ。
「バンプ」。

・・・

しっかしなんで泣いたんだろうと思った。
動画開始7分を過ぎてみたまえ。(誰)
銀行の指紋認証くらいの雰囲気で複数のスイッチが反応する。
そんな性能良い設定だったっけ。

・・・

あちこちの指紋認証スイッチを押されて気づくけど、
「あなたはきっとこれが好き」システムに脳みそを預けていて
「すきかも」で音楽を聴いていた。

というか完璧に「自発的に好きなものを聴く」という行為をさぼっていたんだと思う。

書いていてとても恥ずかしいけど、
バンプが好き!という言葉を言えなかった数年があった。
以前誰かに伝えた時に、なんかこじらせているって言われてしまったから。
それ以来たくさん曲を聴くのが良いと思っていたけど
本当に好きなものをはぐらかしてなにが楽しいんだと思った。
自分よ、あほめ・・・という涙がとめどなく流れた。

好きなものを好きでいよう。
多くのアーティストとかってくくってごめんよ。
ずっとバンプが好きでした。

・・・

いつか、ぼーっと電車にのってた時に
ビートとテンポとリズムについてネットで調べたことがある。
大まかに解釈すると、ビートは一定の鼓動で、
心電図とかで見る「トットットット」というアレ。
みんながもっているもの。
テンポは、その速度。
これもみんながもっているもの。
さらに、そこに不規則な動きを与えるのがリズム。

不規則な動きっていうのは、その動きを発動した者の心的・体的感情(EMOTIONから生まれるMOTION)で生まれるそうだ。

バンプの曲は、どうしてもこういう音やリズムじゃなきゃ伝わらないという思いと動きでできたものたちと思っているけど、その、心的・体的感情のリズムが非常に近い。

・・・

近いというか、同じとさえ思う。

・・・

他にどう表現しようもない動きで生まれる自分だけの 好きリズム。

好きの一切をはぐらかし
(しかもこじらせていると思われるのが嫌でっていうトンデモ動機。)
その分、テンポが狂い
いつか自分の呼吸つまりビートも意識せずに暮らしていた気がした。

本来なら好きなものに触れるだけでうれしくて、
あっというまにすぎゆくべきのに
自分の目の前でだらだらとただ時間だけが長居していくさまを、
社会人になってからずいぶんと味わった気がする。

時間は節約すべきではない、あふれる気持ちを投じて、
惜しがるくらいがちょうどいい。

もう帰らなきゃいけないのか、さみしい!とか
はやく会いたい!とか
そういうエモーショナルなワードはご無沙汰だ。
ていうかそれしきのエモーショナルなエクスペリエンスしかないのが恥ずかしい。

大人なら 社会人になら
結婚するなら 子供を産むなら
このプロジェクトなら
この会社なら
まぁ、それもそうだねって思うんだけど
それはそうなるべきときで、しかもそのときだけでいいと思った。

・・・

好きなものを好きでいて、とにかく自分の時を進めてけよって
言われてる気がして大号泣でしたよ。

・・・

明日からまた日々は続く。
別に大冒険をしなくてもごみ捨てやたんぽぽを見つめるだけで
毎日は結びつきあっていくのだから
特別なことをしなくても、空が赤くてうれしかったりするんだし
いっせーのーでっていうとき次はわたしもいっせーのっせって言おうとかさ

・・・

ひとまず旧エモスイッチを改名したいと思う。

布テープに油性ペンで

「好きスイッチ」

・・・

「ナミダスイッチ」

・・・

落ちつかないな…。

・・・

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい