3418 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

ロックスターは現代に蘇ったのか

SUCK MY WORLD/THE ORAL CIGARETTESに寄せて

これまでの緻密に作り上げた伏線がつながる大傑作である。
THE ORAL CIGARETTESの「SUCK MY WORLD」を聴いてそう感じた。

このアルバムの大きなテーマは「輪廻転生」だと思う。
M1の「Introduction」では「Life goes around to make a circle」と綴られている。
また、今回のアルバムジャケットを含み、このアルバムに収録されているシングルのジャケットには全て大きな円が描かれていた。
さらに先行シングルの7つのMVはそれぞれ七曜をモチーフにしていると思われる。七曜は曜日が廻るように循環を表していると解釈することもできる。
これらの要素は、命が生まれ、朽ち果て、生まれ変わるという循環を表しているのだろう。
詳しくはアリーナツアーで明かされるとのことなので、開催を願いながら楽しみに待つことにしよう。

ではなぜ、「輪廻転生」がテーマになったのか。
それはこのアルバムの構造を紐解いていくことで明らかになる。

このアルバムは大きく分けると、インスト曲であるM8の「Breathe」で前半と後半部分に分かれている。

前半はポエトリーリーディング調の「Introduction」で始まる。
人類の歴史を想起させる英詞からも分かるように、前半部分は、人類そして音楽の歴史を遡っている。
「Tonight the silence kills me with your fire」はパンク色が強い楽曲だが、パンクというジャンルは1970年代にロックから派生したものである。
そのロックは1950年代に生まれたものだが、「Dream In Drive」や「Maze」では、彼らの原点に近いような日本語ロックが歌い鳴らされている。

またR&B畑のプロデューサーを起用したグルーブが心地よい「Fantasy」、この元になっているR&Bは1940年代後半に生まれ、ロックにも大きな影響を与えた。
「Hallelujah」ではさらにR&Bの原点ともいえるゴスペルをフィーチャーしている。

もちろん音楽の起源には諸説あり、説明が至らない点はご了承願いたいのだが、この前半部分は音楽の歴史を想起させるものになっているのだ。
 

そして、どこか時空の狭間を表現したような浮遊間のある「Breathe」を通して、アルバムは後半部分に突入する。

後半部分は打って変わって現代日本を表しているように感じた。
上京した頃の気分を交えつつ東京を描いた「Color Tokyo」、SNS時代に蔓延るようになった私利私欲に溺れる人を描く「Naked」、MVでは最後に日本国旗が浮かび上がる「Shine Holder」
など現代の日本の危機感を様々な切り口で描いている。

これは、前半で描いた音楽の歴史を作ってきたようなスター、特にこの現状に警鐘を鳴らすロックスターがいない危機感も表している。

そしてここからは一気にORALのボーカルである山中の心情や人生にクローズアップし、「From Dusk Till Dawn」ではそんな現代に生きる自らの闇と向き合うことで、孤独な時期を表現している。
しかし、その次の「The Given」で大切な人との出会いや、その人から与えられたものによって前に進んでいく決意をする様子が見られる。
 

ではなぜ「歴史」「現代日本」「自分」を描いたのか。
そしてどう「輪廻転生」に繋がるのか。

全てはラストの「Slowly but surely I go on」で明らかにされる。

この曲のMVでは最初は泣いていた少年が、成長を通して笑うことができるようになり、最後はORALに花を手渡すという構成になっている。
この少年の成長する場面には、今までのシングルの要素が詰め込まれているのだが、そのシングル群を通して少年はORALに使命を手渡したのだと感じた。

「ロックスター」としての使命である。

このアルバムは「歴史」を描くことで「現代日本」の危うさを浮き彫りにした。時代はこの状況を打破する者を求めている。

山中は自分がロックスターの生まれ変わりであることを悟り、自分の使命に気づいたからこそこのような作品を作ったのではないか。

だからこそ最後の最後に「これがFirst Day」と歌い、
ここから革命を始めていくと宣言をしたのではないだろうか。

もちろんまだ全てが明かされているわけではないし、これまでに発表された情報を元にした憶測も多いが、これからのツアーやアクションでORALが目指していく世界が明らかになるかもしれない。

自らの世界を吸い上げた彼らが何をするのか楽しみである。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい