3561 件掲載中 月間賞毎月10日発表
この数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。

DISPATCHERSに込めた想い

ポルノグラフィティから届けられたギフト

DISPATCHERS。
ポルノグラフィティのボーカル、岡野昭仁が配信を始めた番組名だ。
詳しくはスペースシャワーTVの番組であり、その一部をYouTubeで配信してくれている、とてもありがたい番組である。
配信から2ヵ月が経とうとしているいま、
ふと、そういえばどういう意味なんだっけと思い、検索にかける。
DISPATCHERS :発送係、急送者
上記の意味で出てきたが、発信者みたいな感じで思っておけばいいのだろうか。
それとも音楽を私達の元に発送してくれているという風に捉えれば良いのか。
目には見えないけど、届いているものは確かにあるのだから、間違ってはない気がする。
3月23日に初回の配信があってから、何という供給量と驚く程のペースで音楽を、時には仲の良いミュージシャン達とのオンライン飲みの様子などを届けてくれている。
少し前に大流行中の鬼滅の刃の主題歌であるLiSAの紅蓮華をカバーして、SNS上で話題になった。
本家へのリスペクトをしっかりと語りつつ、しっかりと自分の歌にしてしまう岡野昭仁の凄さに震え、Twitterで多くの人からプラスのコメントをもらっているのを読み漁っては自分は何もしていない長年のファンなだけなのに誇らしく感じ、自分が褒められているかのように浮き足立った。
勿論、カバーだけでなく、ポルノグラフィティのワンモアタイム、ギフト、愛が呼ぶほうへ等、この短期間で多くの曲が届けられた。
力強いギターの音と近所迷惑になるかな?と心配になるでっかい声でもう何十回、もしかしたら、何百回と聴いた曲達は弾き語り配信という新しい形に変化を遂げている。
コロナで在宅ワークとなり、仕事量は減らないのに会いたい人には会えず、1人家の中で笑うことが減ってしまった私にとって、一瞬にして、プラスの感情で心が満たされる魔法のような歌声だ。
しかし、こんなに素敵なギフトを貰っていながらも、やはり欲張ってしまう。
ライブ、ライブに行きたいのだ。
いまは三密といわれる空間で汗だくになりながら、拳を突き上げ、その歌声に、演奏に酔いしれたい。
どのライブにもとびきり印象に残っている瞬間がある。
それは定番の曲であろうとアルバム曲であろうと関係ない。
その時の自分の心境だったり、情景だったり、色々なことが加味された結果、言葉にできない感動が生まれる。
誰かと共感したいけど、詳細は心に留めておきたくなるような感情が。
BUTTERFLY EFFECTの夜間飛行を、
しまなみロマンスポルノのサボテンを、
東京ドームのVSを、
忘れられないキラキラしたあの瞬間を想いながら、いまはじっと耐えるしかないと言い聞かす。
抜けられない渦にはまって、孤独と先が見えない不安に潰されそうな時もあるけど。
また新しいギフトが届けられるのを心待ちにしておこう。
DISPATCHERS。
ポルノグラフィティに愛と感謝を込めて、
この投稿をもって、初めて発信者となる。

  • 投稿作品の情報を、当該著作者の同意なくして転載する行為は著作権侵害にあたります。著作権侵害は犯罪です。
  • 利用規約を必ずご確認ください。
  • ハートの数字はTwitterやFacebookでのリツイート・いいねなどの反応数を合算して算出しています。
音楽について書きたい、読みたい